忸怩たる思いはあっても

1964(昭和39)年の東京オリンピック。その大会で金メダルをとった女子バレーボール・チームは「東洋の魔女」と評され、この大会で国民的な話題を集めたのヒロイン(ヒロインたち)でした。ソビエト連邦チームとの決勝戦のテレビ視聴率は66.8%(関東地方)。監督だった大松博文氏の「なせば成る」「俺についてこい」は流行語になり、それらの言葉をタイトルにした著書もベストセラー、「俺についてこい」は映画化もされ、彼は参議院議員にもなりました。

今だったら強引ともいえるような監督がいて、選手たちは彼のスパルタに耐えながら、チーム一丸となって最後は金字塔のような目標を達成し、涙で終わる。そして、チーム・スポーツである…

(スポ根ものの ある典型ですね)

でも、これは工業生産時代であり、集団生産の時代だからこその美談であり、垂涎の的となる物語でした。同じチーム・スポーツでも、現在のサッカーなどとは別の趣のもの。前の東京オリンピック当時は、選手の個性も、あくまでも「チームの一員」としてのそれだったし、移籍する選手は異端(つまり、裏切り者)か、成績が悪いからチームに残れないといったイメージなもので、チームに準じてこその選手でした。

(そういえば、プロ野球の選手なども、そうでしたね)

農業において集団生産がはじまって以来、ずっと「みんなが力を合わせて」が戦力になる時代が続いてきました。ひょっとしたら弥生時代以来のことかもしれません。
もちろん工業生産も、近代な産業のほとんどが「みんな」の統制力で生産効率を高めてきました。

しかし、いつしか省力化といえば「人間」を減員しての機械化を指すようになり、そして、ついにはAIの登場です。

音楽業界ではデジタルな楽器の登場から、すでに大半のスタジオ・ミュージシャンやバンドマンが職を失い、ホテルやクラブのピアノ演奏も「無人」に置き換えられ、今やDTMの時代です。
印刷だって、イラストレーターなどでデザイン・データをつくれば、あとは刷版を作ってもらって印刷するだけ。写植屋さんや、印刷屋さんの取次営業マンも「減員」の対象です。

多数決の「多数」に値打ちがあったのは「みんな」にプライオリティがあったからでしょう。
それ故、その多数がベイシック・インカムで社会的な扶養家族になってしまえば「多数」の力強さも失せてしまうのでしょう。知価(情報)生産時代になれば、たった一人の変わり者の方が産業効率の良い稼ぎ手にもなります。

たぶん、千年に一度 というような大変化期です。もちろん「オレのせい」じゃないわけです。

でも…

この時代についていかなければなりません。落伍しても高度に発達した医療が生命だけは維持しちゃうでしょうからね。医療こそ、大手を振って公費を突っ込むことができるビジネス。ベッドに縛り付けられても「生かされ」てしまう可能性があります。

お金2.0

AIなどのテクノロジーが急速に発達していく、大半の労働が価値を失います。人間がやるよりも機械がやるほうがはるかに安価で効率的であるからです。そうなると大半の人が失業してしまうことになります。

佐藤航陽 著「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」(幻冬舎 刊)より

あっさりと凄いことが書いてあります。大上段に振りかぶっての「警告」という重さもなくホントにあっさりと。で、この文章に以下のような文章が続きます。

そこで、ベーシックインカムの導入などを考える国が増えてくるでしょう。ベーシックインカムとは、生活するための必要最低限の生活コストを国民全員に支給する仕組みです。日本や欧州の生活保護のような社会保障を全国民に適応したものです。もしくは、巨大企業が公共サービスに近いものをほぼ無償で提供するなどして、生活コストを大幅に下げるという、企業による無償提供という意味でのベーシックインカムも考えられます。
例えば、グーグルが自社の製品しか利用できないけれど無料で住めるアパートのようなものを提供することも十分考えられます。その家は、グーグルのWi-Fiが無料で使えて、パソコンとスマホは全てグーグル製でChromeとAndroidがあり、グーグルHomeが置いてあり、家全体はグーグルNestによって制御されています。

