パンドラの匣を開けてしまったから

社会システムの利便性を向上させる…つまり僕らの都合に合わせて、さらに「苦労」を滅していくということですが、そういうことを私企業の努力に委ねると(行政が誘導するにしろ)たいていは「行き過ぎ」ということになるのが現状です。
何しろ、欲得づくの収益事業として、それを行うわけですから、大体は暴走…より収益が上がるなら株主はじめ資本家も納得でしょうし、逆に「公に準じて利益を譲歩」なんて彼らがそんな提案に納得するとは思えません。

繰り返しますが、つまり「行き過ぎ」になる可能性が高いわけです。

ご承知のように、政府にしろ、地方自治体にしろ、もう自主財源に乏しく借金だらけ。1990年代から「民間活力の活用=ミンカツ」の奨励という名目で、あらゆる分野の公共事業に「民間の収益事業」を呼び込んできました。

そして、現在は「人出不足を解消するため」の(仕事の)AI化、ロボット化が進んでいます。

無人のレジもすでに社会実験は終わっている段階です。ホテルのルームサービス・ロボも同様です。ホントに「不足を補うだけ」ならいいのですが、たぶん暴走します、行き過ぎてしまいます。

イベントの現場でも、借りてくるレンタル物品の値段より、予算を編成する人を悩ますのは「運んでくる人/設置したり撤去したりする人」の人件費です。飲食店でも、コンビニでも抱えている悩みは同様です。

与えられれば、現場は、喜んで「AI化、ロボット化」を受け入れるでしょう。

オックスフォード大学でAIの研究を行うマイケル・オズボーン准教授は、今後の10〜20年で、アメリカ合衆国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いと予測しました。その中には「銀行の融資担当者」も含まれますが、実際に、我が国の銀行大手も相次いで「店舗を減らす」「人員削減する」を発表しています。
1秒間に500万局面を読む将棋AIに僕らが太刀打ちできるわけはありません。そして彼らは寝ないし、風邪もひかない。休みも要求しないし、電気しか食わないのです。

パンドラの匣を開けてしまったのかなぁと思います。

オズボーン准教授ではないけれど、マニュアル・レーバーやそれに近い仕事を「憶えて、慣れる」という働き方の命は、あと10〜20年と思った方がいいのでしょう。
一方、医療の分野は、大手を振って税金を投入することができるのだから、いたずらに寿命は伸びて「人生=100年」時代です。例えば僕は、今、50歳代の半ばですから、あと10〜20年といっても60歳代〜70歳代です。脳出血のキャリアですが、あと数年で脳出血では死ねなくなると言われています。

障害の残るジジイになって、それから露頭に迷うのは、どう考えても大変です。貯金や資産はインフレで、貯めておいても目減りです。僕ごときがどうあがいても足りないでしょう。

さて…

とにかく考えるしかありません。これからに役立ちそうな資格を探してきて試験勉強をするのではなく、考えるのです。

それしかない。

型通りに店舗を構えてもダメでしょう。お客さんになってくれそうな人をして収入がないかもしれませんからね。

…八方塞がり。

でも、ダーウインの進化論がいう「適応」とはここからなんでしょう。鳥になれた恐竜だけが生き残れた所以です。

三百六十五歩のマーチ

「三百六十五歩のマーチ」って、ああ、正式には「三百六十五歩の」って書くのかって、それすら初めて知ったとういうほど、僕にとっても遠い過去=子どもの頃のヒット曲。この楽曲は1968年(昭和43年)のミリオン・セラー、唄ったのは水前寺清子さん。当時としては、「大人から子ども」まで(水前寺清子さんのファンであろうとなかろうと)口ずさんだというミリオン以上の大ヒット作でした。

(若い方にはご存知の方も少なく、知っていたとしても、すでに戦後史の中のデータの一部のようなものでしょう)

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね。
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ
あなたのつけた 足あとにゃ
きれいな花が 咲くでしょう

腕を振って 足をあげて
ワン・ツー・ワン・ツー
休まないで 歩け
ソレ ワン・ツー、ワン・ツー
ワン・ツー、ワン・ツー

何が言いたいのか、よくわかりませんが、雰囲気としては分業制の工場労働、その労働歌のようです。「辛いだろうが、余計なことは考えずに、休まないで働け」といわれているよう楽曲でもあります。

でも、1968年(昭和43年)の日本人は、この楽曲を好感を持って受け止めた…

考えさせられます。

僕も、低学年の小学生でしたが、あの時代の日本に居ましたから、よけいにそう思います。

ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー
ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー
ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー

この部分だけが異様に記憶に残っています。

(運動会で使ってたかな…)

