不可分なものは不可分

ホントに一人の人格が就業時とプライベートをビシッと分けて生きていけるものなのか…
僕にはそのメカニズムがわからないんですね。たぶん、子どもの頃からそうです。

うちのオヤジは職人だったので、職人が映画を見て、職人が夕方の浅草をぶらぶらし、職人が仲間たちと旅行に行くという感じで、明らかに仕事とプライベートが不可分な感じでした。だから旅行とはいっても高原の空気を吸いましょうみたいなことはなく、神社仏閣の細工に感心し、子どもを連れて行くにも博物館です。仲間たちとの温泉旅行も半分は色っぽくても半分は仕事の段取りについてのツメだったようですし、確かに仕事が中心にあっての人生でした。
でもオヤジは職人として街文化の一角を担っていることにプライドを持っていましたし、僕の映画や音楽の素養の最初は彼からのものです。だから、仕事中心とはいえ、決して無味乾燥した人生ではなかったと思っています。

同級生の会社員の息子たちには、こういうオヤジがワーカホリックみたいにいわれてたんですが、述べてきたように僕には「依存症」みたいには思えませんでした。むしろ、5時まで会社員でタイムカード押したとたんに業務とは縁もゆかりもない「私人」みたいなことが可能になる人の方が病気みたいに思えていましたし、その「私人」の部分もゴルフな人生で「人間関係が会社の中に閉じてる」分だけ異様なものに写っていました。

そして、お母さんは居住地域にいてお父さんの仕事を知らず、たぶん、お父さんの話を聞いたってチンプンカンプン(社内結婚でも当時の女性は本格的な業務からは蚊帳の外だったですからね)。これで、どうやっては夫婦が会話するんだろうと他人に家庭ながら心配になったものです。

つまり、僕は、かなり早い段階から高度成長期な「フツウ」に乗れなかったというわけです。

オヤジの家もオフクロの実家も、どっちも空襲の被害にあわず、戦前が冷凍保存されたような街でしたからね。そのレアさが災いした感じもありました。

でもまぁ、その災いも今は宝だし、54年生きてきて、やっぱりオヤジたちの方が正しい…というか。人間にとってオーガニックな気がしています。誰がどう見たって、貨車に詰め込まれて収容所に送られるように仕事に行くよりは、歩いてか、チャリンコ転がしてすぐの方がいいわけですからね。

職住一体か、近接の方がたぶん家庭も平和です。
そのうち、あの時代はいったい何だったんだろうっていうことになるんだと思います。

なかなか

集団の一員になっていなければ生きていけない時代が終わりゆくことに、僕は感謝しています。世間体を気にしなくてすみますからね。

ただ、そういう僕をして「ありのまま」には生きていけませんね…なかなか(笑)。

ありのまま

ふっと思ったんですが…

「Let it go,Let it go」の和訳がどこでどう「もういいの。ありのまま。」だったんでしょう。
歌詞全体を眺めてみると、オリジナルの歌詞と全く関係ないというわけでもなさそうで、なんかちょっと面妖です。

でも共感を呼んだのは、確かに「ありのまま」という言葉だったんだと思います。
あの映画に描かれた気分を「ありのまま」に集約して
見る人の腑に落ちるようにしたというか…

そこの部分を探り当てての確信犯的「ありのまま」だったら、凄いなとは思います。

(きょうも、この歌を口ずさんでいるお子さんに出会いました)

それぞれの戦後

うすうす分かってはいたけれど、僕は、かなりの少数派。特に、ヨコハマに旧いヨコハマ村の住人たちとは全然合わない。サラリーマンの悲哀もわからないし、PTA的なコミュニティの作法についていく、その苦労も判らない。そして、こちらの価値観は判ってもらえない…

これが僕の敗北感かな。アメリカには勝てないっていう感じの。

(だから決して唯我独尊な感じじゃないんです。だって「負け」から始まってるわけですからね)