たぶんね。これは昭和18(1943)年に「近い将来、日本、戦争に負けるかも」という話をしているようなものなんだと思います。「そんなこともあるかもしれないとは思わなくもないけど、まさかね」と。
でもそんなふうに思っていたら、翌年末には各都市をターゲットにした空襲が本格化し、さらにその翌年の3月には東京の下町が焼き払われ、一晩で10万人が亡くなり、8月には広島と長崎に原爆を投下される…判る人には昭和20年の現実がデジャビュのように思えていたことでしょう。そんなもんです。

僕は似ているなと思うのです。

まさか、国民の大多数が生活保護なんて考えられないのが、現在を生きている僕らですが、あの頃、何も知らずに「いざ来いニミッツマッカーサー出てくりゃ地獄に逆落とし」などの惹句に踊らされ、しかも、人がいいこと この上なく、敗戦時にさえ、楽々2年間はこの国をやっていけるだけの資金や物資を政府に溜め込まれ、役人たちに私的に溜め込まれて臥薪嘗胆を強いられていた、あの頃の人たちと比較して、僕らが、もっと賢くなっているという保証はどこにもありません。

むしろ、あんまり変わっていないのが…僕ら、じゃないのかな。

佐藤航陽さんの著作「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」。みんなが生活保護で暮らし、住居やあらゆる生活利便が「タダ」なら、お金のありがたみも変わっちゃうだろうという話し…
テレビで紹介されることはありませんが、ラジオでは、それなりに紹介されていて、本屋さんでも平積みだったりしますし、もう「10万部」だそうです。だからって、書いてあることの全部が正しいってわけじゃないんでしょうが、そんなに絵空事が書いてあるわけじゃないんじゃないかな。

「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」と思っていたら、さらに新しい経済常識にアジャストしていく必要があった…と。
1961年生まれにはキツい時代ですが、淘汰されないためには賢くなるしかないということでしょう。一夜漬けじゃあ、学校のテストは乗り切れても、人生は乗り切れませんからね。

とてつもなく「長い時間」

珈琲を飲みたい…
ストックがなければインスタントコーヒーを買ってくればよい。
凝ったとしても、せいぜい焙煎された豆を買ってきて
豆を挽いてドリップするくらい
そういう常識で暮らしていたら、珈琲を飲みたいなら、珈琲の樹から育てろと。

現在、僕らが「置かれている状況」っていうのはそんな感じです。
既製品を買ってくれば済むのと違って、樹から育てて収穫して、さらに加工したり、乾燥させる時間も必要なので「買ってくる」に比較すれば、とてつもなく「長い時間」が必要になります。

間に合わせるためには、一刻も早く「準備」を始めることです。

所 以

なぜ、それは「いっぺんに来る」のか…

簡単です。止められないからです。あらゆる分野の どのレベルに働く人も わかっちゃいるけど、やめられない…

だから、ダメになるときは束なった太い縄がブツんと切れるようにゆく…

あの戦争も何度もやめるチャンスがあったのに、うちのオヤジたちの世代は男子の三人に一人が亡くなり、日本中の都市が人々の命ごと焼かれ、原子爆弾も投下された。外地からの引き上げにも筆舌に尽くし難い艱難辛苦。戦後の街に戦災孤児たちは溢れ、大陸にも戦争に罪なきたくさんの子どもたちが残された。

つまり、断末魔のような外的要因が「来る」までは わかっちゃいるけど、やめられない。

災禍は「いっぺんに来る」所以です。

できる限りの準備を

昭和恐慌と大正バブルによって生じていた余剰人員を、国費を投じることでなんとかしようとした…それが当時は軍需産業。海軍工廠や三菱ドッグで戦艦を建造するだけじゃなく、兵隊さんの弁当箱を作るんだって、ある意味「軍需産業」ですから国家総動員法の前から、すでに一億が「軍需で喰う」状態にあり、外国から搾取してきた分を国内生産に上乗せして享受するという状態でした(余剰人員を海外に追いやるという措置も取られました)。
しかし、軍需に頼った経済振興策は軍部の暴走を呼び込み、外国からの搾取は当事者国だけでなく、それ以外の国際社会からも非難轟々で、第二次世界大戦…

