「画一化」の時代から「多様性」の時代へ

学校教育というプロパガンダのせいかもしれまでんが、工業化な時代に育った世代は、自らも進んで「みんな」に倣おうとしてきました。みんなが聖子ちゃんカットなら私も聖子ちゃんカット。(僕らより)少し上の世代で、これがミニスカートになり、少し下の世代でスーパーカー消しゴムやキン消しになるといった具合です。つまり、仕事も娯楽も「与えられた選択肢」の中から選ぶものだし、その「選ぶ」も自分の欲求に忠実であるより「周囲を見回して」のもの…そんな感じでした。

それだからでしょう。「仲間を増やせるヒト」「多くの人を先導できる人」はピカピカで、右翼であろうと、左翼であろうと、味方の数を増やすこと=多数派になるために力を発揮できる人こそがヒーローでした。一人一人の個性より「群」の規模を大きくできる人。「従わせる」ことが上手い人が評価されてきたわけです。

集団的な農業も、大規模な工業生産も、あるいは組織的なサービスの提供も、全ては「みんな」が均質に息を合わせて労働するか否かで、その生産性に大きな違いが出てくるものです。故にみんなが揃って働く姿は「美」でもありました

(故に、仲間に過度の同質化を求めて、ちょっとした差異が認められなくて離合集散を繰り返してもきました)

ところが、不眠不休なシンクロニシティにかけてはAIとロボットに、我々、人間は敵うわけがない。労働時間の長さ、それを維持するために必要なコスト、仕事の精度…どれをとっても勝負にならない。そして、人間に残される仕事は「新しい知価(情報)を創造すること」「高次な交渉」「AIを凌駕するほどの手業」などで、いずれも「集団的な生産」態勢自体が非効率で、個性が戦力になる分野でもあるわけです。

つまり、「従わせる」ことが上手い人、特にマスな人数を「従わせる」ことが上手い人が評価される時代は終わっていくのだと思います。

これからは、多様な人々のそれぞれに深呼吸できるような環境と時間をそれぞれにメイキングできる…編集者か、キュレーターみたいな人がピカピカになっていくのでしょう。あるいは、それぞれに光っちゃえば、あとは受けての判断ということになるのかもしれません。

アジテーターやオルグな人が活躍した時代の終わりです。

そんなに時間はありません

お金に働いてもらって、それだけで食っていけるほどの資産を持っているわけでもない僕らは、つまり「働く」しか能が無いわけです。喰っていくための最後の砦ともいえる。でも、その割には、その「働く」を甘くみていたし、手も抜いてきた…特に高度成長期な戦後日本しか知らない世代は「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とばかりに「楽して儲ける」を礼賛してきました。長い修行期間を経て、毎日が真剣勝負というような職種を選ぶ者が変わり者…「こつこつやる奴はごくろうさん。楽してもうけるスタイル」というわけです。

(20歳前後の世代には、見習うべき真面目な若者も少数ながら顕在化しているように思いますが)

一方、僕らは消費者としても「楽してもうけるスタイル」。要求は厳して365日、24時間で、安く、できるだけいいモノを、と要求し続ける。そして、その風潮の向こう側にあったのが「AI化」でした。

コンピュータに制御されたロボットなら、365日、24時間、風邪も引かずに働き続けます。汎用できれば設備投資も、それなりに廉価。いくつもの職種が職種ごと抹殺されてしまうのでしょう。全就業者が資産家の執事やメイドなどのサービス業種に就けるわけでもなく

資産もないのに、僕らは近く「働く」を失ってしまうのかもしれません。

ベーシックインカムの必要性って、国民の大半に生活保護が必要だっていうことなのかも。

初号機「みちびき」に加え来年には4機で準天頂衛星が運用されるとGPSの精度は誤差6cm。第5世代移動通信システムが普及すれば、間断ない大容量の通信が可能になり、これで自動車運転の無人化や農業機械や建築・土木な重機の無人化が可能になります。

そんなに時間はありません。

でも、あいかわらず制度設計は人間と人間が話しあいながらやっているわけですから、従前の時間はかかる…

公的なケアは間に合わないでしょう。やっぱり「備え」はセルフ・サービスなようです。

根 治

根治…辞書には「病気・悪弊などが根本から完全に治ること。また,治すこと」と語釈されています。

当然のことながら、僕が病を得たら、お医者さんには「根治」を望みます。少なくとも、その姿勢を持つことを望みます。でも、最初から「根治」を目指さず、自分に無理せず、できる範囲内で「いかにもやった」ように仕事をすることも可能です。お医者さんに限らず、そうです。

