ポイントが貯まる

企業通貨…文字通り「企業が発行するお金」です。おなじみの「カードのポイント」も実は企業通貨の一種です。もちろん国家の中央銀行の管理下にあるお金ではありません。でも、僕は溜まったポイントで(日本で言えば)「円」と同じように買い物をすることができます(使える範囲は限られているとしても)。コンビニでは日本円と同じように雑誌を買うこともできます(オリジナル・ブランドの食品だけでなく)。

収益の社内留保に熱心で、しかもグローバルな多国籍企業ともなると、資金力は小さな発展途上国を上回る…もちろん金融的な信用力も有ります。こうした企業がいくつか組んで、本格的に「通貨」に乗り出したらどうなるのか…

サミットな感じに先進国の政府が集まって話し合いをしても、彼らは「円」や「ドル」のように企業通貨の発行をコントロールすることに権利を持ちません。よくいって「みんなでお願いしにいこう」の立場になってしまうというわけです。

たいへんそうだな と思います。

でも、多くの人が「ポイント」を貯めるのに熱心で「ポイント」で買い物ができれば「得した」と思うなら、企業の思惑どり。政府が経済をコントロールすることができない時代は、もう始まっているし、その原動力になっているのは「僕ら」ということになります。

さて…

通貨を発揮できるくらいの収益を上げた企業が、福祉的な分野にどれほどのお金を使ってくれるのでしょう。もちろん、収益事業としての「福祉」なら、大いにやってくれるのでしょうが、庶民にそうした事業の利用ができるかどうか。

ただし、これから「ポイント使わない」を始めても、たぶん間に合わないでしょう。できることは、セルフで「老後など」の福祉をどう実現していくかを工夫し具体化しておくこと。貯金しておいてもインフレで吹っ飛ぶ可能性のが高いですから、それも「お金に拠らず」。かなり難しいですけどね。

ただ、国民皆年金・皆保険前の時代の街場では「みんながそうしていた」という方法はあります。
僕らがすっかり忘れてしまっているだけでね。

パンドラの匣を開けてしまったから

社会システムの利便性を向上させる…つまり僕らの都合に合わせて、さらに「苦労」を滅していくということですが、そういうことを私企業の努力に委ねると(行政が誘導するにしろ)たいていは「行き過ぎ」ということになるのが現状です。
何しろ、欲得づくの収益事業として、それを行うわけですから、大体は暴走…より収益が上がるなら株主はじめ資本家も納得でしょうし、逆に「公に準じて利益を譲歩」なんて彼らがそんな提案に納得するとは思えません。

繰り返しますが、つまり「行き過ぎ」になる可能性が高いわけです。

ご承知のように、政府にしろ、地方自治体にしろ、もう自主財源に乏しく借金だらけ。1990年代から「民間活力の活用=ミンカツ」の奨励という名目で、あらゆる分野の公共事業に「民間の収益事業」を呼び込んできました。

そして、現在は「人出不足を解消するため」の(仕事の)AI化、ロボット化が進んでいます。

無人のレジもすでに社会実験は終わっている段階です。ホテルのルームサービス・ロボも同様です。ホントに「不足を補うだけ」ならいいのですが、たぶん暴走します、行き過ぎてしまいます。

イベントの現場でも、借りてくるレンタル物品の値段より、予算を編成する人を悩ますのは「運んでくる人/設置したり撤去したりする人」の人件費です。飲食店でも、コンビニでも抱えている悩みは同様です。

与えられれば、現場は、喜んで「AI化、ロボット化」を受け入れるでしょう。

オックスフォード大学でAIの研究を行うマイケル・オズボーン准教授は、今後の10〜20年で、アメリカ合衆国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いと予測しました。その中には「銀行の融資担当者」も含まれますが、実際に、我が国の銀行大手も相次いで「店舗を減らす」「人員削減する」を発表しています。
1秒間に500万局面を読む将棋AIに僕らが太刀打ちできるわけはありません。そして彼らは寝ないし、風邪もひかない。休みも要求しないし、電気しか食わないのです。

