パンドラの匣を開けてしまったから

社会システムの利便性を向上させる…つまり僕らの都合に合わせて、さらに「苦労」を滅していくということですが、そういうことを私企業の努力に委ねると(行政が誘導するにしろ)たいていは「行き過ぎ」ということになるのが現状です。
何しろ、欲得づくの収益事業として、それを行うわけですから、大体は暴走…より収益が上がるなら株主はじめ資本家も納得でしょうし、逆に「公に準じて利益を譲歩」なんて彼らがそんな提案に納得するとは思えません。

繰り返しますが、つまり「行き過ぎ」になる可能性が高いわけです。

ご承知のように、政府にしろ、地方自治体にしろ、もう自主財源に乏しく借金だらけ。1990年代から「民間活力の活用=ミンカツ」の奨励という名目で、あらゆる分野の公共事業に「民間の収益事業」を呼び込んできました。

そして、現在は「人出不足を解消するため」の(仕事の)AI化、ロボット化が進んでいます。

無人のレジもすでに社会実験は終わっている段階です。ホテルのルームサービス・ロボも同様です。ホントに「不足を補うだけ」ならいいのですが、たぶん暴走します、行き過ぎてしまいます。

イベントの現場でも、借りてくるレンタル物品の値段より、予算を編成する人を悩ますのは「運んでくる人/設置したり撤去したりする人」の人件費です。飲食店でも、コンビニでも抱えている悩みは同様です。

与えられれば、現場は、喜んで「AI化、ロボット化」を受け入れるでしょう。

オックスフォード大学でAIの研究を行うマイケル・オズボーン准教授は、今後の10〜20年で、アメリカ合衆国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いと予測しました。その中には「銀行の融資担当者」も含まれますが、実際に、我が国の銀行大手も相次いで「店舗を減らす」「人員削減する」を発表しています。
1秒間に500万局面を読む将棋AIに僕らが太刀打ちできるわけはありません。そして彼らは寝ないし、風邪もひかない。休みも要求しないし、電気しか食わないのです。

パンドラの匣を開けてしまったのかなぁと思います。

オズボーン准教授ではないけれど、マニュアル・レーバーやそれに近い仕事を「憶えて、慣れる」という働き方の命は、あと10〜20年と思った方がいいのでしょう。
一方、医療の分野は、大手を振って税金を投入することができるのだから、いたずらに寿命は伸びて「人生=100年」時代です。例えば僕は、今、50歳代の半ばですから、あと10〜20年といっても60歳代〜70歳代です。脳出血のキャリアですが、あと数年で脳出血では死ねなくなると言われています。

障害の残るジジイになって、それから露頭に迷うのは、どう考えても大変です。貯金や資産はインフレで、貯めておいても目減りです。僕ごときがどうあがいても足りないでしょう。

さて…

とにかく考えるしかありません。これからに役立ちそうな資格を探してきて試験勉強をするのではなく、考えるのです。

それしかない。

型通りに店舗を構えてもダメでしょう。お客さんになってくれそうな人をして収入がないかもしれませんからね。

…八方塞がり。

でも、ダーウインの進化論がいう「適応」とはここからなんでしょう。鳥になれた恐竜だけが生き残れた所以です。

そんなに時間はありません

お金に働いてもらって、それだけで食っていけるほどの資産を持っているわけでもない僕らは、つまり「働く」しか能が無いわけです。喰っていくための最後の砦ともいえる。でも、その割には、その「働く」を甘くみていたし、手も抜いてきた…特に高度成長期な戦後日本しか知らない世代は「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とばかりに「楽して儲ける」を礼賛してきました。長い修行期間を経て、毎日が真剣勝負というような職種を選ぶ者が変わり者…「こつこつやる奴はごくろうさん。楽してもうけるスタイル」というわけです。

(20歳前後の世代には、見習うべき真面目な若者も少数ながら顕在化しているように思いますが)