むしろ、それが一般的な就業姿勢のスタンダードかな。「根治」を目指したら、かつての「踊る大捜査線」の青島刑事のように煙たがられるのがオチでしょう。「お前、熱過ぎ」などと言われて職場では村八分というわけです。

そして、生活の力点は趣味やアフター5の時間にかかっている。わが国が労働生産性の低さは先進国中でもワーストな感じである所以です。でも、組織や集団に働いていれば匿名性な森に隠れていればいい。誰が犯人だか、犯人がいるのかさえわからない…

ただね。

だからこそ、企業はAI化を急ぐわけです。労働生産性が低ければ、株主にはせっつかれるし、大義名分も立ちやすい。

とはいえ、遅くとも現在50歳代も半ばの僕が10代の頃から周囲の風潮はこうでしたからね。「だるいよ」「かったるいよ」で、集団的なサボタージュが就業者のレギュラーです。

むしろ、AI化をもっと急いで、ベイシック・インカムの実現を目指した方がいいのかもしれません。

(「趣味」を収入に結びつける道も、もっと広範な参加が可能になるように工夫した方がいいですが、こちらは「千三つ」ですからね)

いずれにせよ。「前の時代」は爛熟期を過ぎて腐りかけているのは事実でしょう。

少数の自ら開拓できる人は別にして、大半の人たちは、誰が「次」を指し示してくれるまで「ジリ貧」の中を座って待っているのだと思います。

この国も、アメリカ合衆国のことを笑っていられる状況じゃぁありませんからね。

あの日に

市や高々九年しか勤めない余所住まいの教員組織に、何十年間も住民に強い愛着を与え続けた建物の改築を決める権限が生じるのか、私には理解できない。
〈中 略〉
震災で圧死した妹の棺が一週間安置されていた部屋がどう改築されたのか、改築後の校舎を再訪してみる勇気が私にはない。

松原隆一郎さんの著作「失われた景観 戦後日本が築いたもの」の「あとがき」に書かれていた、このふたつのフレーズが
ぐさりと刺さりました。つまり、紹介させていただいた短文は、圧死された妹さんの亡骸が安置されていた学校の校舎が取り壊されて、改築されるということに関しての松原さんの思いを語られたものです。

表題が示すとおり、日本の景観政策についての苦言と提言がいくつか掲げられている本ですし、そういった意味でもたいへん貴重な本なんですが、僕にとっては「あとがき」の印象があまりにも強く…
「高々(たかだか)九年」とおっしゃってしまう著者の気持ちも、また「余所(よそ)住まい」とわざわざ「余所」と表記されるところなども

察して余りあるというか…案外、こういうことについて他人事(ひとごと)なのではないかと
少し申し訳ない気分になりました。

妹さんはあの日にいた。そんな神戸出身の方の本です。

松原隆一郎 著 「失われた景観 戦後日本が築いたもの」
PHP研究所 刊(PHP新書)

2002年の11月の発売ですからブックオフとかを探していただいた方がいいかもしれません。

教科書なんてなかったはず

結局、僕は「ただいま」「お帰りなさい」と言い合えるような「場所」をつくりたいんだと思います。コミュニティな壁が高いんじゃなくて、風通しがいいやつ。出入り自由。常連が壁にならないような空間…

一見、難しそうですが、できなかないんです。

何度か、書かせているように僕の母系は、ひいばあちゃんがつくった非血縁家族の大所帯です。でも、そのなかに生まれてみると、非血縁な集合体だなんて思ったことはありません。なにしろ、僕の人生上「最も尊敬する人物のひとり」であるところのひいばあちゃんと僕も血がつながっておらず、しかも、それを知ったのは、ここ最近のことです。

僕だけではありません。昭和3年生まれの叔母(この叔母とも血縁関係にはありません)。で、この叔母がつくづく、うちのひいばあちゃんを、ほんとうに自分のおばあちゃんなんだろうと、ずっとそう思っていたというのです。
うちの冠婚葬祭には、こんな人ばっかりが参加しています。誰とも血がつながってないに等しいような…でも、子どもの頃の僕は、どうして、うちには、こんなにたくさん伯父さん、伯母さんがいるんだろうと、そう思っていたくらいで、他人とは思ったこともないのです。

(でもベタベタはしてないな。永のご無沙汰な人は永のご無沙汰だし、何より社交辞令的な気遣いがないな)

ちなみに、うちのオヤジの病のためにとオフクロが電撃引っ越しをしたマンションの鍵を、前出の叔母はフツウに持っていて、たまに僕が顔を出すと、その叔母だけがいて、お茶を飲んでいたりもしました。で、僕も、お茶を入れてもらったりして、世間話をしたりしている…核家族的なところから考えると違和感のある構図ですが、僕には、ちっとも不思議ではありません。今は、しっかり非血縁だということを知っていますが、そういうことで、こういう関係は変わるもんではないのです。