パンドラの匣を開けてしまったのかなぁと思います。

オズボーン准教授ではないけれど、マニュアル・レーバーやそれに近い仕事を「憶えて、慣れる」という働き方の命は、あと10〜20年と思った方がいいのでしょう。
一方、医療の分野は、大手を振って税金を投入することができるのだから、いたずらに寿命は伸びて「人生=100年」時代です。例えば僕は、今、50歳代の半ばですから、あと10〜20年といっても60歳代〜70歳代です。脳出血のキャリアですが、あと数年で脳出血では死ねなくなると言われています。

障害の残るジジイになって、それから露頭に迷うのは、どう考えても大変です。貯金や資産はインフレで、貯めておいても目減りです。僕ごときがどうあがいても足りないでしょう。

さて…

とにかく考えるしかありません。これからに役立ちそうな資格を探してきて試験勉強をするのではなく、考えるのです。

それしかない。

型通りに店舗を構えてもダメでしょう。お客さんになってくれそうな人をして収入がないかもしれませんからね。

…八方塞がり。

でも、ダーウインの進化論がいう「適応」とはここからなんでしょう。鳥になれた恐竜だけが生き残れた所以です。

「画一化」の時代から「多様性」の時代へ

学校教育というプロパガンダのせいかもしれまでんが、工業化な時代に育った世代は、自らも進んで「みんな」に倣おうとしてきました。みんなが聖子ちゃんカットなら私も聖子ちゃんカット。(僕らより)少し上の世代で、これがミニスカートになり、少し下の世代でスーパーカー消しゴムやキン消しになるといった具合です。つまり、仕事も娯楽も「与えられた選択肢」の中から選ぶものだし、その「選ぶ」も自分の欲求に忠実であるより「周囲を見回して」のもの…そんな感じでした。

それだからでしょう。「仲間を増やせるヒト」「多くの人を先導できる人」はピカピカで、右翼であろうと、左翼であろうと、味方の数を増やすこと=多数派になるために力を発揮できる人こそがヒーローでした。一人一人の個性より「群」の規模を大きくできる人。「従わせる」ことが上手い人が評価されてきたわけです。

集団的な農業も、大規模な工業生産も、あるいは組織的なサービスの提供も、全ては「みんな」が均質に息を合わせて労働するか否かで、その生産性に大きな違いが出てくるものです。故にみんなが揃って働く姿は「美」でもありました

(故に、仲間に過度の同質化を求めて、ちょっとした差異が認められなくて離合集散を繰り返してもきました)

ところが、不眠不休なシンクロニシティにかけてはAIとロボットに、我々、人間は敵うわけがない。労働時間の長さ、それを維持するために必要なコスト、仕事の精度…どれをとっても勝負にならない。そして、人間に残される仕事は「新しい知価(情報)を創造すること」「高次な交渉」「AIを凌駕するほどの手業」などで、いずれも「集団的な生産」態勢自体が非効率で、個性が戦力になる分野でもあるわけです。

つまり、「従わせる」ことが上手い人、特にマスな人数を「従わせる」ことが上手い人が評価される時代は終わっていくのだと思います。

これからは、多様な人々のそれぞれに深呼吸できるような環境と時間をそれぞれにメイキングできる…編集者か、キュレーターみたいな人がピカピカになっていくのでしょう。あるいは、それぞれに光っちゃえば、あとは受けての判断ということになるのかもしれません。

アジテーターやオルグな人が活躍した時代の終わりです。

そんなに時間はありません

お金に働いてもらって、それだけで食っていけるほどの資産を持っているわけでもない僕らは、つまり「働く」しか能が無いわけです。喰っていくための最後の砦ともいえる。でも、その割には、その「働く」を甘くみていたし、手も抜いてきた…特に高度成長期な戦後日本しか知らない世代は「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とばかりに「楽して儲ける」を礼賛してきました。長い修行期間を経て、毎日が真剣勝負というような職種を選ぶ者が変わり者…「こつこつやる奴はごくろうさん。楽してもうけるスタイル」というわけです。

(20歳前後の世代には、見習うべき真面目な若者も少数ながら顕在化しているように思いますが)