一方、僕らは消費者としても「楽してもうけるスタイル」。要求は厳して365日、24時間で、安く、できるだけいいモノを、と要求し続ける。そして、その風潮の向こう側にあったのが「AI化」でした。

コンピュータに制御されたロボットなら、365日、24時間、風邪も引かずに働き続けます。汎用できれば設備投資も、それなりに廉価。いくつもの職種が職種ごと抹殺されてしまうのでしょう。全就業者が資産家の執事やメイドなどのサービス業種に就けるわけでもなく

資産もないのに、僕らは近く「働く」を失ってしまうのかもしれません。

ベーシックインカムの必要性って、国民の大半に生活保護が必要だっていうことなのかも。

初号機「みちびき」に加え来年には4機で準天頂衛星が運用されるとGPSの精度は誤差6cm。第5世代移動通信システムが普及すれば、間断ない大容量の通信が可能になり、これで自動車運転の無人化や農業機械や建築・土木な重機の無人化が可能になります。

そんなに時間はありません。

でも、あいかわらず制度設計は人間と人間が話しあいながらやっているわけですから、従前の時間はかかる…

公的なケアは間に合わないでしょう。やっぱり「備え」はセルフ・サービスなようです。

日本銀行券

どうやって日本銀行券(いわゆるお金=この国においての)と距離をとって暮らしていけるようにするか…
それが最大の課題です。
幸いにして、すでに「時間の切り売り」を糧にしているという状態は僕にはありませんが、それにしてもお金なしには暮らせません。10年前に比較すればびっくりするくらい消費支出も減らしましたし、マイホームやクルマは意識して、これを所有しないようにしてきました。病を得て、お酒やタバコとも無縁になりました。

でも、お金を使わないわけじゃない。
でも、貯金は危ない。
ここが思案のしどころです。

前の敗戦のとき、当時、多くの国民が買っていた戦時国債(今でいえば貯金みたいなもんですね)もパーになって、さらに、この日本銀行券の信用が短期期間にガタ落ち。闇市で食べ物を売ろうにも、仕入れ値が毎日上昇して人々は死ぬ思い…

僕は、その再来を懸念しています。

机上の計算は成り立ちますが、実践となると話は別。何事もペヤングのソース焼きそばをつくるようにお手軽に済むわけではないのが現実です。

オリンピックまでは保つとして、あと2〜3年。だれが政権を取っても、不時着の程度が軽くなるだけで無難な着陸は不可能でしょう。

何しろ家計資産の80%は60歳以上に集中し、前人未到の禁じ手=ゼロ金利が現状です。
あの当時、戦場に男たちを失った農地が耕作者を失ってとんでもない苦労をした状況と限界集落な現状はとてもよく似ていますし、空襲で焦土と化した都市部の状況と、無理な再開発と空き家とコイン駐車場、住人を失ってこれから苦境に立たされる大規模なマンションな都市部の状況もよく似ています。何しろ、銀行はタダでお金を借りてこれるのだから、デベロッパーやハウジング・メーカーは実際の消費水準をはるかに上回る物件を造り続けます。もちろん、実際には需要がないわけですから、そう長くは持ちません。サブプライム・ローンが短期間に弾け飛んだのと同じ原理です。

たぶん王道も指南書もありません。誰もこんな局面に直面したことがないからです。

さて…

とにかく考えては実験です。

棄 民

好んでマニュアル・レーバーを選択する人もいます。そして、ネット・ショッピングや「まとめサイト」的なものを閲覧するともなしに時間を潰し、どこか空虚な気分を抱えながらアマゾンのプライムビデオを観て、ときどきは誰かと居酒屋チェーンでフェイクなお酒を飲む…

つまり、マニュアル・レーバーか、与えられたエンターテイメントの中に生きている。もちろん量産な既製品ですから、満足感も「ほどほど」です。でも、誰かからカードが与えられなければ「無」。自ら仕事を創り出すこともできないし、余暇時間を創造することもできない。「自分でつくりだす」ではなく「既製品の選択」が全てなのです。

