後悔先に立たずという状況

外交は複数の人脈を複雑に使って行うもので、お偉いさんに直談判をすれば済む…というものではありません。つまり、プーチンさんやトランプさんとの個人的な親しさを強調して終わる安倍さんは、そういった外交が苦手なのでしょう(「ロン・康」外交はあくまでも表層上のパフォーマンスでした)。

そういったわけで、すでに、我が国は北方領土問題も拉致家族問題も自国で解決できない状態ですし、北海道ではもう中国資本に少なくとも東京ドーム15個ほどは土地をおさえられ、対馬では韓国の進出も許しています。北方領土には中国だけでなくドイツも経済進出を果たしています。北方領土を取り戻すのも難しい状況になっちゃっていますし、彼らにとっての「邦人保護」を名目にされた侵攻があったら、それをどう受け止めるのか。戦争では国際世論の中での孤立ということも考えられ、そうなれば前の大戦の二の舞です。

安倍さんたちは経済学も苦手です。GDPの80%以上にも当たる巨額で自国国債を買う日銀をそのままにし、貿易上での駆け引きも、まるで日大の危機管理のように、全てが後手に回っています。再開発だって、総量規制は効いていなくて、まぁ、雨後の筍のようです。まるで自ら主要都市に空襲をかけて各都市を焦土にしていっているようです。これから大量のゴーストタウンが生み出されます。

でも、安倍さんたちは、すでに政府の人事権を握って有能な官僚を外に追いやり、あまり有能ではない(宮台さん曰くの)ケツ舐め官僚しかいない状況です。これから起こることに、彼らが対応できるとは思えませんし、実際、今も無邪気に傷口を広げていっています。

(地方も地方です。官房長官の影響が強い自治体だと、政令級の大都市でも、フツウに大学の建築学科を卒業して二級建築士の資格もあやふやな人が都市計画担当の副市長だったりする…といった具合です)

ようやく「反攻」は始まりました。実は、豊かな語学力と人脈とを持つ河野太郎さん(彼のツイッターを覗いてみてください)と、外野に置かれていた外務官僚が最近になって活躍し始めているのも、その表れでしょうし、麻生さんというアイコンを使いものにならないくらいに痛め付けているのも、麻生派を一気に河野派にしてしまおうという意図のもとに行われていることなのかもしれません。野田さんもダイバー・シティと女性活躍を軸に動きを進めていらっしゃいますし、石破さんも閣外から始動しはじめています。

とはいえ、こと無きを得る…というわけにはいかないのが現実です。長期政権でしたから「覆水盆に返らず」ということも多いし、実際に働き改革は彼らの思うように成立してしまうのでしょうし、近く訪れるだろう経済的な災禍は決定的なAI化と、それに伴う深刻な職場不足を産み、高齢者の福祉的・医療的なケアは薄く、各家庭は、こうしたことにも悩まされるのでしょう。

まさに後悔先に立たずという状況を経験して、僕らは次の時代の黎明を迎えます。

今からできることは「後悔先に立たずという状況」をいかに短くするか…そのために何ができるか。

一生懸命、考えて 実際に行動してみましょう。ここが踏ん張りどころです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中