ポイントが貯まる

企業通貨…文字通り「企業が発行するお金」です。おなじみの「カードのポイント」も実は企業通貨の一種です。もちろん国家の中央銀行の管理下にあるお金ではありません。でも、僕は溜まったポイントで(日本で言えば)「円」と同じように買い物をすることができます(使える範囲は限られているとしても)。コンビニでは日本円と同じように雑誌を買うこともできます(オリジナル・ブランドの食品だけでなく)。

収益の社内留保に熱心で、しかもグローバルな多国籍企業ともなると、資金力は小さな発展途上国を上回る…もちろん金融的な信用力も有ります。こうした企業がいくつか組んで、本格的に「通貨」に乗り出したらどうなるのか…

サミットな感じに先進国の政府が集まって話し合いをしても、彼らは「円」や「ドル」のように企業通貨の発行をコントロールすることに権利を持ちません。よくいって「みんなでお願いしにいこう」の立場になってしまうというわけです。

たいへんそうだな と思います。

でも、多くの人が「ポイント」を貯めるのに熱心で「ポイント」で買い物ができれば「得した」と思うなら、企業の思惑どり。政府が経済をコントロールすることができない時代は、もう始まっているし、その原動力になっているのは「僕ら」ということになります。

さて…

通貨を発揮できるくらいの収益を上げた企業が、福祉的な分野にどれほどのお金を使ってくれるのでしょう。もちろん、収益事業としての「福祉」なら、大いにやってくれるのでしょうが、庶民にそうした事業の利用ができるかどうか。

ただし、これから「ポイント使わない」を始めても、たぶん間に合わないでしょう。できることは、セルフで「老後など」の福祉をどう実現していくかを工夫し具体化しておくこと。貯金しておいてもインフレで吹っ飛ぶ可能性のが高いですから、それも「お金に拠らず」。かなり難しいですけどね。

ただ、国民皆年金・皆保険前の時代の街場では「みんながそうしていた」という方法はあります。
僕らがすっかり忘れてしまっているだけでね。

パンドラの匣を開けてしまったから

社会システムの利便性を向上させる…つまり僕らの都合に合わせて、さらに「苦労」を滅していくということですが、そういうことを私企業の努力に委ねると(行政が誘導するにしろ)たいていは「行き過ぎ」ということになるのが現状です。
何しろ、欲得づくの収益事業として、それを行うわけですから、大体は暴走…より収益が上がるなら株主はじめ資本家も納得でしょうし、逆に「公に準じて利益を譲歩」なんて彼らがそんな提案に納得するとは思えません。

繰り返しますが、つまり「行き過ぎ」になる可能性が高いわけです。

ご承知のように、政府にしろ、地方自治体にしろ、もう自主財源に乏しく借金だらけ。1990年代から「民間活力の活用=ミンカツ」の奨励という名目で、あらゆる分野の公共事業に「民間の収益事業」を呼び込んできました。

そして、現在は「人出不足を解消するため」の(仕事の)AI化、ロボット化が進んでいます。

無人のレジもすでに社会実験は終わっている段階です。ホテルのルームサービス・ロボも同様です。ホントに「不足を補うだけ」ならいいのですが、たぶん暴走します、行き過ぎてしまいます。

イベントの現場でも、借りてくるレンタル物品の値段より、予算を編成する人を悩ますのは「運んでくる人/設置したり撤去したりする人」の人件費です。飲食店でも、コンビニでも抱えている悩みは同様です。

与えられれば、現場は、喜んで「AI化、ロボット化」を受け入れるでしょう。

オックスフォード大学でAIの研究を行うマイケル・オズボーン准教授は、今後の10〜20年で、アメリカ合衆国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いと予測しました。その中には「銀行の融資担当者」も含まれますが、実際に、我が国の銀行大手も相次いで「店舗を減らす」「人員削減する」を発表しています。
僕らが、1秒間に500万局面を読む将棋AIに太刀打ちできるわけはありません。そして彼らは寝ないし、風邪もひかない。休みも要求しないし、電気しか食わないのです。

パンドラの匣を開けてしまったのかなぁと思います。

オズボーン准教授ではないけれど、マニュアル・レーバーやそれに近い仕事を「憶えて、慣れる」という働き方の命は、あと10〜20年と思った方がいいのでしょう。
一方、医療の分野は、大手を振って税金を投入することができるのだから、いたずらに寿命は伸びて「人生=100年」時代です。例えば僕は、今、50歳代の半ばですから、あと10〜20年といっても60歳代〜70歳代です。脳出血のキャリアですが、あと数年で脳出血では死ねなくなると言われています。