なんだかわからない呪文に踊らせていた当時の日本人。日本社会。
当時の首相は佐藤栄作氏
安倍さんのおじいちゃんの実弟でした。

無人化はすぐそこに

駅ソバ。入口の券売機でお金を入れ、好みのメニューのボタンを押す…食券が出てきて、それをカウンターに差し出すと、3桁番号でお呼びしますから、お席でお待ちくださいと半券を渡される。覗き込める調理場では、半製品の蕎麦を茹でて水で冷やす人、揚げ物の担当者が、それぞれにまるでプラモデルを組み立てるように調理をし、最後に体裁を整えつつ、蕎麦猪口をつけてトレーに並べる人がいる。用意が整ったら、3桁の番号で呼ばれる。

処理である。

茹でている人とあげている人とアンカーはいるが、僕のために調理してくれている人は不在です。

僕の次は、僕の次の3桁の番号の人が呼ばれる。たぶん、その頃にはアンカーの人も僕が何を注文したのかを忘れている。処理が終わった案件だから…

恐ろしいのは、こしたことが何の違和感もなく、僕らの日常になっていることです。

僕らはささやかな安価と少しばかりのコンビニエンスを手に入れただけで、またひとつ就業の場を失うことになりそうです。

蕎麦を手繰りながら、きのうの夕方は、そんなことを考えました。

引用

不器用なカレー食堂

最近、僕は僕自身を鑑みて、人の人生って、こちらが「何になりたい」と希望するより運否天賦に任せるべきものなのかなと思い始めています。そして、この本を読ませていただいて、ああやっぱりそうなのかなと何やら確信めいた気分になっています。

この本には、鈴木克明さん、有紀さん(この本の共著者)お二人の人生がシンクロする前から描き始められています。それも別々にご本人の回顧録といて書かれている。お二方とも、もともとの人生はインドともカレーともほぼ無縁です。でも、その人生がシンクロし、隣り合ったエノキと桜がくっついて一本の樹になってしまうように一つの像を結んでいく。しかもタイトルにあるように不器用なカレー屋さんです。コンサルタントな専門家が聞いたら、泡吹いて怒っちゃいそうな計画の甘さ、段取りの悪さで、それでもカレー屋さんは「今、話題の」と言われるまでの繁盛店になっていく…

もちろん、ただの「運がいい」ではありません。ずいぶん、ご苦労をされています。立ちっぱなしで18時間労働ということもある。金銭的なことでもずいぶんと苦労をされています。たぶん、真似できることではありません。常人が、彼らを複写するようにカレー店の開業を目指したら、100%失敗するでしょう。

しかも、功利的ではない(逆に、だから苦労を買って出れるんでしょうが)。自分たちの夢を追われてはいるのは事実ですが、その夢はお客さんとのコラボレーションの中にあります。故に、自分たちの「納得」は「料理を提供されるお客さんの存在(満足)」を前提にされているのです。

何よりも、自分がインドで感じた感動をお客さんに真摯に伝えていこうとしている…

たぶん、これからは「いい会社に就職する」より、個人としてお客さんに認められて自立している方が安全だし、そうした生き方を可能にする人が垂涎の的にもなっていくでしょう。

そして、その道を歩み始めようとするとき、この書籍は灯台になるような本です。

苦労はあっても「誰かに伝えたい」という強い思いを感じることができるものと出会うこと。

(故に、冒頭申し上げたように「こちらが何になりたいと希望するより、運否天賦に任せるべきものなのかな」と思い始めているというわけです)

そういう出会いが誰にもあるとは思えないと言われそうですが、見過ごしているだけで、多くの人の中に「出会い」は潜在していることなんだと思います。たぶん出会うほど、僕らは越境せず、小さな殻の中に留まっているのでしょう。犬も歩けば棒に当たる…歩いてみないだけなのかもしれません。

bukiyo_book300就職しないで生きるには21
「不器用なカレー食堂」 

鈴木克明 鈴木有紀 著 
晶文社 刊

プログラミング教育とはいうけれど

では、いまの日本はどうか。戦後の日本経済を支えてきた工業製品の製造拠点は東南アジアに移り、さらに今後はアフリカに移っていくであろう。そうしたなかで工業生産に代わる次世代の柱を生みだすだけの文化的充実がいまの日本にあるかといえば、答えは「ノー」である。ポテンシャルとしての伝統文化の強みはあるものの、すべてに述べたように弱体化は否定できず、活力を取りもどすには現代文化のパワーを必要とする。つまりは新旧の文化が融合しないと本当の活力は生まれない。

青柳正規 著 「文化立国論 日本のソフトパワーの底力」より

まず注目していただきたいのは「工業製品の製造拠点は東南アジアに移り、さらに今後はアフリカに移っていくであろう。」の部分です。「量産」の現場は、先進国となった国から海外へ流出する。消費者は「より良いものをより安く」と望み、先進国より発展途上国の方が人件費の相場が低いんだから、これ、必定です。同時に堂々以上は国際化。AIとロボットによる「無人化」も人々の職場を奪っていく…単純に「記憶力」と「手際の良さ」というなら、彼らにかないませんからね。