でも、今、この国に生きている人々のマジョリティは、こんなふうに生きているのだと思います。

好意的な見方をすれば「何事にもこだわらない」ともいえるし、質的な評価に踏み込めないともいる。別の見方をすれば、その辺に転がっているもので済ませる「面倒臭がり」ともいえるでしょう。でも、大量生産・大量消費の時代にはもってこいの就業者であり消費者の像だといえる…つまり、個々人の性質というより、行政による教育の賜物なのだと思います。

「ホンネとタテマエ」の「タテマエ」。この部分については、自分の意思に反してもパブリックに従っておく。小さな庶民としては、ある意味、戦略的な処世術だとは思います。でも、従っているうちに、パブリックを主導する行政機関などに「ホンネ」の部分までもが洗脳され、知らず識らずのうちに書き換えられてしまう。

庶民は「ご提案」という名の洗脳には無防備でした。

そして、戦後も親子三代です。じいちゃんからして「少国民」な洗脳の中に育ち、みんなと同じように洗濯機や冷蔵庫、テレビを所有することに幸福を見出す自分に疑いを持つこともできず、ただただ実直に働いて来た人です。もちろん、余暇を過ごすのは大量に複製された歌謡曲やヘルスセンターのようなマス的娯楽施設です。その子どもや孫は、さらに、そうしたことに疑いを持たずに成長し、今もスマホのゲームで時間を潰し、マニュアル・レーバーに働いているわけです。
これからも工業生産時代が続くなら、それでもいいのかもしれませんが、それは加速度的に過去のものになっていっている。「より安く」を消費者が望む限り、工業生産は海外に流出し、人件費が上がれば国内の労働市場も国際的な競争に巻き込まれていきます。

でも、今から知価(情報)生産に移行しようとしても、下手をすれば、じいちゃんからして、指示通りに「複写する」の経験しかなく、ゼロから何かを想像した経験値に乏しく、消費に明け暮れて来れば文化資本の蓄積にも乏しい…そんな感じなのかもしれません。

かつての行政なら、こうした人々を移民にして追い出したり、兵士にしようとするのでしょう。酷い話ですが、絵空事ではないことは歴史が証明しています。

…これからどうなるのかな。

すでに就業者としては外国人やAIにとって脅威ではなく、行政は税率を上げながらサービスを低下させ、高齢化が介護負担を強い、そして就業は不安定。消費者としても充てにされなくなっていくでしょう。もちろん彼らをターゲットにしたビジネス物語も描きにくくなるのだと思います。

(ユニクロもビジネスというよりは公的なインフラになってしまうのでしょう)

バブルの傷跡も癒せず、さらにリーマンショックに畳み掛けられ、それでも「これから高度成長期」というような時代のように土建な経済振興は続いています。

満州開拓団のみなさんを襲った悲劇、樺太に取り残された人たちの悲劇。戦後のドミニカ移民のみなさんのご苦労を思います。

お役人にとって、僕らは「処理すべきデータ」に過ぎないのでしょう。前川喜平(前文科省事務次官)さんのような方はごく稀な存在です。だから、信じて待っているのは危険です。第二次大戦中に行われた「虐殺」ともいうべき行為も、しばしば行政内の権力闘争などが起因で、それで庶民はゴミのように焼き殺されたりし、今もいたるところに収集されない遺骨になって、その地に打ち捨てられている…僕らはそんな存在です。

自立しましょう。「いつかなんとかしてくれる」と信じて待ってちゃダメです。「税金、払ってるんだから」も通用しません。追求しても官房長官のようにかわされるだけです。

棄民:戦争や災害などで困窮している人々を、国家が見捨てること。また、その人々。

憶えておきましょう。

「バブル」は、はじけ続けている

「バブル景気」を「1986(昭和61)年12月から1991(平成3)年2月まで(51ヶ月間)に、日本で起こった資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現象と説明しているようです。

