資 格

国家というか、正確には政府。そうしたものへの信頼がゆらげば、国家資格の信頼もゆらぐというものです。
歯医者さんだというだけでは喰える時代ではないといわれて久しいのがいい証拠でしょう。

国家資格より「腕」…

そして、今や「歯医者さん コンビニより多い」というのが現状。厚労省の調べで、歯医者さんの年間廃業数は全国で1600院程度。毎日5院ずつほどが廃業している計算です(2016年)。

歯医者さん、今は「粗製乱造」気味だったかなともいわれています。

もともと「業務独占資格(その資格を持っていないと、その業務に就けないもの)」「設置資格(その事業を行う際に、その企業や事業所に特定の資格保持者を必ず置かなければならない)」にも、例えば、法曹の司法書士、行政書士などのように、なぜ別々の資格になったのかの必然性があいまいで、資格を与えるお役所側の事情じゃないかと言われているものが少なくありません(分けといた方が、たくさんの「お役人が喰える」からという…)。

「法律上、資格がなくても業務を行うことができるが」って「但し書き」って何?って思いますが、名称だけの独占にとどまる「名称独占資格」という資格もあります。

(名称独占資格=介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、保健師、製菓衛生師、調理師、栄養士、管理栄養士、技術士、技能士、中小企業診断士、マンション管理士、土地区画整理士…などなど)

各省庁ごとに、なんだかわからない外郭団体をつくって果たして実効性があるんだかないんだか判らないような資格を、しかも近接して、乱発する…
あんまり専門的な判断力がなくても「資格」を頼りに依頼すれば安心というのが、利用者側から見た「資格」の最大のメリットだったはずなんですが、もともと、それは「薮の中」にあったという…

まぁ、こういう面でも、自分の判断力だけが頼りなのでしょう。

リアルに歯を治すのが上手くて、費用的にもリーズナブルで 説明も上手いといった、そういう歯医者の先生を自分で探す…難しそうですが、そんな感じが今様なのかな。だったら資格を発行している役所や団体は何をしているの…という気もしますが。

(本格的に治療を要するようになっちゃう前に、歯垢除去なんかで「お試し」しつつ「探しておく」も手なんでしょう。ネットの情報はアテにならないのが世の常ですからね)

三色

次の時代になっていると社会が三色になってるんでしょうね。

ひとつは、エスタブリッシュな、絶対的なお金持ちたちの社会です。
全人口に対して、ほんの数パーセントいるかいないか。恐慌にいきあたって財産半減でもビクともしないお金持ちです。

次に彼らのための食品や生活道具、服飾などをつくりだす腕を持つ生産者や技能職。それに彼らの資産を運用のネタになる科学技術やアート、デザインに腕をふるったり、専門的なアイディアを供給するリチャード・フロリダ曰くのクリエイティブ・クラス。そして、その技能職やクリエイティブ・クラスの人々のための食品や生活用品を供給する生産者や工房な人々。この分野は世襲じゃないだけに勃興が効きそうですが、エスタブリッシュやクリエイティブな人たちに愛されるだけの「質(しつ)」をつくり出すには、つくる人にそれなりの生活文化を持ってることが要求されるものです。そうした生活文化を当代に実現するためには、そこに至る数代の努力が必要で、現実的には「天才の出現」以外、勃興は難しいというのが現実でしょう。

故に、このあたりの人々も人口全体の10パーセント程度で、そうそうは増えていかないのかなと思います。

(僕は、擬えれば、高校の野球部全体の中で、甲子園の決勝戦に残る高校くらいな感じがエスタブリッシュで、技能職やクリエイティブ・クラスの人々がベスト8か16か…っていう感じにイメージしています)

そして

80%を超える「ふつう」な人々はベーシック・インカムを主な収入源として暮らし、住居は自らがサンプルになることを前提に製薬会社など大手企業が無償提供するものに暮らす人も少なくないのでしょう。WiFiやスマホなども同様に無料。食料や菓子、酒類などは政府に拠る「配給」かな。教育や医療も、それなりに「公」が用意するのだと思います。

もちろん、100%の労働が無くなってしまうわけではないでしょうが、お金がなくても暮らしていける社会でお金儲けをしても仕方がないので、お金を稼ぐための労働というより、労働は「人助け」的なものになるでしょう。

ただ、徴兵付きかもしれません。もちろん、空爆などの対象にもなる…
今もそうですが、世の中「数でしかない人」には酷いものです。

産業革命の頃なら「数」にも値打ちがあって、故に労働運動が力を持ったわけですが、そのあたりはAIが電気代だけの無償労働で年中無休の24時間営業です。

エスタブリッシュな人たちの権益争いのための「人柱」になる…
それだけが「生かされている」意味になったりするのかもしれない。

労働から解放されても、バラ色の未来とはいかないようだし、
封建時代以上に「階級」は、もっとフィックスされちゃったものになっているのかもしれません。

所 以

なぜ、それは「いっぺんに来る」のか…

簡単です。止められないからです。あらゆる分野の どのレベルに働く人も わかっちゃいるけど、やめられない…

だから、ダメになるときは束なった太い縄がブツんと切れるようにゆく…

あの戦争も何度もやめるチャンスがあったのに、うちのオヤジたちの世代は男子の三人に一人が亡くなり、日本中の都市が人々の命ごと焼かれ、原子爆弾も投下された。外地からの引き上げにも筆舌に尽くし難い艱難辛苦。戦後の街に戦災孤児たちは溢れ、大陸にも戦争に罪なきたくさんの子どもたちが残された。