障害の残るジジイになって、それから露頭に迷うのは、どう考えても大変です。貯金や資産はインフレで、貯めておいても目減りです。僕ごときがどうあがいても足りないでしょう。

さて…

とにかく考えるしかありません。これからに役立ちそうな資格を探してきて試験勉強をするのではなく、考えるのです。

それしかない。

型通りに店舗を構えてもダメでしょう。お客さんになってくれそうな人をして収入がないかもしれませんからね。

…八方塞がり。

でも、ダーウインの進化論がいう「適応」とはここからなんでしょう。鳥になれた恐竜だけが生き残れた所以です。

「画一化」の時代から「多様性」の時代へ

学校教育というプロパガンダのせいかもしれまでんが、工業化な時代に育った世代は、自らも進んで「みんな」に倣おうとしてきました。みんなが聖子ちゃんカットなら私も聖子ちゃんカット。(僕らより)少し上の世代で、これがミニスカートになり、少し下の世代でスーパーカー消しゴムやキン消しになるといった具合です。つまり、仕事も娯楽も「与えられた選択肢」の中から選ぶものだし、その「選ぶ」も自分の欲求に忠実であるより「周囲を見回して」のもの…そんな感じでした。

それだからでしょう。「仲間を増やせるヒト」「多くの人を先導できる人」はピカピカで、右翼であろうと、左翼であろうと、味方の数を増やすこと=多数派になるために力を発揮できる人こそがヒーローでした。一人一人の個性より「群」の規模を大きくできる人。「従わせる」ことが上手い人が評価されてきたわけです。

集団的な農業も、大規模な工業生産も、あるいは組織的なサービスの提供も、全ては「みんな」が均質に息を合わせて労働するか否かで、その生産性に大きな違いが出てくるものです。故にみんなが揃って働く姿は「美」でもありました

(故に、仲間に過度の同質化を求めて、ちょっとした差異が認められなくて離合集散を繰り返してもきました)

ところが、不眠不休なシンクロニシティにかけてはAIとロボットに、我々、人間は敵うわけがない。労働時間の長さ、それを維持するために必要なコスト、仕事の精度…どれをとっても勝負にならない。そして、人間に残される仕事は「新しい知価(情報)を創造すること」「高次な交渉」「AIを凌駕するほどの手業」などで、いずれも「集団的な生産」態勢自体が非効率で、個性が戦力になる分野でもあるわけです。

つまり、「従わせる」ことが上手い人、特にマスな人数を「従わせる」ことが上手い人が評価される時代は終わっていくのだと思います。

これからは、多様な人々のそれぞれに深呼吸できるような環境と時間をそれぞれにメイキングできる…編集者か、キュレーターみたいな人がピカピカになっていくのでしょう。あるいは、それぞれに光っちゃえば、あとは受けての判断ということになるのかもしれません。

アジテーターやオルグな人が活躍した時代の終わりです。

そんなに時間はありません

お金に働いてもらって、それだけで食っていけるほどの資産を持っているわけでもない僕らは、つまり「働く」しか能が無いわけです。喰っていくための最後の砦ともいえる。でも、その割には、その「働く」を甘くみていたし、手も抜いてきた…特に高度成長期な戦後日本しか知らない世代は「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とばかりに「楽して儲ける」を礼賛してきました。長い修行期間を経て、毎日が真剣勝負というような職種を選ぶ者が変わり者…「こつこつやる奴はごくろうさん。楽してもうけるスタイル」というわけです。

(20歳前後の世代には、見習うべき真面目な若者も少数ながら顕在化しているように思いますが)

一方、僕らは消費者としても「楽してもうけるスタイル」。要求は厳して365日、24時間で、安く、できるだけいいモノを、と要求し続ける。そして、その風潮の向こう側にあったのが「AI化」でした。

コンピュータに制御されたロボットなら、365日、24時間、風邪も引かずに働き続けます。汎用できれば設備投資も、それなりに廉価。いくつもの職種が職種ごと抹殺されてしまうのでしょう。全就業者が資産家の執事やメイドなどのサービス業種に就けるわけでもなく

資産もないのに、僕らは近く「働く」を失ってしまうのかもしれません。

ベーシックインカムの必要性って、国民の大半に生活保護が必要だっていうことなのかも。

初号機「みちびき」に加え来年には4機で準天頂衛星が運用されるとGPSの精度は誤差6cm。第5世代移動通信システムが普及すれば、間断ない大容量の通信が可能になり、これで自動車運転の無人化や農業機械や建築・土木な重機の無人化が可能になります。