ホントに乱痴気騒ぎでした。六本木交差点で1万円札をヒラヒラさせながら深夜にタクシーをつかまえようとし、「これから札幌ラーメン食べにゆこう」と羽田に向かうなんてこともありました。街のフツウのお蕎麦屋さんが次々にビルを建設して巨万の富を、なんていうこともありました。恐ろしい時代でした。1983(昭和58)年からスペシャル版の放送が始まったドラマ「北の国から」(フジテレビ系)は、そんな時代にずっと警鐘を鳴らし続けていたのだと思います(このドラマの特筆的な人気は観る方にも後ろめたさがあった証拠なのでしょう)。でも、乱痴気騒ぎは地方に飛び火しながら、なかなか終わりませんでした。それが一瞬にして弾け飛んだから「泡=バブル」というわけです。

しかしながら、その「バブル」といわれた時代も「終わった」とされる1991年から四半世紀も前のこと。特に若い方には、すでに遠い昔の歴史的な事実になってしまっているのかもしれません。あの時代を知る大人たちでさえ、多くの場合は「終わったこと」として認識されているのだと思います。

でも、終わっちゃいない。「バブル」は、はじけ続けているのです。

イマドキの街中では、ごくごくありふれた眺めです。でも、これがバブル景気の塞がっていない傷口です。こんな小型の物件ですから大手のデベロッパーさんが主導する物件ではなかったでしょう。街の中小企業が確たる事業計画もなく、とにかくビルを建てればお金になると建物を壊して更地にした…たぶん銀行からお金が借りれたからそうしたのでしょう。でもビルを建てる前にバブルがはじけてしまった…その後、バブルの時代に高額になってしまった固定資産税などを支払う足しになればと、コイン駐車場になって今日に至るというわけです(それだって、旨味のあるビジネスにしているのはコイン駐車場を運営している業者さんなんでしょうが)。

この傷が、何らか癒されて「バブル景気」は過去のものになります。

でも、逆に、この傷が癒える前に「リーマンショック」も重なって、症状は重篤化しました。特に傷が癒せないのは街場の中小企業な物件。その一方で、ゼロ金利政策で大きなお金を動かせる人には有利な今日。二極化はさらに鮮明になっていています。
東京や大阪などの大都市だけでなく、地方の中核都市もそうだし、地方に仕事がなくなって鶴瓶さんが尋ねるような町や村のたいていが閑古鳥。それがこの国のリアルです。

coin-parking2大規模な建物の建設が続く光景は、公金を使って大企業だけを回復させていっている様子を表します。その一方で駐車場や空き地、シャッター通りが増殖していく様が市井の現状を表しています。つまり「バブルがはじけた」はまだ坂を転がり落ちていっているところ。そして、大企業による建物だって、ちゃんとした需要想定があるわけではなく…つまり、そこに閑古鳥が鳴いたら、一巻の終わり(大不況)ということになるのでしょう。

満足に傷の手当てもしないでお酒飲んでいるような状態なわけですから、当然の帰結です。仕方ありません。

ダッチロール

高度成長期から、あのバブルの時代へと、この国という船が浮かぶ海はべた凪だったんでしょう。貯金しておくだけで資産が倍に増えた時代。そして戦後を代表する団塊の世代は、その間ですでに不惑です。その記憶の中で成長して中高年になっていきました。90年代に入っても少しは波が荒くなってきてきても航行に支障はなく、まだまだ「オツリ」で喰えた時代。危機感は薄かったと思います。

あちこちにコイン駐車場を見かけるのは、未だに80年代末のバブル経済が弾けた後の後遺症を癒せていないからですが、一般にはそういった認識もなく、よって危機感も、そんなに深刻なものではないでしょう。リーマンショックの傷もまだ癒せてはいないのですが、一般的には過去のことかな。でも、リーマンショック以降、上場企業でさえブラック企業かし、それは今になって「過労死」の問題を際立たせています。