そして、1945(昭和20)年の敗戦によって軍需と植民地を一気に失い、貯め込んだ軍事国債も紙くずになりました。徴兵によって働き手を失った農村も疲弊。特に都市部では、ほとんど仕事が無くなってしまいました。
あの頃の苦境を「敗戦」と結びつけてばかり考えがちですが「国が戦争に負けた」というより、直接的には「貯金がなくなり、いっぺんに仕事がなくなってしまった」ことが、あの頃の、特に都市部での、うちのひいばあちゃんをして「死ぬかと思った」といわしめた苦境の原因です。人々の仕事が失われれば、もちろん、彼らを消費者にとった小売業などもアウト。髪結いさんも、まずはお客さんが喰えている状況があったればこそ…であることはいうまでもありません。もちろん、行政的な福祉は機能していない…

さて

1980年代以降、この国の産業は「土建」な感じで、どんどんと「国費」あるいは「自治体の公支出」に拠る感じに比重を高めてゆきました。まるで戦前を「軍需」によったのと同じように、です。
そして、その手法の破綻が近いことが、お役所の膨大な借金に現れているわけですが、それでも東京五輪を行おうというのは、あの頃、負け戦を前にさらに巨艦を建造していたのに似ています。

今度は連合国に負けるのではなくAIに負けるのでしょう。少子高齢化に疲弊する農村は、兵隊に男たちをとられたあの頃の農村に似ていますが、それは「AIに拠る無人化」によって切り抜けるとして、それで助かるのは経営者だけ。マニュアル・レーバーな感じに仕事が増えるわけではありません。高度成長期、各人にもたらされた余力も、たいていが「貯金」ですから、どかっとインフレが来ればひとたまりもありません。

そういうわけで

僕は、近く、多くの人の貯金がすってんてんで、巷から仕事が消える日が来るのだろうと思っています。だって「あの頃」に状況が似ているからです。

たいていの地域経済な地元企業はバブル崩壊以降、お役所からの発注にべったりで、故に競争力もありませんから、借金だらけのまま税収を減らし、高齢者の不要負担を強いられる地方自治体が、彼らを支えきれなくなったら一巻の終わりです。大きな企業だって、オリンピックを喜び、リニアを喜んでいるのでしょう。自律的で成績のいい企業もたくさんありますが、収益率がいい企業ほど極端なまでの少数精鋭です。居酒屋チェーンやマンション・デベロッパーは、巷から「就業」が消えれば「死ねばもろとも」でしょう。

僕は「闇市からのやり直し」に向けて できる限りの準備をしようと思っています。

あんまり自分を疑わずに

会社を一つの「家」と考える発想は、日本古来の伝統ではない。戦前には雇用の流動性は高く、労働者の平均勤続年数は5年以下だった。むしろ製造業で労働者の定着率を上げて生産性を高めるために「家」モデルを借りたものだ。企業年金も退職一時金も「終身雇用」を前提としており、転職するとこうした付加給付を失う。
日本の労働政策も企業に福祉の負担を押しつけ、失業保険や生活保護などの社会的セーフティ・ネットが手薄だ。

池田信夫 死を招くニッポンの働き方(新調45 2016年12月号)より

もう終身雇用制の時代は終っているといっても過言ではないのでしょう。
そもそも「終身雇用」の時代こそイレギュラーなもので、数十年を「前例の踏襲」と「マイナー・チェンジ」だけでも高収益を上げられていた高度成長期ならではの「お駄賃」みたいなものだったのでしょう。
国民皆年金・皆保険の制度だって、うちのオフクロが成人してからの話しで、ひいばあちゃんはもう70歳になろうとしてからの施行でした。つまり半世紀ほどは続いたけれど、ある種のイリュージョンだったのだと思います。