つまり、断末魔のような外的要因が「来る」までは わかっちゃいるけど、やめられない。

災禍は「いっぺんに来る」所以です。

僕が生きているうちに

空きビルで水耕栽培された野菜と、陸地で人工飼育された工業生産品のような魚、ブロイラーのような肉、農薬漬けの小麦などを食わされながら、娯楽な消費でまたお金を巻き上げられ、仕事もないからベイシック・インカムで生きていく。病気をすれば、今度は自分が工業生産品になったようにオートメーションな感じに処理(治療)されて、死んだら死んだで、まるで産業廃棄物を処理するように燃やされて、共同の墓地に投げこまれる…そのときは、当然「おひとりさま」で、葬式もナシ。

これから この国でごくごく平均的な所得階層の国民をやっていると、未来はこんな感じかな。

遠い将来の話ではなく、僕が生きているうちにそうなる…って、そんな感じ。

パンドラの匣を開けてしまったから

社会システムの利便性を向上させる…つまり僕らの都合に合わせて、さらに「苦労」を滅していくということですが、そういうことを私企業の努力に委ねると(行政が誘導するにしろ)たいていは「行き過ぎ」ということになるのが現状です。
何しろ、欲得づくの収益事業として、それを行うわけですから、大体は暴走…より収益が上がるなら株主はじめ資本家も納得でしょうし、逆に「公に準じて利益を譲歩」なんて彼らがそんな提案に納得するとは思えません。

繰り返しますが、つまり「行き過ぎ」になる可能性が高いわけです。

ご承知のように、政府にしろ、地方自治体にしろ、もう自主財源に乏しく借金だらけ。1990年代から「民間活力の活用=ミンカツ」の奨励という名目で、あらゆる分野の公共事業に「民間の収益事業」を呼び込んできました。

そして、現在は「人出不足を解消するため」の(仕事の)AI化、ロボット化が進んでいます。

無人のレジもすでに社会実験は終わっている段階です。ホテルのルームサービス・ロボも同様です。ホントに「不足を補うだけ」ならいいのですが、たぶん暴走します、行き過ぎてしまいます。

イベントの現場でも、借りてくるレンタル物品の値段より、予算を編成する人を悩ますのは「運んでくる人/設置したり撤去したりする人」の人件費です。飲食店でも、コンビニでも抱えている悩みは同様です。

与えられれば、現場は、喜んで「AI化、ロボット化」を受け入れるでしょう。

オックスフォード大学でAIの研究を行うマイケル・オズボーン准教授は、今後の10〜20年で、アメリカ合衆国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いと予測しました。その中には「銀行の融資担当者」も含まれますが、実際に、我が国の銀行大手も相次いで「店舗を減らす」「人員削減する」を発表しています。
僕らが、1秒間に500万局面を読む将棋AIに太刀打ちできるわけはありません。そして彼らは寝ないし、風邪もひかない。休みも要求しないし、電気しか食わないのです。

パンドラの匣を開けてしまったのかなぁと思います。

オズボーン准教授ではないけれど、マニュアル・レーバーやそれに近い仕事を「憶えて、慣れる」という働き方の命は、あと10〜20年と思った方がいいのでしょう。
一方、医療の分野は、大手を振って税金を投入することができるのだから、いたずらに寿命は伸びて「人生=100年」時代です。例えば僕は、今、50歳代の半ばですから、あと10〜20年といっても60歳代〜70歳代です。脳出血のキャリアですが、あと数年で脳出血では死ねなくなると言われています。

障害の残るジジイになって、それから露頭に迷うのは、どう考えても大変です。貯金や資産はインフレで、貯めておいても目減りです。僕ごときがどうあがいても足りないでしょう。

さて…

とにかく考えるしかありません。これからに役立ちそうな資格を探してきて試験勉強をするのではなく、考えるのです。

それしかない。

型通りに店舗を構えてもダメでしょう。お客さんになってくれそうな人をして収入がないかもしれませんからね。

…八方塞がり。

でも、ダーウインの進化論がいう「適応」とはここからなんでしょう。鳥になれた恐竜だけが生き残れた所以です。

そんなに時間はありません

お金に働いてもらって、それだけで食っていけるほどの資産を持っているわけでもない僕らは、つまり「働く」しか能が無いわけです。喰っていくための最後の砦ともいえる。でも、その割には、その「働く」を甘くみていたし、手も抜いてきた…特に高度成長期な戦後日本しか知らない世代は「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とばかりに「楽して儲ける」を礼賛してきました。長い修行期間を経て、毎日が真剣勝負というような職種を選ぶ者が変わり者…「こつこつやる奴はごくろうさん。楽してもうけるスタイル」というわけです。