そんなに時間はありません。

でも、あいかわらず制度設計は人間と人間が話しあいながらやっているわけですから、従前の時間はかかる…

公的なケアは間に合わないでしょう。やっぱり「備え」はセルフ・サービスなようです。

根 治

根治…辞書には「病気・悪弊などが根本から完全に治ること。また,治すこと」と語釈されています。

当然のことながら、僕が病を得たら、お医者さんには「根治」を望みます。少なくとも、その姿勢を持つことを望みます。でも、最初から「根治」を目指さず、自分に無理せず、できる範囲内で「いかにもやった」ように仕事をすることも可能です。お医者さんに限らず、そうです。

むしろ、それが一般的な就業姿勢のスタンダードかな。「根治」を目指したら、かつての「踊る大捜査線」の青島刑事のように煙たがられるのがオチでしょう。「お前、熱過ぎ」などと言われて職場では村八分というわけです。

そして、生活の力点は趣味やアフター5の時間にかかっている。わが国が労働生産性の低さは先進国中でもワーストな感じである所以です。でも、組織や集団に働いていれば匿名性な森に隠れていればいい。誰が犯人だか、犯人がいるのかさえわからない…

ただね。

だからこそ、企業はAI化を急ぐわけです。労働生産性が低ければ、株主にはせっつかれるし、大義名分も立ちやすい。

とはいえ、遅くとも現在50歳代も半ばの僕が10代の頃から周囲の風潮はこうでしたからね。「だるいよ」「かったるいよ」で、集団的なサボタージュが就業者のレギュラーです。

むしろ、AI化をもっと急いで、ベイシック・インカムの実現を目指した方がいいのかもしれません。

(「趣味」を収入に結びつける道も、もっと広範な参加が可能になるように工夫した方がいいですが、こちらは「千三つ」ですからね)

いずれにせよ。「前の時代」は爛熟期を過ぎて腐りかけているのは事実でしょう。

少数の自ら開拓できる人は別にして、大半の人たちは、誰が「次」を指し示してくれるまで「ジリ貧」の中を座って待っているのだと思います。

この国も、アメリカ合衆国のことを笑っていられる状況じゃぁありませんからね。

怪奇大作戦

「怪奇大作戦」は、1968(昭和43)年から翌69年まで、それまでのウルトラ・シリーズと同じ枠で放送されていた子ども向けの「空想科学もの」の物語です。やはり円谷プロの製作です。SRI=科学捜査研究所という架空の機関が、警察とともに事件を解決していく、探偵ものと合わせ技1本な感じのドラマです。

2007(平成19)年だったか、何の前触れもなく再放送され、なんだか唐突にリメイク版が放送され、その時はびっくりしましたが、できはオリジナルの方がぜんぜん上でした。きっと予算も時間も今回の方がはるかにゆとりがあっただろうに…まぁ、それだけオリジナルの出来がスゴいということなんだと思います。

オリジナルは全部で26本、ただ怖がらせようとするだけでなく、その多くの作品で、今日まで有効な解決策が見出されずにいる社会的な問題について、鋭い切り口で問題提起がなされている…というより、放っておくとこうなっちゃうよ、という感じで、今日の状況を予言したかのような作品群でもあります。

工場に働く、無口で孤独な青年が、無差別に、通り魔殺人を繰り返す第16回放送「かまいたち」、主人公には一言も台詞がなく、物語の中では、彼の”視線”というか、”眼の感じ”が強調されます。そして、犯行の動機は最後まで明らかにされません。

精神に異常をきたしていた犯人によって家族を惨殺された女性科学者が、そうした犯人によるの犯罪が無罪になる現代社会に復讐するために”狂わせ屋”を開業、依頼者を機械で一時的に狂わせて殺人を犯させ、罪に問われない殺人者を増産していくという第24回放送「狂気人間」…これは、現在、いわゆる封印作品となっていて、再放送もされませんし、発売されているDVDにも収録されていません。

核家族化の中、息子たちとも疎遠になり、孤独になった高齢の科学者が、子どもの代わりになるようにとつくった小型ロボットが、高齢者を大切にしない人々を殺していく第7回放送「青い血の女」。

ある山村に、合衆国の自動車会社が工場をつくるとして、土地買収騒ぎが起こる…ふるさとを護ろうとするおじいちゃんたちが、第二次世界大戦中に徴用された毒ガス工場で憶えたノウハウを活かして抵抗する第12回放送「霧の童話」…結局、おじちゃんたちは逮捕され、村は山津波に襲われる…そして、エンディング。立ち並ぶ工場群と、高速道路脇にひっそりと佇む石仏、そのかたわら、空を見つめる工員さんがひとりいて、事件のときSRIの捜査員と親しくなった少年を暗示させます。