オヤジの家は江戸時代から、オフクロ方でも明治の頃から「非・勤め人」として生きてきた我が家には「残業」という概念も「サービス残業」という概念もなく「週休」という概念もありません。でも、だからといって「休まなかった」わけではなく「休む」は自分の工夫で切取り次第。一週間に1日しか働かなくても充分に稼げているんならそれでよし。また「専業」ではなく、いくつかの職種を掛け持つ「マルチ」な感じの人も少なくなく、つまり「自由」でした。

今は、誰も「家業」を継ぐこともなく、親たちも不動産賃貸業で糊口をしのいでいます。
でも、会社員になったのは両家の親族の中で二人だけ。あとは何らかの自営か専門職です。

だから、相変わらず、我が家の慣習は、遅刻もなければ残業もなく、与えられる夏休みもない。みな切り取り次第です。老後の準備についてもそうです。
たいていは各人のソーシャル・キャピタルも「会社」に閉じているもんでしょうが、わが家のみんなには、そういった意味での「会社」もないので、みな、それなりの自前で「生業に結びつく」人脈を持っています(遊び仲間ではなく)。

僕が高校生や中学生の頃には、学校の同級生たちには非常識な「家」だったわけですが、こうした慣習を持つ「家」に生まれたことは、今日び とてもラッキーだったといえるでしょう。

これからは、あんまり自分を疑わずに前に進んでいけそうかな。まぁ、乱世向きではあります。少なくとも「会社員と専業主婦」的な家庭を知らないことをハンディに思わなくても済みそうです。

等身大に気楽に生きて

磯田道史さんの受け売りみたいになっちゃうけれど、確かに農業や工業においての技術と違って、いわゆるIT技術やAIにおいての技術は二極化を激しくしながら、大半の人々を貧しくするために作用してしまったんでしょう。鉄腕アトムの21世紀には、たぶん想定されていなかったことだし、実際に技術を開発した人たちだって、そんなことを意図していたわけではないでしょうけれど。

でも、結果としては「社会全体は経済成長しているにもかかわらず、1人当たりの収入を減らす『技術』が誕生したのです」(週刊SPA! 2018年1/16・23号 2018年「この国のかたち」より)ということになってしまった。そして、今もこの状況は加速度的に深刻化の一途をたどっています。

トマ・ピケティ氏が膨大な資料を分析して「少なくとも500年ほどは本格的な下剋上は起こっておらず、どの国でも資産家/特権階級は資産家/特権階級のまま」ということを明らかにしました。例の「わずか数%の人々が世界中の90%以上の富を所有している」というやつです。
その状況下に「知価と呼べるような情報を創り出す機会、AIが追いついてこれないような技能を持つ機会」に恵まれた者だけは、少しだけ暮らしを楽にすることができるのかもしれませんが、それだって少数に過ぎないのかもしれません。とても不幸なことに、当代の努力だけでは、知価と呼べるような情報を創り出すこと、AIが追いついてこれないような技能を持つことは不可能である可能性が高いからです。

トマ・ピケティ氏は「大きな戦争があった時だけ」ほんの少し下剋上が効くという分析結果も示しました。
つまり戦争で手柄を立てると「上」に上がれるかもしれないのです。日本の華族制度の中でも、そうした軍人たちの一群がいて「軍功男爵」などと呼ばれていました。

でも、それでステイタスが得られ、お金持ちになっても幸福になれるのかどうか。かの乃木将軍は二人の息子を戦死させ、自らも奥様とともに自刃です。

考え方を変えてみたらどうでしょう。

お金や資産を保有する「量」を目標にするのではなく、いかに自由でのびのびと生きれたかどうかを尺度にする。それが短命でもいいし、借り暮らしで終わってもいい。一人ぼっちでも「気楽」に生きた方が勝ち…みたいな。もちろん「知価と呼べるような情報を創り出す機会、AIが追いついてこれないような技能を持つ機会」に恵まれた人はそれを目指すのもいいけれど、これも当代の努力では届かないのかもしれないし、その道も幸福に満ちたものかどうかはわかりません。「置かれた場所で咲きなさい」ではないけれど、それぞれに与えられた人生をそれぞれに楽しんだ方が勝ち。もういいやといって笑って死ねることを目標にする。