あかの他人が夫婦になれるのだから、非血縁が家族になるのも可能なんじゃないか。「実際、うちはそうだし」と思います。

(ご町内の全ての人とも親戚ぐらいの距離感だったと思っています)

そして、こういう関係を産み出したのは、命の遣り取りであり、命の貸し借りです。叔父や叔母たちの話しを聞いているとそうです。たぶん、趣味のサークルとか、マンションの管理組合みたいなところからは、こういう関係は生まれません。
でも、幸か不幸か、わが国は、また「命の貸し借り」をしなければ生きていけないような状態になってきました。少なくとも、高度成長期から80年代末のバブルの頃までは、そうしたことをしなくても生きていけたので、わが家のような非血縁家族は生まれなくなったし、廃れてしまったのでしょう。でも時代の状況としては、また、それが必要されるような感じになってきています。

一端、止めちゃいましたから、スーっとはいかないでしょう。でも、再び、そうなることは不可能ではありません。

僕にとっては全て手探りですが、ひいばあちゃんだって、そうだったはずです。
明治の末に女だてらにヨコハマで一人。教科書なんてなかったはずですから。

みんなが中流

安倍さんの経済政策をその気にしちゃう人と、そうでない人。
振り込め詐欺の被害に遭う人と、そうでない人。

そんなことでも二極化は進んでいくんでしょうね。

お役所を信じ、会社を信じていれば「みんなが中流」といった時代は終わりです。

四代の物語

平岡家は今でいう加古川市の在…粗末な家に住む貧農だったそうです。
平岡公威、後の三島由紀夫さんの曾祖父=太吉の代になって、彼が禁猟になっていた鶴を射たことから「所払い」になり(つまり、江戸時代の話です)、彼は塩田の人夫になります。そして苦労の末、貸金業で成功する。でも、まぁやっぱり、あこぎな金貸しだったようです。

彼の息子=三島氏の祖父=定太郎は、父上の資金力もあって、今の神戸大学、二松学舎、早稲田大学、東京大学と勉強を重ねてキャリア官僚として内務省に入省します。
これは僕の推測ですが、彼が加古川を離れ、最終的に東京の役所を目指したのは、父親=太吉には「いんぎんな金貸し」というイメージが定着していたということに拠るのではないかと思っています。やっぱり居ずらかったんでしょう…お役人を目指したのも、そうした世間の目があって「公」な出世が欲しかったんだと思います。武家から妻を迎えていることからも、そうした上昇志向が見て取れるように思います。

いずれにせよ、定太郎さんは福島県知事から樺太庁長官になります。しかし、政界がらみというか、政友会のために金をつくってやろうとして無罪にはなったけれど、汚職の嫌疑をかけられ、長官を辞職していますし、当時の中国大陸でアヘンの売買に手を出していたという話しもあります(これも政友会の資金づくりのために)。

そして定太郎の息子、三島さんの父上である梓は、開成中学、二浪して一高から東大。キャリア官僚になりますが、希望の大蔵省に入れなかったせいか「仕事熱心でないこと」で有名だったようです。ただ、息子を官僚にすることには熱心で、文学部志望だった三島氏を法学部志望に変えさせ、実際、彼を大蔵官僚にしまします(もちろん、キャリア)。

この四代の物語をどう読みましょう。

きょうの「ゴロウ・デラックス」(TBSテレビ)でも、ゲストの岩下尚史さんと稲垣さんが三島文学のテーマは、常に「死であった」と語っていらっしゃいました。三島から数えて4代前の太吉は何を思って金貸しになったのか。祖父=定太郎氏は、キャリア官僚なのに、なぜ、危ない橋を渡ってまで政党に資金を提供しようとしたのか。三島氏の父上は、なぜ虚弱な三島氏を無理に大蔵官僚にしようとしたのか…

全ては、太吉が鶴を射なければ、
そして加古川の「世間」が彼を所払いにしなければ、始まらなかった物語なのかもしれません。

僕らは三島由紀夫さんから大きな所産を与えてもらいましたが、彼は幸せだったのかな。

(彼の父上もおじいちゃんも、ひいおじいちゃんも…)

きょうの「ゴロウ・デラックス」を観ながら、ふっと、そんなことを思いました。

そもそもは「ドラムは(電気楽器じゃないから)いいがエレキベースはダメ」という制約があった公立のホール(当時)との交渉役になったのが始まりでした。以来、もう30年近く、お役人とつきあってきて、たまには、まさに「公のため」に心血注いで働く、お役人の鑑のような人に出会うことがあります。でも、そういう人に限って役所の中では変わり者とされ、煙たがられています。つまり、お役所とはそういうところです。