そこから自分を見つめ直して、デザイン変更をし「戦後」を歩いている感じ。

見つめ直せば、みなさんにも、きっと、それぞれの戦後があるはずですよ。

実像は「野暮ったい」

確かに安井かずみさんはヨコハマ生まれでフェリス女学院の出身ですが、1950年代末か、60年代の初めに加賀まりこさんとサンモリッツに気まぐれ旅行に出てしまう彼女は、東京の人がつくった「エキゾチック・ヨコハマ」というフィクションの中に生まれ、フィクションの中に育っていた方なんだと思います。

(ヨコハマは彼女の父上の赴任先みたいなもんでしたし…)

リアルなヨコハマ都心部の住民にサンモリッツはないな。サンモリッツがどこにあるんだかもわからんでしょう。
港ヨコハマなヨコハマ人はもっとね、野暮ったいんです。

だからヨコハマの人がヨコハマという景観やイメージを背景にイベントやっちゃうとギャップが激しい…ハイカルチャーな感じは絶対に出てきませんからね。
そして、ヨコハマ人のつくるイベントには都会キャリアの浅いヨコハマ人だけが集まってくるだけで、東京では話題にならない…。「水曜どうでしょう」を生み出せる札幌。妖怪ウォッチを生んだ福岡。ユニクロ、ベネッセな岡山県とはとはちょっと違うわけです。

横山剣さんが一身に後衛を担ってくれていますが、昔は伝統のない街ならではの野暮ったさに胸を張っちゃう文化も元気だったんです。でも1980年代に「ハマトラ」が流行ってからは、逆に「自分たちをしてハイカルチャー」だという勘違いも始まっちゃって、身に余るハイカルチャーに自分たちを見失って今がある感じがあります。
そして「ヨコハマ・オリジナル」な流行現象がつくれなくなった…お茶の作法といっしょでロウがハイカルチャーを志向すると、何事も「真似」になっちゃいますからね。

ただ、市役所筋やヨコハマトラディショナルを気取る経営者たちとは関係のないところで、若者たちがハイカルチャーな気負いのないお店なんかを始めてくれていて、ちょっとうれしい誤算もあります。インフレに呑まれて老舗連中の勢いがなくなり、市役所が高齢者福祉にかかりきりになれば、ちょっと面白くなるかもしれません。

なにやら面妖な期待感の持ち方ですが
でもね。僕はちょっと期待しています。

民間企業の商品

ふっと省みると、前の大戦時に活躍した海軍の兵器の多くが三菱製です。大和や武蔵、鳥海などの重巡洋艦をはじめ名だたる軍艦、ゼロ戦、一式陸攻などの航空兵力も、その多くが三菱製です。
戦後の自衛隊が主力にしている戦車も、戦後初めて製作された61式から74式、90式など、たいていが三菱重工製。護衛艦もアメリカか軍からの貸与艦、購入艦を除けば、昨年(2014年)3月に就役した「すずつき」など、たいていが三菱重工製。潜水艦も半数以上が三菱重工製です。

(潜水艦といえば、現在は川崎重工製のものも多数ありますが、彼らも陸軍の「飛燕」という戦闘機をつくっていた川崎飛行機の流れをくむメーカーです)

子どもの頃は各国がお互い疑心暗鬼に陥っていて、それで兵器開発競争が終わらないのかと思っていました。でも、それよりも誰かが「敵が攻めてくるかも」というストーリーを描き、国民とは離れたところにある政府首脳が、お互いに領海侵犯をしてみたりしつつ、そのストーリーにリアリティを持たせながら、防衛予算という旨味のある予算を確保し続けている…そう考えた方がツジツマが合うような気がするなと思うようになりました。

たぶん、戦争の放棄を明記した憲法(第9条だけで第2章を構成しています)を持ちながらも、戦前からの兵器製造技術を継承し、発展させてきた…しかも解体したはずの財閥の系譜にそれを残したというのが、何よりの証拠のように思います。

召集された兵士が乗って戦う兵器は「民間企業の商品」です。彼らが国に殉じて利益を譲歩したなどという話は聞いたことがありません。