僕はね。そもそも、人殺しの軍功を積んで華族に列せられるより、その方がうんとカッコいいと思うんです。

なにしろ、縛られないことですかね。それが最後の抵抗のように思います。

隣の芝生は蒼く見えるものですが、等身大の人生を無理せず楽しむっていいもんなんじゃないでしょうか。
だって、あとは世の中が悪いんだし、自分より前の世代に要因があるらしい。しかも蒼く見える芝生の家に住む人も、そんなに幸福じゃぁないらしい(だから、安倍さんは慢性の下痢ピーに悩まされているのでしょう)。
他人を巻き込まなきゃいいんだと思います。あとは等身大に気楽に生きて…

僕などは「一人」が好きなので、孤独死でもいいやと思っています。

「手探り」上等!

たぶん「朝のラッシュ」「帰宅ラッシュ」は過去のものになっていくんでしょう。
そんなに遠い未来の話じゃなくて、数年から、かかっても10年ほどでの変化だと思います。

そして、いくつかの鉄道路線が交錯するターミナル駅終焉の商業集積地は急速にポテンシャルを落としていく。そのかわりに、現在は喫茶店不毛の地みたいな郊外の住宅地に、平日の昼間を過ごせるようなcafeなどが増えていくのかもしれません。ただし、おしなべて「郊外」全域がそうなるわけではなく、外国からの労働者の方が増えて、やっぱり昼間は空っぽ、マスな規模のスーパーに支えられるという地域も目立つようになるのでしょう。また「全国に1千万人はいるかも」ともいわれる団塊の世代の方々を中心に、しばらくは特別養護老人ホームを林立させる「高齢者の街」になるところもありそうです。

(高齢者の街は「都心」にも現れそうですが)

「終身雇用制」で「一億総中流」の時代は終わります。一億総フリーランスな感じだし、年金じゃぁ食えませんから(医療保険の自己負担額も増額していくんだと思います)、その年齢になっても続けられる仕事を持つ人とそうでない人の二極化も進んでいるでしょう。

(マニュアル・レーバーは、さらに国際的な競争に巻き込まれながら、買い叩かれる一方でしょう。AI化も進んで警備員さんやお掃除のスタッフといった仕事は消滅しているんだと思います)

ずいぶん、様変わりします。様変わりするということで「取り残されたもの」は消えていくのでしょう。観光案内ではなくタクシーのような交通利便としての「人力車」が、今は無くなってしまったのと同じです。「ターミナル駅」があるから「ショッピング・ビル」があったわけだし、多くの人の生活がクルマを運転するほどの移動を必要としなくなれば、ロードサイド・レストランも、郊外型のショッピング・モールも必要なくなります。新橋でサラリーマン・ランチの名店となっていたお店も「通勤してくる人」が激減すれば同様です。環境の変化に適応できなければ淘汰されるのが、この星の定めです。

ただね。「淘汰」とはいうものの「人間」の場合、あっさりと殺してももらえない。いきられる可能性があれば「生命」としては維持されてしまう。

なるようになって「それから考えればいいや」というライフ・コンセプトが通用しそうに思えたのも、この国が高度成長期〜バブルというあぶく銭な時代にあったからです。しかも、その時代は「集団」の一員になってくれる人材を常に求めていた時代なのです。半世紀以上もそうでしたから、親御さんからしてそんな感じという方も少なくないのかもしれませんが、必ずしも「通勤」が必要なくなるのも、AIやコンピュータの発達によって、たいていのことが個人技の集積でなんとかなりそうだし、工場生産はロボットがやっちゃうかもしれないし…つまり、環境激変なわけです。

この国で、組織的な集団に拠る農業生産が確立されたのは中世から江戸時代の初期だといわれています。その「組織的な集団」が工業生産にも受け継がれて、何百年経つのでしょう。幸か不幸か、僕たちは、そうした時代の終わりに遭遇してしまったようです。

故に「これまで」を振り返って「なるようになるだろう」とタカをくくっているのは危険なわけです。
「手探り」上等。「トライ&エラー」城東。準備を急ぎましょう。