引用

3月10日から

もし、きょうが昭和20年の3月11日午前4時過ぎだったとしたら、爆撃の終了から2時間とたっていない時刻です。まだ街は火炎地獄だったでしょう。生き残ったみなさんも、まだ焼かれながら逃げ惑い、冷たい川に浸かって必死に気力を振り絞っていた…もちろん、多くの方が、肉親や親友たちの安否を確認できずにいて、手足や、耳、眼を失うような大けが、大火傷をされた方もたくさんいらしたはずです。僕ごときが想像できるような,生易しい状況ではなかった…

やはり、僕らの「想像」では追いつかないと考えた方が良いのでしょう。

僕らにできることは「知る」こと。学校では軍部の暴走みたいなイメージを教えられてきたような記憶がありますが、どうも、そういうことでもないらしい。安部さんのおじいちゃんあたりが中心人物なのかもしれませんが、官僚側にも、どうみても加害者的な人たちがいる…軍幹部というのは、そういう面では上手く利用されていた節もある…どうやら「軍部の暴走」は的外れのようでもあります。

教えられるのを待つのではなく、自分からすすんで知る姿勢を持ち続けること。
大切なのはそのあたりです。

日本軍は、当時の中華民国首都=重慶を3年に渡って、爆撃し続けた、それも無差別爆撃であった…合衆国との開戦前に日本軍によって行われていた重慶爆撃は、恐らく、世界でも最初の組織的な空爆作戦であり、この作戦が後の、連合軍によるドレスデン爆撃や、逆にドイツ軍によるロンドン空襲、そして、日本各地を襲った合衆国軍の空襲、原爆の投下にも繋がっていく…そういう意味では、第二次世界大戦における各国の航空勢力の肥大化にも影響を与えたし,ベトナム戦争や湾岸戦争、イラク攻撃など、すべての「爆撃」作戦がこの系譜に連なるものであると…この「戦略爆撃の思想 ゲルニカ 重慶 広島」には、そんなことが、丹念な記録の検証とともに綴られています。

宮崎駿さんの「もののけ姫」。あの映画の中で、アシタカは「恨」の気持ちと戦い続けています。タタリ神には、「恨」に身を滅ぼされた、その成れの果てというイメージが重ねてあったようにも思えました。そして、エボシは、世の中に言われない差別された人たちを擁護し、みなの尊敬を集めますが、武器を取って闘う人でもあります。

みな、ある側面からみれば正義の味方です。でも彼らに加害がないとはいえない…
あまりにも重い課題ですですが、僕らは知って、考えなくてはならないのでしょう。
二度と繰り返さないために。二度と巻き込まれないために。

f0006046_19424125戦略爆撃の思想―ゲルニカ・重慶・広島 新訂版(かつては上下巻に別れていたようです)

前田 哲男 著
凱風社   刊

引用

暗い夜、星を数えて

彩瀬まるさんの著作「暗い夜、星を数えて: 3・11被災鉄道からの脱出」は、たまたま東北旅行の最中に震災被害に遭われ、まさに危機一髪の状況を、地元のみなさんにあたたかい手を差し伸べられて「生き延びる」ことができた彩瀬さんの体験記です。
東京に帰ってきてからも、いわき市にお住まいの友人を訪ねられたり、がれき整理のボランティアに参加したり、自らの震災体験を基調に、被災地の日常に関わり、その様子を活写していく…

ああ、現場ではこういうことが起こっていたのか
起こっているのか…

僕がイメージしていた「被災地の様子」が、いかに矮小化されたものであったのか。それを思い知らされる一冊になりました。

ああ、まだこんな人がいるだと「あたたかい」気持ちにもなり、また、こんな人がいるのかと例えようもなく「悲しい」気持ちにもなる…この本には、現場ならではのリアリティで、この国の現状がありのままに描写されています(2012年の2月。震災から1年と経たずに出版された本です)。

