後悔先に立たずという状況

外交は複数の人脈を複雑に使って行うもので、お偉いさんに直談判をすれば済む…というものではありません。つまり、プーチンさんやトランプさんとの個人的な親しさを強調して終わる安倍さんは、そういった外交が苦手なのでしょう(「ロン・康」外交はあくまでも表層上のパフォーマンスでした)。

そういったわけで、すでに、我が国は北方領土問題も拉致家族問題も自国で解決できない状態ですし、北海道ではもう中国資本に少なくとも東京ドーム15個ほどは土地をおさえられ、対馬では韓国の進出も許しています。北方領土には中国だけでなくドイツも経済進出を果たしています。北方領土を取り戻すのも難しい状況になっちゃっていますし、彼らにとっての「邦人保護」を名目にされた侵攻があったら、それをどう受け止めるのか。戦争では国際世論の中での孤立ということも考えられ、そうなれば前の大戦の二の舞です。

安倍さんたちは経済学も苦手です。GDPの80%以上にも当たる巨額で自国国債を買う日銀をそのままにし、貿易上での駆け引きも、まるで日大の危機管理のように、全てが後手に回っています。再開発だって、総量規制は効いていなくて、まぁ、雨後の筍のようです。まるで自ら主要都市に空襲をかけて各都市を焦土にしていっているようです。これから大量のゴーストタウンが生み出されます。

でも、安倍さんたちは、すでに政府の人事権を握って有能な官僚を外に追いやり、あまり有能ではない(宮台さん曰くの)ケツ舐め官僚しかいない状況です。これから起こることに、彼らが対応できるとは思えませんし、実際、今も無邪気に傷口を広げていっています。

(地方も地方です。官房長官の影響が強い自治体だと、政令級の大都市でも、フツウに大学の建築学科を卒業して二級建築士の資格もあやふやな人が都市計画担当の副市長だったりする…といった具合です)

ようやく「反攻」は始まりました。実は、豊かな語学力と人脈とを持つ河野太郎さん(彼のツイッターを覗いてみてください)と、外野に置かれていた外務官僚が最近になって活躍し始めているのも、その表れでしょうし、麻生さんというアイコンを使いものにならないくらいに痛め付けているのも、麻生派を一気に河野派にしてしまおうという意図のもとに行われていることなのかもしれません。野田さんもダイバー・シティと女性活躍を軸に動きを進めていらっしゃいますし、石破さんも閣外から始動しはじめています。

とはいえ、こと無きを得る…というわけにはいかないのが現実です。長期政権でしたから「覆水盆に返らず」ということも多いし、実際に働き改革は彼らの思うように成立してしまうのでしょうし、近く訪れるだろう経済的な災禍は決定的なAI化と、それに伴う深刻な職場不足を産み、高齢者の福祉的・医療的なケアは薄く、各家庭は、こうしたことにも悩まされるのでしょう。

まさに後悔先に立たずという状況を経験して、僕らは次の時代の黎明を迎えます。

今からできることは「後悔先に立たずという状況」をいかに短くするか…そのために何ができるか。

一生懸命、考えて 実際に行動してみましょう。ここが踏ん張りどころです。

事は始まってしまっているが

これまで、現在の状況を前の大戦時に準えて、今はすでに対米開戦後の状況で負けが込み、いつ空襲が始まるのか…という状況だと思ってきました。

でも、違うな… つい最近、そう思うようになりました。

確かに、多くの専門家が指摘するように「今は昭和初期、戦前の状況」と準えるのが妥当なのかもしれません。つまり、当時、祝い事のように喧伝された「真珠湾攻撃」を2020年の東京オリンピックに重ね、数年後、各地で都市再開発事業が失敗し、周辺地域を巻き込んで各都市の中心市街をゴースト・タウン化させ、AIの汎用化によって多くの人々の就業がおぼつかなくなり、団塊の世代は後期高齢化に達し、公的な財政状況は切迫し、高齢者だけではなく子育て世代などへの公的支援もままならないといった状況が、この国に蔓延する… そのあたりを「昭和20年」と考えた方が現状にリアルだと思うようになったのです。