そして、国内には、知価(情報)生産と細密な手業しか残らない。

でも、大半の国民は、そう簡単に次へと移行して行けるわけではなく、工業生産時代の常識に取り残される。これがトランプさんを生み、ルペンさんを隆盛へと押し上げている大きな理由でしょう。つまりは「ラスト・ベルト」な感じです。
彼らは、公的な支えによって今日の生活を維持してきました。公立の学校しかり、政府の指導を受ける工場しかり。そのために窮屈な規範を遵守してもきました。ただし、その「公的な支え」は工業生産であり「大量生産・大量消費」を礎に組み立てられていたもの。だから「憶えて、慣れる」なものでしたし、規範は「従うもの」。創造性とは無縁のものでした。

これからは、公立の学校でもプログラミングの教育を ということですが、これまた「憶えて、慣れる」なものだったら、全く意味を持たないのはいうまでもありません。でも「公立学校」という制度も現場の先生方の指導法も、たぶん工業生産時代の教育しか知らないでしょう。例外はあったとしても、たいていはそうだと思います。

ここをどう超えていくんでしょうね。

お役所には無理かな。少なくとも後手に回ると考えた方がいいでしょうね。

仮に小さいお子さんの親御さんがいらしたら、セルフ・サービスをお薦めします。もちろん工業生産時代のノウハウじゃないんだから「ここへ行けばいい」というような塾があるわけではありませんが、これだけは言えるかなと思うのは、これからのためには「プログラミング」そのものに接する機会を増やすより、受け手側の感覚だけでなく、造り手や送り手の意識を持ってアートやデザインに触れさせる機会を増やすことだと思います。何しろ、新しい情報(知価)を創り出すことが仕事になる時代が目の前なのです。

そうしたいけれど「経済的、時間的なゆとりが」とおっしゃる方については、あえて「プログラミング教育」など無視して、板前さんや宮大工、家具職人さんなど、お子さんをできるだけ早期に手業の道へと導いてあげてください。手業は先人たちの一千年以上の蓄積によって世界に冠たる競争力を持ちます。手業は唯一無二のものづくりを可能にする、つまり知価を産み出すもの。そして身につけてしまえば無資本でも身を起こすことができる、まさに「手に職」。喰っていくことに関して頼もしい味方になってくれるでしょう。

間も無く、時代の波は容赦なく襲ってきます。そして、この国の「公」は、今、そうしたことに無力です。どうか自助努力を。

若者の多くは沈むでしょう

よりよき選択肢を見つけられることをクレバーだと思っている、そんな若者が少なくありません。つまり、選択肢が与えられるまでは待っているのです。学校にしろ、就職先にしろ、選択肢が与えられるのを待って選択し参加する。参加したら与えられた業務を処理する…

いくら「よりよき選択肢」を見つけられても(見つけられるようになっても)、このベクトルに「創造」はありません。何しろ誰かが選択肢をつくってくれるまでは「待っている」のですから。

工業生産時代には「よりよき参加」を目指すのもひとつの考え方でしたが、知価(情報)生産時代になると、就業者一人ひとりが情報の生産者であることが要求される。そして、マニュアル・レーバーは買い叩かれる、無人化も襲い来る…就業者の都合など御構いなしに。消費者である僕たちが「より良いものをより安く」と求めつづける限り。

たぶん、若者の多くは沈むでしょう。彼らのせいというより、教育をはじめとした社会制度のせいなのですが、被害を被るのは彼らです。

でも、彼らは無防備です。無邪気ともいえる。墨俣の一夜城のような変化ですから仕方ないんですが、ガラッと変わってしまった時代を長く生きなければならないのは彼らです。

なんだか切ないなぁ。そして他人ごとではない。

敗戦直後に備えつつ、その後の新しい時代にも備えなければならない。生半ではありません。

カウントダウンは始まっている

テレビのニュースワイド。特集は先端的な国境警備システムは「ロボットに拠る」と実例付きで紹介していました。
国境警備兵の命をマトにかけることもなく、ロボットなら休暇も休息もいらない。女性や子どもにも躊躇なく手をかけられるのでしょう。為政者側にはとてもスジが通ったもの。瞬く間に普及していくのでしょう。そして国境警備兵という職種は消えて無くなる…。世の中、むしろ平和ではなくなるのに、国境警備兵という職種は消えて無くなる勢いです。
同様に「顔認証システム」が整えば、イベント会場やビルの受付から警備員さんはいなくなる。1950年代には50名以上の乗組員を必要とした大型タンカーや貨物船が、今や10人から多くて20人で動かせるといった省力化の流れの、もっとハデなやつです。人手不足は「無人化」のカッコウの理由でもある(実際、船舶もそうでした)。故に、高齢者福祉施設でご高齢のみなさんに体操を指導しているのは人型ロボット…これ日本の、それも「現在」の話しです。