彩瀬さんは、あの津波の恐怖を「描写しきれなかった」とおしゃっていますが、仮にそうだったとしても僕には貴重な疑似体験でした。たいへん、ありがたく思っています。

「暗い夜、星を数えて: 3・11被災鉄道からの脱出」
彩瀬まる 著 新潮社 刊

引用

夢違之地蔵

yumechigai-jizoh菊川橋西詰の墨田区立「菊川橋児童遊園(小さな児童公園ですね:墨田区菊川三丁目)」の一角に「夢違之地蔵」というお地蔵さんが安置されています。「夢違」というのは「この惨状がただの悪夢であり、目が覚めれば夢として消え去ってほしい」という市井の願文によるもので、多くの場合「夢違観音」というように観音様に冠されています。でも日本では「子どもの守り神」ともされるお地蔵さんがこの場にはふさわしかったのでしょう。きっとお子さんの犠牲者も少なくなかったんだと思います。

1983(昭和53)年。ご近所の有志の方によって建立されたこのお地蔵さんの祠の傍には詞書があり、

この地蔵尊の在わします菊川橋周辺の惨禍は、東京大空襲を語るとき後世まで残るもので霊地として守らねばならない聖域である。 とあります。

きょう、3月10日には夢違之地蔵講、菊川三丁目会の主催で、関東大震災における犠牲者の方も含めて遭難者への法要が行われます。
近隣にはいくつか同様のお地蔵さんが建立されていて、やはり、それぞれの町内会で法要が行われます。

このあたりでは2月の中旬頃から、あちこちの町内会掲示板に「法要開催」を知らせる張り紙が目立つようになります。出入りの激しいヨコハマの下町と違って、焼け出されても、この街に戻ってきた方も少なくなかったんでしょう。そうしたみなさんが記憶を継承されているんだと思います。

周辺にマンションが目立ち始め、そうした記憶とは縁もゆかりもない若い世代が暮らし始めています。
「これから」の継承が大変でしょう。現役世代の力量が試されているのかもしれません。

引用

退行欲求

幼いままに誰かに甘えていたい/でも人間成長して艱難辛苦を受け止めていかなければならない(成長もしたい)。
そのアンビバレンツな欲求の間に「悩み」が生まれる。
そして、悩んでいる間がモラトリアム。少なくとも立ち止まれる…

と、加藤諦三さんはおっしゃる。…なるほど。

退行欲求(≒「幼いままに誰かに甘えていたい」)で生きている人ほど偽りの愛に弱い、自分に心地よい話をしてくれる人を良い人と思う。子どもを誘拐する犯人は、「私は誘拐犯だよ」と言って子どもに近づかない。子どもが欲しいものを持って現れる。質(たち)の悪い人は、退行欲求で生きている人のほしいものをぶら下げて現れる。その餌に飛びついた時に、その人は釣られたのである。そして生涯奴隷のように働かされるかもしれない。ビジネスの場で妙に親しさを強調する人がいる。「こんなビジネスの時に個人的に親しいなどということを強調する必要はない」と心理的に健康な人は疑問に思う。ところが自己憐憫するような孤独な人は、個人的な親しさを強調するとコロリと騙される。愛に飢えていると、「私はあなたと個人的に親しいからあなたには特別に全力を尽くす」という主旨のことを言われると、相手が親身になってくれると思ってしまう。こうして質の悪い異性に騙されたり。質の悪い不動産屋さんに騙されたりして人生を棒にふる。

加藤諦三著「悩まずにいられない人」から by 久米書店

…ああそうか。
でも、(僕らの世代くらいだと)大半の人生ってこんなでしょうね。

でも、まぁ、幸か不幸か、子どものままで一生終わることができないのは火を見るより明らか。
加藤諦三さんも、まずは「いつまでも子どものままでいられないんだ」と踏ん切りつけることから幸福が始まると思っておられるようでした。

高度成長期には庶民も庶民なりに「あぶく銭」を持ちましたから、けっこうな年齢になるまでモラトリアムが効いちゃって、悩み多きままに人生を棒にふることができました。でも、今の若者は若いうちから「成長して艱難辛苦を受け止めていかなければならない」から、彼らの方が幸せになれるのかもしれません。そして、その方が社会も幸福になるはずです。