しかしながら、事は始まってしまっていることには変わりがありません。かつての昭和初期を「戦前」と称するように、今、この国は「災禍」に向けて走り始めてしまっています。

できることは「昭和20年」当時に比較すれば、早く「次の時代」を始めること。そのために「公的にできること」を探し、自分のダメージを低減させるために相応の準備をすることでしょう。「昭和20年」当時も早期に「戦後」は始まったのかもしれませんが、それは「Occupied Japan」としての始動であり、その分、現在に至る隷属を強いられている部分もあります。

決して楽観視できる状況ではありませんが、二度めの「戦前」は、「一度め」の経験を踏まえて修正を加えられている「戦前」のようにも思えます。SNSなど、当時にはなかった味方もいます(敵かもしれませんが)。

いずれにせよ。「災禍」に備え「災禍」を早く終わらせることでしょう。

個人力が試されます。

評論家

例えば「ポピュラー音楽の評論家」とか…

1961年生まれの僕が若い頃に活躍していた「評論家」って職種の人たちは、「知らないデータ」を教えてくれる専門職っていうイメージが強かったなぁ。「今、ウエスト・コーストで注目の新人は誰」とか。「このアルバムには〇〇ってアーティストがコーラスで参加している」とか。でも、今になってみると、肝心の「楽曲の素晴らしさ」の部分については、思い切り「主観的な感想」で、論拠は「自分の感性」みたいな感じ…

こういう感じが、今はどんどん変わっていっているんでしょう。データの部分は検索エンジンにかなわないわけだし…

「論拠は自分の感性」で済んでたのは、「みんな」についていかなきゃとか、「みんな」に先駆けてトレンドをキャッチ・アップみたいな消費者のニーズがあった時代だったから。それ故に「教科書(テキスト)」に見立てることができた「評論家=権威」が成立した時代の賜物なんでしょう。

(今でも「あこがれや崇拝の的となるもの、こと」を「ファッション・アイコン」「時代のアイコンとなる」なんていいますが、あの頃の「評論家」さんは、これより「先生」感が強い…だから「教科書(テキスト)」)

「私以外私じゃない」が露わになっていく時代には「論拠=自分の感性」じゃ弱いんでしょう。「そりゃ、あんたは好きだっていうのかもしれないけれど」なんて言われちゃいそうですしね。

そもそも「今、ウエスト・コーストで注目の新人」みたいなデータも必要とされなくなるんでしょう。
ただ、自分が、その時、欲しくなる楽曲かどうか…そういう意味では楽曲の背景にある理屈に詳しいより、ステキな時間をつくることができる「選曲家」の方がアイコンになるのかな。どうみても「先生」が必要とされる時代ではなさそうです。

もちろん、未だ「これまで」という時代にいて「みんな」と暮らしていこうとしている人については「従来どおり」だと思いますが…

資 格

国家というか、正確には政府。そうしたものへの信頼がゆらげば、国家資格の信頼もゆらぐというものです。
歯医者さんだというだけでは喰える時代ではないといわれて久しいのがいい証拠でしょう。

国家資格より「腕」…

そして、今や「歯医者さん コンビニより多い」というのが現状。厚労省の調べで、歯医者さんの年間廃業数は全国で1600院程度。毎日5院ずつほどが廃業している計算です(2016年)。

歯医者さん、今は「粗製乱造」気味だったかなともいわれています。

もともと「業務独占資格(その資格を持っていないと、その業務に就けないもの)」「設置資格(その事業を行う際に、その企業や事業所に特定の資格保持者を必ず置かなければならない)」にも、例えば、法曹の司法書士、行政書士などのように、なぜ別々の資格になったのかの必然性があいまいで、資格を与えるお役所側の事情じゃないかと言われているものが少なくありません(分けといた方が、たくさんの「お役人が喰える」からという…)。