(20歳前後の世代には、見習うべき真面目な若者も少数ながら顕在化しているように思いますが)

一方、僕らは消費者としても「楽してもうけるスタイル」。要求は厳して365日、24時間で、安く、できるだけいいモノを、と要求し続ける。そして、その風潮の向こう側にあったのが「AI化」でした。

コンピュータに制御されたロボットなら、365日、24時間、風邪も引かずに働き続けます。汎用できれば設備投資も、それなりに廉価。いくつもの職種が職種ごと抹殺されてしまうのでしょう。全就業者が資産家の執事やメイドなどのサービス業種に就けるわけでもなく

資産もないのに、僕らは近く「働く」を失ってしまうのかもしれません。

ベーシックインカムの必要性って、国民の大半に生活保護が必要だっていうことなのかも。

初号機「みちびき」に加え来年には4機で準天頂衛星が運用されるとGPSの精度は誤差6cm。第5世代移動通信システムが普及すれば、間断ない大容量の通信が可能になり、これで自動車運転の無人化や農業機械や建築・土木な重機の無人化が可能になります。

そんなに時間はありません。

でも、あいかわらず制度設計は人間と人間が話しあいながらやっているわけですから、従前の時間はかかる…

公的なケアは間に合わないでしょう。やっぱり「備え」はセルフ・サービスなようです。

根 治

根治…辞書には「病気・悪弊などが根本から完全に治ること。また,治すこと」と語釈されています。

当然のことながら、僕が病を得たら、お医者さんには「根治」を望みます。少なくとも、その姿勢を持つことを望みます。でも、最初から「根治」を目指さず、自分に無理せず、できる範囲内で「いかにもやった」ように仕事をすることも可能です。お医者さんに限らず、そうです。

むしろ、それが一般的な就業姿勢のスタンダードかな。「根治」を目指したら、かつての「踊る大捜査線」の青島刑事のように煙たがられるのがオチでしょう。「お前、熱過ぎ」などと言われて職場では村八分というわけです。

そして、生活の力点は趣味やアフター5の時間にかかっている。わが国が労働生産性の低さは先進国中でもワーストな感じである所以です。でも、組織や集団に働いていれば匿名性な森に隠れていればいい。誰が犯人だか、犯人がいるのかさえわからない…

ただね。

だからこそ、企業はAI化を急ぐわけです。労働生産性が低ければ、株主にはせっつかれるし、大義名分も立ちやすい。

とはいえ、遅くとも現在50歳代も半ばの僕が10代の頃から周囲の風潮はこうでしたからね。「だるいよ」「かったるいよ」で、集団的なサボタージュが就業者のレギュラーです。

むしろ、AI化をもっと急いで、ベイシック・インカムの実現を目指した方がいいのかもしれません。

(「趣味」を収入に結びつける道も、もっと広範な参加が可能になるように工夫した方がいいですが、こちらは「千三つ」ですからね)

いずれにせよ。「前の時代」は爛熟期を過ぎて腐りかけているのは事実でしょう。

少数の自ら開拓できる人は別にして、大半の人たちは、誰が「次」を指し示してくれるまで「ジリ貧」の中を座って待っているのだと思います。

この国も、アメリカ合衆国のことを笑っていられる状況じゃぁありませんからね。

あの日に

市や高々九年しか勤めない余所住まいの教員組織に、何十年間も住民に強い愛着を与え続けた建物の改築を決める権限が生じるのか、私には理解できない。
〈中 略〉
震災で圧死した妹の棺が一週間安置されていた部屋がどう改築されたのか、改築後の校舎を再訪してみる勇気が私にはない。

松原隆一郎さんの著作「失われた景観 戦後日本が築いたもの」の「あとがき」に書かれていた、このふたつのフレーズが
ぐさりと刺さりました。つまり、紹介させていただいた短文は、圧死された妹さんの亡骸が安置されていた学校の校舎が取り壊されて、改築されるということに関しての松原さんの思いを語られたものです。

表題が示すとおり、日本の景観政策についての苦言と提言がいくつか掲げられている本ですし、そういった意味でもたいへん貴重な本なんですが、僕にとっては「あとがき」の印象があまりにも強く…
「高々(たかだか)九年」とおっしゃってしまう著者の気持ちも、また「余所(よそ)住まい」とわざわざ「余所」と表記されるところなども

察して余りあるというか…案外、こういうことについて他人事(ひとごと)なのではないかと
少し申し訳ない気分になりました。

妹さんはあの日にいた。そんな神戸出身の方の本です。

松原隆一郎 著 「失われた景観 戦後日本が築いたもの」
PHP研究所 刊(PHP新書)

2002年の11月の発売ですからブックオフとかを探していただいた方がいいかもしれません。