こちらは「自己憐憫するような孤独な人」の塊のような世代に属するんで、なんだか申し訳ない気もしますが、彼らの苦労を高みの見物というのではなく、実効性のあるエールはおくりたいと思っています。

引用

明日があるさ

いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪
もう来る頃 もう来る頃 今日も待ちぼうけ
明日がある 明日がある 明日があるさ

ぬれてるあの娘こうもりへ さそってあげよと待っている
声かけよう 声かけよう だまって見てるボク
明日がある 明日がある 明日があるさ

1961(昭和36)年生まれの僕でさえ、うる憶えな、楽曲「明日があるさ」の一節です。作詞は青島幸男さん、作曲は中村八大さん。歌唱されたのは坂本九さん。でも1963(昭和38)年の年の瀬に発売されたときには大ヒット曲となった楽曲です。2000(平成12)年、この楽曲をテーマにしたCM(ダウンタウンの浜田さんを中心に吉本芸人オールスター出演みたいな)が話題になり、ウルフルズが歌ったこの楽曲もリバイバル・ヒットします。当時も暗い世相でしたが、そういう日本を明るくしていこうというコンセプトで製作されたというCMを庶民も喝采で迎えたというわけです。

でも、今はもう「明日があるさ」に賛同でき、共感できる状況ではなくなってしまいました。
「明日があるさ」と歌われても、絵空事か皮肉に聞こえます。

「明日があるさ」というようなファイト感はなく、もっと諦めムードなのが本音です。

「明日があるさ」は、今の自分を脱して、あしたは違う自分になっているという希望でもあります。
1963(昭和38)年頃は、多くの人がそう思えたのでしょう。今は昔の話です。

引用

減速して生きる

gensoku帯に書かれている「年収600万円→350万円。なのに手元に残るお金は変わらず。」僕もなんとなくわかるような気がします。
その年収を維持するためにストレスを溜め、その解消に思った以上に経費をかけていた…故に、年収を減らした分、そのあたりの出費が無くなって、手元に残るお金は変わらない…逆にゆとりも出てきたという…そんな感じなんじゃないでしょうか。

著者=高坂勝さんは、ビジネスパーソンだった人を辞めて、旅に出て、その後、知らない街へ行って、生産者と繋がりながら、たった6坪(正確には6.6坪らしいですが)のBarを始めたという方です。この本には、その道筋が思い出語りのように綴られています。

こういう本を一冊書かれる方だし、こういう思い切った行動に出られた方ですから、もちろん、高坂さん、ただ者ではありません。特に「人と繋がっていく」部分については、生半でないデザイン力を感じますし、度胸も感じます。

たぶん、フツウの人には、その両方がないものです。

でも、それでも、尚、この本を参考図書として推薦したいのは、現状を、高坂さんの経験をなぞりながら眺めてみてはどうかと思うからです。こういう時代になれば、誰にとっても、一度は「自分にとってのダウンシフトっ何なのか」「自分にダウンシフトを実現するとしたら、どんな感じになるのか」…イメージしてみる必要がある。そう思うからです。

新古書店でもよく見かける本です。

減速して生きる ダウンシフターズ
高坂 勝 著 幻冬社 発行(2010年)

引用

800 TWO LAP RUNNERS

本筋は陸上競技(部活)を背景にしたボーイズラブ込みの高校生な恋愛物語です。でも、僕が好きなのは、主人公の一人が生まれ育ったテキ屋の幹部である唐十郎さんと、場末のスナック・ママにしては清楚すぎる斉藤慶子さんが、往年の南沙織さんのヒット曲「ひとかけらの純情」を、息を合わせてスナック・カラオケでデュエットするシーンです。

800いつも雨降りなの
二人して待ち合わす時
顔を見合わせたわ
しみじみと楽しくて
  

筒美京平さん作詞の、この唄い出しを、ホントにしみじみと楽しそうに唄う…見つめあったりしてね。

この映画の野村祐人さんも大好きですが、それ以上に、場末スナックのデュエット・シーンが好きなのです。

たぶん。僕が好きな街の匂いがするんでしょうね。フツウの道を歩いてこれなかった人が束の間でも幸福そうにしている雰囲気があれば、僕も幸せな気分になれるのでしょう。

それから本筋の部分については、この映画の原作小説「800」(川島誠さん作)もお勧めです。陸上競技における800m走には短距離とも長距離ともつかない不思議さがあるんだそうですが、たぶん大人でも子どもでもない思春期の若者のメタファーが800m走だったのでしょう。ぐいぐい引き込まれる作品です。