この国は、未だに解決できないバブルの崩壊やリーマンショックによってサスティナブルに痛めつけられているわけです。でも、市井は、その因果関係には無頓着で、まるで高度成長期のような景気刺激策を、すでに借金だらけの政府や地方自治体に望んでいる…

だから、この少子高齢化、専業主婦など成立させられない時代に、行政サービスは低下します。行政は借金だらけなわけですからね。

でも、未だに高度成長期の成功体験が冷静な判断力を失わせ、しかも、昭和恐慌を戦争で乗り越えようとして、空襲と原爆で日本中の都市が破壊され、戦時国債は紙切れ、死ぬようなハイパーインフレを成人として経験した世代のほとんどがこの世にいない。そして、1964年のように、次回の東京オリンピックに巨額な施設費を突っ込むことにはさしたる疑問も持たず、1970年のような万国博覧会の開催まで望むようになる…

しつこいようですが、もう、この国はダッチロールの状態です。

会社はさらに冷酷に、行政の助けはほとんどあてにならない。でも税金は上がっていく。

僕らはこれからそういう時代を生きていくことになるのでしょう。

大吉は凶に還る

「これまで」の時代の成功のかたち…例えば、財閥系な企業に勤めて、それなりにエスタブリッシュな地位を得て、タワーな社屋に通い、ご家族で都心のタワーマンションに暮らす。お子さんもお受験な名門の学校に通っているのかな…次の「時代の断崖」では、こういう方たちの落ち幅が最も大きくなるのかもしれません。明治になってから「オレは旗本だったんだぞ」っていってるような感じに。

意地悪でもなんでもなく、時代の流れが管理職な役職を過去のものにし、タワーマンションがステイタスの象徴だった時代を過去のものにする…

組織の一員になれなければ稼ぎにならない人よりも、小さなcafeでも自分のお客さんを持ってる人。24時間、会社の仕事に追われている人よりも、自分の自由になる時間をたくさん持っている人の方が「羨望の眼差し」で見られるようになるのでしょう。同じ都会暮らしでも、タワーマンションより、低層な街並みが続く、商店街の一角や旧来の住宅街…そんなところに暮らしている方がおしゃれになるのかな。

世界の上位5%以内のお金持ちに入れるならいざ知らず、多少のお金持ちは貧乏との誤差みたいなもの。食べていけているのなら、自由になる時間をたくさん持っている「時間持ち」が「お金持ち」に勝る評価を得るようになるのだと思います。

「大卒/バリバリ働く企業戦士な正社員」な時代の終わりですね。あのとき「軍人」の時代が終わったのと同様に…です。

庶民には公的支援も薄く、子育てや介護の金銭的な負担も増え、給料は上がらないし残業は増加…次の時代への準備もできない。でも、ゼロ金利で銀行にはお金があるから、彼らはもっと住宅を建てろといい、レジャーや娯楽といった消費に誘う。それでも足りないから、体力のない会社にお金を貸し付けて無理に大型施設、社屋の新築を促す。挙句に政府まもが税金で株を買って人工的な好景気を創り出そうとする…
もうしばらくすると、これが、あの時の「敗戦」にも似た「時代の断崖」を生み出すわけです。あの時、空襲で焦土になったと同じように再開発の失敗と住宅ローン破産の多発で、都市部は焦土化からのやり直し。もちろん、あの時と同様に、次の時代はハイパー・インフレからのスタートです。

そこに「戦前/戦後」みたいな大きな「時代の断崖」が現れるのでしょう。

すでに長期金利は上がり始めています。日本国債の評価も下がりはじめています。日銀もステルスで国債購入からは距離を置き始めているといわれています(すでに三菱UFJは国債購入を止めると宣言しています)。近く消費税も上がります。年金支給開始は後ろに倒れるのでしょう。もうすぐ高齢者は2千万人です。