一方、僕らは消費者としても「楽してもうけるスタイル」。要求は厳して365日、24時間で、安く、できるだけいいモノを、と要求し続ける。そして、その風潮の向こう側にあったのが「AI化」でした。

コンピュータに制御されたロボットなら、365日、24時間、風邪も引かずに働き続けます。汎用できれば設備投資も、それなりに廉価。いくつもの職種が職種ごと抹殺されてしまうのでしょう。全就業者が資産家の執事やメイドなどのサービス業種に就けるわけでもなく

資産もないのに、僕らは近く「働く」を失ってしまうのかもしれません。

ベーシックインカムの必要性って、国民の大半に生活保護が必要だっていうことなのかも。

初号機「みちびき」に加え来年には4機で準天頂衛星が運用されるとGPSの精度は誤差6cm。第5世代移動通信システムが普及すれば、間断ない大容量の通信が可能になり、これで自動車運転の無人化や農業機械や建築・土木な重機の無人化が可能になります。

そんなに時間はありません。

でも、あいかわらず制度設計は人間と人間が話しあいながらやっているわけですから、従前の時間はかかる…

公的なケアは間に合わないでしょう。やっぱり「備え」はセルフ・サービスなようです。

左脳的な理論だけで

スージー鈴木さんの著作「1984年の歌謡曲」に、作詞家の康珍化さんをアナライズして以下のような一節があります。

この人、比較的芸風が広い人だとは思うが、ここで注目したいのは、当時のいくつかの作品タイトルに表れた、独特のセンスである。『悲しみがとまらない』(杏里)、『まっ赤な女の子』『艶姿ナミダ娘』『渚のはいから人魚』『ヤマトナデシコ七変化』(以上、小泉今日子)、そして、杉山清貴&オメガトライブの『君のハートはマリンブルー』、『サイレンスがいっぱい』『ガラスのPALM TREE』。
この独特な言語感覚を説明するのは難しいが、あえて言えば「コピーライター的言語感覚」とでもいうべきか。例えば「悲しみ」という抽象名詞に「とまらない」を付けるなど、文字面に積極的な意味は無いが、でも何となくイメージがふわっと湧き立つ感じのタイトル。この感覚は、「不思議、大好き。」「おいしい生活。」など、当時全盛を極めていた糸井重里のコピーと共通するものである。『君のハートはマリンブルー』も、イメージは分かるけれど、よく考えると、意味はつかみきれない。

引用部分の最後の「イメージは分かるけれど、よく考えると、意味はつかみきれない。」は、つまり「右脳にはよく伝わってくるが、左脳的な理論としては説明がついていない」ということなんだと思います。

…左脳的に説明のつくことが全てではない。そして「右脳」にこそ響くメッセージは実在する。

僕は、このことを無視して、左脳的な理論だけで造ってしまったのが、あの、どこかに寂しさを抱え続ける「再開発の街」なのではないかと思っています。

あたたかみは右脳側で感じるんでしょうね。でも、つい最近まで(いや、今も)左脳的な理論で説明がつけば、それが全てだと思ってしまっている。「まちづくり」といえば「建築」という理系の仕事という考え方も、そういったことから派生したものでしょう。

ただ、そういう時代も、もうそろそろ終わりかな。

「左脳だけが全てじゃない」って認識が一般的になりつつあるわけですからね。

新しいブログに

やっぱり、写真と文章のブログは分けた方が見やすいのかなと思って、写真だけ新しいブログに移しました(「街」がらみを中心に文章の投稿も少しだけ移しました)。

これから、写真についてはそちらで更新していこうと思っています。

よろしくお願いします。

新しいブログ タイトル: 散歩派 「ぼっち」の愉しみ/孤独の悦楽

URL   https://towniewalkersite.wordpress.com/

根 治

根治…辞書には「病気・悪弊などが根本から完全に治ること。また,治すこと」と語釈されています。

当然のことながら、僕が病を得たら、お医者さんには「根治」を望みます。少なくとも、その姿勢を持つことを望みます。でも、最初から「根治」を目指さず、自分に無理せず、できる範囲内で「いかにもやった」ように仕事をすることも可能です。お医者さんに限らず、そうです。