電車に運転手さんがいなければ、労働者によるゼネストも効きません。そして市井の人々が働く場はどんどんと限られていく。でもオブジェクションの手段も限られていく。

行政は何にも言いませんが、たぶん働く場所は足りなくなるのでしょう。想定としては楽隠居だった世代も働かなければやっていけず、そういう意味でも「職場」は足りなくなる…

何にも言わないんだから、心配はないんだし、そうなったらそうなったで何とかしてくれるんだろう。そういう考えはお人好しに過ぎるような気がします。

工業生産時代ならまだしも、金融経済な知価(情報)生産時代に、その感じ、通用するのかどうか…工員さんいなくても生産できるし、消費者がいなくても売り上げが立つかもしれない時代に大衆はどう扱われていくのか…

たぶん「世の中、むしろ平和ではなくなるのに」の温床になっていくのでしょう。
僕らは、そのくらい苦しい立場に立たされる…

どう考えたって生半ではありませんが、ここを切り抜けていかなければならない…

さてね。どうしましよう。

ここで新しいノウハウを仕入れて時代の先端を気取りたいところですが、それこそ工業生産時代的。「これまで」の正解です。

そうじゃなくて、その逆を向くこと。「提示されたノウハウを理解し、憶え、慣れる」から距離をとる、とれる自分を創っていくことでしょう。もちろん、今は「みんなの一員」で食っていくのも方便ですが、いつまでも続くものではないと思っておくこと。もう街場のスーパーのレジにも「セルフ」が浸透してきました。

少子化なんだから、少人数になった分だけのマニュアル・レーバーが残るとは思わないことです。残る仕事は創造的なものばかりです。

カウントダウンは、すでに始まっています。

メジャーリーガーみたいに

前の大戦が終わって、やはり「進め一億、火の玉だ」をまともに信じていた人々は混乱したそうです。特に、ずっと洗脳されるような教育で育ってきた軍国少年・軍国少女は信じてきた価値観のカタストロフ…死ぬような思いだったでしょう。うちのオヤジは軍国少年・軍国少女よりは年上の世代ですが、どこで死ねたら華々しいかが「希望」であって、25歳以降の人生は「白紙」の状態だったそうです。故に、戦後も困ったし、やるしかなかった動乱期が終わり、子育ても、まぁまぁ心配事ではなくなると、また、どうしていいかわからなくなったそうです。オヤジにとって、ずっと「25歳以降」は空白のままだったのでしょう。80歳を過ぎたとき「まさか、80まで生きているとはな」と、しみじみそう言っていました。

今に擬えて言えば、できるだけいい成績で、みんなと仲良くやって、会社に入って「憶えて、慣れる」、やぱり「仲良くやって」の全面否定でしょう。でも、工業生産時代が終わり、知価(情報)生産時代になり、マニュアル・レーバーがAIに乗っ取られるとなると、じゅうぶんに「ありえる」ことです。

学校でも軍隊みたいな行進を押し付けられて、同級生や職場の仲間にも気を遣って、PTAや町内会・自治会でも気を遣って、つまり、神経をすれ減らして国民をやってきたら、これからは非国民の時代だといわれる…たまったもんじゃありません。

でも、そういうことが起こる。起こらなければ、さらに酷いことになる…

あのとき、ポツダム宣言を受託せず、ホントに本土決戦などということになっていたら、高い確率で、こういう戦後はなかったでしょう。この国が北と南に(あるいはさらに複雑に)分断されていた可能性もあります。

福島で現在進行形で起こっている何かは、予測が不可能なくらいの災禍を生み、国際的な信用もガタ落ちだから投資も凍る。1980年代末のバブルの傷跡も癒せないのに、さらに現在進行形で続いている都市再開発事業が全国の都市を焦土にしていくのでしょう。そして、マニュアル・レーバーがなくなる。小売は全滅のような経済不況…

故に「闇市」からのやり直し…

でも、いくつかはっきりしてきたこともあるのかもしれないですね。

例えば、高い確率で集団生産は廃れて、インデペンデントのコラボみたいな仕事スタイルになる…高校野球みたいな野球じゃなく、メジャーリーガーみたいな野球のスタイルに変化する。自由だが自己責任で成績が悪ければリリース。でも、お客さんもそれを喜ぶようになるし、社会通念になって、つまりは年功序列や終身雇用などは今は昔の話になってしまう。

でも、庶民は、そうした世の中の変化についていくだけ。努力のポイントはそこにあるわけです。

なんの資格を取ろうとか。どういう会社が生き残るかということより、メジャーリーガーみたいにやっていける自分をつくることでしょう。

シンドいですけれど、たぶん、僕らが生きているうちの、近未来の出来事です。