(みんなが120歳まで生きるというのでなければ、現在の子どもたちや若者たちには、あの頃の「高度成長期」のような明るい時代が巡ってくるのかもしれませんが)

あと数年かな。長く保ってオリンピックまででしょう。

うちのオヤジは25歳までに「死ぬ」という人生設計で、どこで死んだら華々しいかを考えるのが夢だったので、生きて迎えてしまった戦後は、どこかでずっと空虚だったそうです。

「時代の断崖」とは、個人にそういう苦労を強いるのでしょう。

…大吉は凶に還る

高度成長期〜バブルは「吉」に過ぎましたし、その後の時代も、その時代のおつりでやって来ちゃいましたからね。経験者は「凶に還る」というわけです。
できるだけ、今のうちから「次の時代」をイメージし、アジャストしておくことだし、江戸時代にしか通用しないことに遮二無二ならないことだと思います。

リアル

ブックオフで修行して、やがては古本屋さんとして独立しようなんていう目標を立てる…

でも、ブックオフの店頭さんはブックオフという独特なビジネス・モデルの組織ワークの一員です。全体を俯瞰する経営者ではないし、ブックオフというビジネス・モデルの他の古本業界についての知識もありません。そして従業員さんに「本に詳しくなる」ことを期待していないブックオフのマニュアルは、従業員さんをいっぱしの古本屋さんに育てる体制を持たないでしょう。

そもそも、ブックオフだけでなく、多くの部品をまとめ上げるように組み上げられた組織ワークは、従業員さんに「システムには慣れること」は期待しても「自営になる」ことを前提にし従業員さんを育てようなんてことは念頭に置かれていないことだと思います。

インスタント・コーヒーの入れ方にどれだけ熟達しても、ハンド・ドリップの珈琲を淹れる名人にはなれないのと同様です。

近頃はエスプレッソ・マシンで独立開業というパターンも一般的になってきて「インスタント・コーヒーの入れ方にどれだけ熟達しても」でもいけちゃうみたいですが、そういうお店は長続きしないようです。珈琲は機械で淹れても一定の味を引き出すことが難しいからバリスタなどという専門職が生まれてきた…やっぱり一杯の珈琲を淹れるんだって技能なわけです。

確かに、若いうちっていうのは何かのプロフェッショナルになるための重要な助走期間であることは間違いありません。

でも、生まれたときから半製品やインスタントなモノに囲まれて育って、学校のテストだって虫食い問題やマークシート。何事もゼロからとなると生半ではないテクニックが必要になることも、何かを「できる」「つくれる」ようになるには、かなりの時間が必要となることも判らなくなってしまっているでしょう。

たいへんだな…「たいへんだ」ということが解らないということが、たいへんだと思います。解らないから修行への耐性というか。堪え性もない。そこへAIとマニュアル・レーバー労働市場の国際化が襲いくる…

どうしたらいいんだろう。

これまでは脱サラのお父さんが蕎麦屋を始めて失敗しても、なんとか食っていける程度の経済状況にはあったわが国ですが、近く、そうもいかなるのがわが国です。そして政府やたいていの自治体は借金だらけ。増税はあっても公的なケアは必要をはるかに下回るものになるでしょう。

こういうときでも希望に満ちたアジテーションを打つのが20世紀流なんでしょうが

僕は、平田オリザさんが「下り坂をそろそろと降りる」(講談社現代新書)に曰くの

おそらく、いまの日本と日本人にとって、もっとも大事なことは、「卑屈なほどのリアリズム」をもって現実を認識し、ここから長く続く後退戦を「勝てないまでも負けない」ようにもっていくことだろう。

に賛同してますので、ここははっきりと、しかも疑問形で…

僕らはリアルに生きている…現実はどこまでも追っくる。それだけが事実…というわけです。