「法律上、資格がなくても業務を行うことができるが」って「但し書き」って何?って思いますが、名称だけの独占にとどまる「名称独占資格」という資格もあります。

(名称独占資格=介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、保健師、製菓衛生師、調理師、栄養士、管理栄養士、技術士、技能士、中小企業診断士、マンション管理士、土地区画整理士…などなど)

各省庁ごとに、なんだかわからない外郭団体をつくって果たして実効性があるんだかないんだか判らないような資格を、しかも近接して、乱発する…
あんまり専門的な判断力がなくても「資格」を頼りに依頼すれば安心というのが、利用者側から見た「資格」の最大のメリットだったはずなんですが、もともと、それは「薮の中」にあったという…

まぁ、こういう面でも、自分の判断力だけが頼りなのでしょう。

リアルに歯を治すのが上手くて、費用的にもリーズナブルで 説明も上手いといった、そういう歯医者の先生を自分で探す…難しそうですが、そんな感じが今様なのかな。だったら資格を発行している役所や団体は何をしているの…という気もしますが。

(本格的に治療を要するようになっちゃう前に、歯垢除去なんかで「お試し」しつつ「探しておく」も手なんでしょう。ネットの情報はアテにならないのが世の常ですからね)

多数決

土建な工事、農作業までもがAIとロボット。軍事的な行動も、現場はロボットやドローン、つまり、兵士いらずな時代になると、集団生産な時代は完全に終わりになっていくのでしょう。

(シンクロする多数が生産の主体である時代は終わっていくわけです)

そうなると「質(しつ)」を問わない量的な「多数」に軍配をあげるような民主主義も大きく変化する…確かにヒトラーのような存在を誕生させるのが「量的な多数に軍配をあげるような民主主義」ともいえるし、トランプさんのような存在が、国内外に傷跡を残して「次」の時代へと導引していくのだろうと思います。

感情的で社会性のない大人たちはたくさんいます。それは工場労働などの集団生産の現場でシステムの部品になれれば、それ以外のことは知ったこっちゃないという「公」による教育のあり方にも大きな問題があったのでしょう(社会への適応力なく、よくまぁ、これでやってこれたなと思うお父さんたちがたくさんいます。故に、お父さんたちは家庭でも社会でも孤立的です)。

あの頃「武士」というものが階層ごと(短時間のうちに)滅んで、西南戦争を含むいくつかの「武士による反乱」が起こりました。しかし、戦闘のプロであったはずの彼らは、最新の武器で武装した素人(徴兵による)にあっけなく鎮圧されていきます。

これから同様のことが起こるのかもしれませんが、労働の質、生産性においてもAIにはかなわない。時代というのは非情なものです。

AIが主体の時代になれば、ストライキやサボタージュも効きません。暴動の鎮圧に出てくるのも生身の人間では無くなっていくのでしょう。ただ、安倍さんや麻生さん、トランプさんみたいな政治家も「多数決」に値打ちがなくなれば必要とされなくなるのかな。今も「お守役」みたいな人は苦労しているでしょうからね。

市井では「お金」の意味が変わり、多数決な民主主義のあり方、つまり、政治のあり方も変わっていく。「多数」に値打ちがなくなれば「お役所」のあり方だって変わっていくでしょう。
前の大戦の時は、戦争に負けても産業の形は集団生産を主体に継続していきましたが、今度は、そうしたところからして「大きな断層」…生半ではありません。

「マス」な集団生産な時代が終われば優秀な複写機なら食っていける時代も終わります。つまり「これまで」の経験が通用しないばかりか、そこから類推することもかなわなくなります。
確かに「あしたはあしたの風が吹く」なわけですが、あしたの風はとんでもない暴風である確率が高い…事実、1945(昭和20)年にはそういうことが起こったわけです。

誰だって、簡単に回答できないことに悩むのは気重ですが、干殺しに合うような事態だけは避けておきたいものです。
人間、とんでもなく醜いことをしてまで生き延びてしまうのが「性(さが)」なようですから(そうなると辛いですからね)今のうちに悩めるだけ悩んでおきましょう。