いずれにせよ。言葉で活写されているが、言語的ではなく薫るような映画であり、小説です。

映画「800 TWO LAP RUNNERS」(1994年)
監督 廣木隆一 出演 松岡俊介/野村祐人/有村つぐみ/河合みわこ/袴田吉彦

小説「800」
川島誠 作(現在は角川文庫 2002年)

引用

「そこ」ではなく、ここにある山

さて、ちょっとした たとえ話し…

昔、バイカル湖には、たくさんの魚がいた。漁師もたくさんいたが、穫りきれない魚がいた…ところが、ある日、そこへ銀行がやってきた。そして「もっと大きな船と機械を買えば、もっとたくさん魚がとれますよ」と、漁師たちに触れて回った…最初は、漁師たちも断っていたのだけれど、銀行は「私たちがお金は貸します。たくさん魚が穫れれば収入を増えるのだから、お金は返せますよ。もちろん、分割でいいですよ」と。

そして、漁師たちは、銀行からお金を借りて大きな船を買った。もちろん漁獲量を倍増させ、収入も倍増して、みんなは贅沢をすることができた…街は一変した…

ところが、ある日、魚が一匹も穫れなくなった…「魚は穫りきれないたくさんいる」と誰も心配しなかったが、結局、魚を穫り尽くしてしまったのだ。そして、漁師たちには、返しきれない借金だけが残った。銀行は、借金のカタに船を取り上げ、家を取り上げて去っていった。

まぁ、これは漫画みたいな話しです。
でも、大きなお金が動くことと、環境がどういうふうに関係しているのかということが、よく言い表されている話しではあると思います。だから、僕は企業の「環境への取り組み」を監視するだけでなく、その資本の大きさというものにも留意してく必要があると思います。

51OvGbCv93LかつてNHKーBSで放送されたドキュメンタリー番組「エンデの遺言–根源からお金を問う」(1999年)。その番組を1冊の本にまとめた河邑厚徳さんの著作「エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと 」(NHK出版/文庫版 講談社+α文庫) 。著作について、紀伊国屋さんのwebショップの解説には「ファンタジー作家ミヒャエル・エンデに導かれて『暴走するお金』の正体を探りに旅立つ。『老化するお金』『時とともに減価するお金』など、現代のお金の常識を破る思想の数々を紹介する。欧米に広がる地域通貨の実践―米国のイサカアワー、ヨーロッパの交換リング、スイスのヴィア銀行などをレポートする。」とあります。

なぜお金持ちは寝ているだけでお金が増えるのか?
なぜたくさん働いてもお金は消えていくのか?
なぜ借金がこんなにかさむのか?

エンデのファンタジー世界からお金の本質が見える…

この本を読んでいても思うのですが、たとえ話にあるバイカル湖くんだりまで銀行が出かけなければならないのは、毎年、企業規模を拡大しなければ、株主に怒られちゃうからなんでしょう。そして、株主たちは、そのことによって自然環境が破壊されてもおかまいなしです。でも、お金こそがフィクションですから、いくらでも書き換えが効くわけです。だからグラミン銀行みたいな銀行もあるんだし、環境に貢献する企業にこそ投資をしようという株式市場もあります。もちろん「時とともに減価するお金」だって現実のものにしようと思えば現実にできるわけです。

それを阻んでいるものがあるとすれば「人間の欲」それだけでしょう。

産業活動、つまり企業の活動が環境に大きな影響を与えてきた(もちろん、消費者としては、そうしたことに僕らも加担して来たのですが)。そういうことは(僕らも)百も承知です。でも、お金持ちになりたいし、そういうことで羨望の眼差しを浴びてみたい…

越えていかなければならない山は自分の中にあるのかもしれません。

 

エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと
河邑 厚徳/グループ現代 著  講談社+α文庫