多くの人々に顧みられなくなった京都の文化遺産を、それを愛している人々の中で護っていこうと、伝送装置をつかって盗み出す科学者。彼らは、ちゃんと筋を通していて、夜な夜なディスコ(この時代、クラブではありません)に出没しては、若者たちから「京都を売ってもいい」という署名を集めていた…これは名作の誉れ高い実相寺監督の第25回放送「京都 買います」…

いったいどっちが犯罪者だかわからなくなるような問題提起…あの頃だからできたのか、それとも彼らだからできたのか、あるいは子ども向け番組故のノーマーク、それで可能になったのか、視聴者であるところの、ごく普通の人々の責任を問う姿勢…

それにしても、約50年前、この番組でなされた問題提起をもっと真摯に受け止めていれば、今、いつくかの問題に、解決の道筋がついていたかもしれません。

たかが子ども番組なんて、番組に関わる方々こそ、そんなことは思っていないはずです。でも、それにしても凄い…何度もいいますが、正味20数分で、これだけのことを描くのです。ひたすら頭が下がります。

→ らいでんさんという方が運営していらっしゃる「怪奇大作戦」の資料サイトへ

↑ こりゃ凄い。まさに「怪奇大作戦」網羅…

かつてのカウンター・カルチャー

カウンター・カルチャー…辞書には「ある社会に支配的にみられる文化に対し,その社会の一部の人々を担い手として,支配的な文化に敵対するような文化。敵対文化」とあります。ややもすると「逆らう」がファッションです。

カウンター・カルチャーって、工業生産で富国しようとする政府が子どもたちを公的な学校教育で粒ぞろいの部品に仕立てようとしていくとき、その子どもたちの自然な命が、その風潮に争って顕在化していくのかなと思います。命の叫びですから、それは理性的なものではなく、衝動的なもの。故に、何に逆らっているのか、誰に逆らっているのか、どうして逆らっているのかも判らず、だんだん粗暴になっていく…それが自然な流れなのだと思います。

つまりカウンター・カルチャーって成就する中身もないのだろうし、一方で衝動的になりきれない(理性を消し込むこともまた不可能である)人間としてはだんだん虚しくもなっていくでしょう。

そうしたことから、三田誠広さんの「僕って何」ではないですが、私に帰っていこうとする向きもあるのでしょうが、衝動的なレジストだったから故に「学校教育で粒ぞろいの部品に仕立てよう」には実は無抵抗。気が付いたときには、平板で規格品的な部品としての自分しかなく、ほとんど個性は残っていなかったというオチまでついてしまうのが常でしょう。

カウンター・カルチャーしか知らない人たちは、これからどうしていくのかな。工業生産時代の申し子なのだからたくさんいらっしゃるはずです。

しかも標準世帯時代な彼らは多くの場合、子育てもしている。彼らの遺伝子は彼らの息子や孫に受け継がれてもいるはずです。

でも、彼らの息子や孫が、彼らの親世代にカウンター・カルチャーすれば違ってくるかな。

街かどには、そういう兆しも見えなくもないかもしれません。たんに複写機ではない自分を持っている、そんな「私」を持っている若者が、ふっと自分らしく生きているなら、彼らは、かつてのカウンター・カルチャーとは無縁の人々です。

あの日に

市や高々九年しか勤めない余所住まいの教員組織に、何十年間も住民に強い愛着を与え続けた建物の改築を決める権限が生じるのか、私には理解できない。
〈中 略〉
震災で圧死した妹の棺が一週間安置されていた部屋がどう改築されたのか、改築後の校舎を再訪してみる勇気が私にはない。

松原隆一郎さんの著作「失われた景観 戦後日本が築いたもの」の「あとがき」に書かれていた、このふたつのフレーズが
ぐさりと刺さりました。つまり、紹介させていただいた短文は、圧死された妹さんの亡骸が安置されていた学校の校舎が取り壊されて、改築されるということに関しての松原さんの思いを語られたものです。

表題が示すとおり、日本の景観政策についての苦言と提言がいくつか掲げられている本ですし、そういった意味でもたいへん貴重な本なんですが、僕にとっては「あとがき」の印象があまりにも強く…
「高々(たかだか)九年」とおっしゃってしまう著者の気持ちも、また「余所(よそ)住まい」とわざわざ「余所」と表記されるところなども

察して余りあるというか…案外、こういうことについて他人事(ひとごと)なのではないかと
少し申し訳ない気分になりました。

妹さんはあの日にいた。そんな神戸出身の方の本です。

松原隆一郎 著 「失われた景観 戦後日本が築いたもの」
PHP研究所 刊(PHP新書)

2002年の11月の発売ですからブックオフとかを探していただいた方がいいかもしれません。