むしろ、それが一般的な就業姿勢のスタンダードかな。「根治」を目指したら、かつての「踊る大捜査線」の青島刑事のように煙たがられるのがオチでしょう。「お前、熱過ぎ」などと言われて職場では村八分というわけです。

そして、生活の力点は趣味やアフター5の時間にかかっている。わが国が労働生産性の低さは先進国中でもワーストな感じである所以です。でも、組織や集団に働いていれば匿名性な森に隠れていればいい。誰が犯人だか、犯人がいるのかさえわからない…

ただね。

だからこそ、企業はAI化を急ぐわけです。労働生産性が低ければ、株主にはせっつかれるし、大義名分も立ちやすい。

とはいえ、遅くとも現在50歳代も半ばの僕が10代の頃から周囲の風潮はこうでしたからね。「だるいよ」「かったるいよ」で、集団的なサボタージュが就業者のレギュラーです。

むしろ、AI化をもっと急いで、ベイシック・インカムの実現を目指した方がいいのかもしれません。

(「趣味」を収入に結びつける道も、もっと広範な参加が可能になるように工夫した方がいいですが、こちらは「千三つ」ですからね)

いずれにせよ。「前の時代」は爛熟期を過ぎて腐りかけているのは事実でしょう。

少数の自ら開拓できる人は別にして、大半の人たちは、誰が「次」を指し示してくれるまで「ジリ貧」の中を座って待っているのだと思います。

この国も、アメリカ合衆国のことを笑っていられる状況じゃぁありませんからね。

政 商

政商(せいしょう)…
辞書には「政府や政治家と結びつき,特権的な利益を得ている商人」と語釈されています。

三菱という企業体を創始した岩崎弥太郎という人はまさに「政商」というイメージにぴったりの人です。まず、彼は、明治の新政府が紙幣貨幣全国統一化に乗り出し、江戸時代に各藩が発行していた藩札を買い上げるということを政府の役人から聞いて知って、当時、すでに紙くず同然の扱いを受けていた藩札を二束三文で大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得る…彼はそういう人です。
もちろん、西南戦争でも大儲けしたし、前の大戦でも戦艦武蔵や零戦、雷電など多くの兵器が「三菱製」であることも偶然ではないでしょう。彼らは庶民の支払った税金をかすめ取るように大きな利益を上げ、また庶民の死をもろともしない武器商人として今日の地位を築いてきました。

これはまぎれもない事実です。

小学校から大学までを、三菱財閥の4代目総帥である岩崎小弥太が創立に尽力した成蹊学園で育った安倍さんが権力の中枢に近づくと、全国の高速道路にETCが整備され、そのシステムは三菱重工な感じです。もちろん機器を煽って防衛予算も増額されていますし、東京駅の三菱開発側の「大手町・丸の内・有楽町地区特例容積率適用地区」として指定…というのも怪しい。これで本来の容積率という規制以上の高層ビルがつくれるわけですからね。で、安倍さんは日本橋を塞ぐ高速道路の地下化は止めてしまった…あっちは三井さんですからね。

今は「三菱」単独というより「看板だけは多様(だがやっぱりコングロマリット)」ですが「原発」も「ロケット」もそんな彼らの独壇場です。

僕は、このままいけば、税金は掠め取られた上に、命まで取られかねないと思っています。

だから、まだリベラあるには遠くても、まずは「三菱系」にご退場いただくことだと思っています。

たぶん、「三菱系」が退場になっても、過去5大会分の開催予算を上回るお金はオリンピックに浪費される…その状況に大きな変化はないのでしょう。でも兵器と原子力は「三菱系」の独壇場ですから、彼らの反対勢力が権力を握ることは悪いことではありません。

ウィンストン・チャーチル卿 曰くの

「選挙とは、今の世の中の現状でロクでもない候補者たちの中から、誰に税金を分配させたら、一番マシかを消去法で選ぶ行為のことだ。要するに、そもそも選挙とは忍耐である」

ということで…