三色

次の時代になっていると社会が三色になってるんでしょうね。

ひとつは、エスタブリッシュな、絶対的なお金持ちたちの社会です。
全人口に対して、ほんの数パーセントいるかいないか。恐慌にいきあたって財産半減でもビクともしないお金持ちです。

次に彼らのための食品や生活道具、服飾などをつくりだす腕を持つ生産者や技能職。それに彼らの資産を運用のネタになる科学技術やアート、デザインに腕をふるったり、専門的なアイディアを供給するリチャード・フロリダ曰くのクリエイティブ・クラス。そして、その技能職やクリエイティブ・クラスの人々のための食品や生活用品を供給する生産者や工房な人々。この分野は世襲じゃないだけに勃興が効きそうですが、エスタブリッシュやクリエイティブな人たちに愛されるだけの「質(しつ)」をつくり出すには、つくる人にそれなりの生活文化を持ってることが要求されるものです。そうした生活文化を当代に実現するためには、そこに至る数代の努力が必要で、現実的には「天才の出現」以外、勃興は難しいというのが現実でしょう。

故に、このあたりの人々も人口全体の10パーセント程度で、そうそうは増えていかないのかなと思います。

(僕は、擬えれば、高校の野球部全体の中で、甲子園の決勝戦に残る高校くらいな感じがエスタブリッシュで、技能職やクリエイティブ・クラスの人々がベスト8か16か…っていう感じにイメージしています)

そして

80%を超える「ふつう」な人々はベーシック・インカムを主な収入源として暮らし、住居は自らがサンプルになることを前提に製薬会社など大手企業が無償提供するものに暮らす人も少なくないのでしょう。WiFiやスマホなども同様に無料。食料や菓子、酒類などは政府に拠る「配給」かな。教育や医療も、それなりに「公」が用意するのだと思います。

もちろん、100%の労働が無くなってしまうわけではないでしょうが、お金がなくても暮らしていける社会でお金儲けをしても仕方がないので、お金を稼ぐための労働というより、労働は「人助け」的なものになるでしょう。

ただ、徴兵付きかもしれません。もちろん、空爆などの対象にもなる…
今もそうですが、世の中「数でしかない人」には酷いものです。

産業革命の頃なら「数」にも値打ちがあって、故に労働運動が力を持ったわけですが、そのあたりはAIが電気代だけの無償労働で年中無休の24時間営業です。

エスタブリッシュな人たちの権益争いのための「人柱」になる…
それだけが「生かされている」意味になったりするのかもしれない。

労働から解放されても、バラ色の未来とはいかないようだし、
封建時代以上に「階級」は、もっとフィックスされちゃったものになっているのかもしれません。

とてつもなく「長い時間」

珈琲を飲みたい…
ストックがなければインスタントコーヒーを買ってくればよい。
凝ったとしても、せいぜい焙煎された豆を買ってきて
豆を挽いてドリップするくらい
そういう常識で暮らしていたら、珈琲を飲みたいなら、珈琲の樹から育てろと。

現在、僕らが「置かれている状況」っていうのはそんな感じです。
既製品を買ってくれば済むのと違って、樹から育てて収穫して、さらに加工したり、乾燥させる時間も必要なので「買ってくる」に比較すれば、とてつもなく「長い時間」が必要になります。

間に合わせるためには、一刻も早く「準備」を始めることです。

所 以

なぜ、それは「いっぺんに来る」のか…

簡単です。止められないからです。あらゆる分野の どのレベルに働く人も わかっちゃいるけど、やめられない…

だから、ダメになるときは束なった太い縄がブツんと切れるようにゆく…

あの戦争も何度もやめるチャンスがあったのに、うちのオヤジたちの世代は男子の三人に一人が亡くなり、日本中の都市が人々の命ごと焼かれ、原子爆弾も投下された。外地からの引き上げにも筆舌に尽くし難い艱難辛苦。戦後の街に戦災孤児たちは溢れ、大陸にも戦争に罪なきたくさんの子どもたちが残された。

つまり、断末魔のような外的要因が「来る」までは わかっちゃいるけど、やめられない。

災禍は「いっぺんに来る」所以です。