修羅場

なんの予告もなく、ある日、お役所が機能を停止する。仕事も無くなる。貯金はパァ…というのが、前の敗戦です。戦争に負けたっていうより、市井の体感としては、そんなところだったと思います。
村方では男たちの多くが戦地から帰還せず、農家は働き手を失って農業の継続が難しくなった…林業でも漁業でも同様の状態があったようです。

昭和恐慌を政府は軍需産業と大陸侵攻で乗り切ろうとしました。そのため、当時のこの国の「ものづくり」は、兵器だけではなく、兵士が使う弁当箱や軍装品、彼らが飲む酒やタバコなどに至るまで「軍需」になり、街場の経済も「軍需」を中心に回っていました。その上で、大陸に侵攻して権益を奪い、こちらで余剰となっている国民を移民させる。でも、これでは「支払わせた税金を還流させている」と「他国の権益を奪ってくる」ですから、本格的な解決策になっているわけではありません。そもそも日露戦争などのために外国から借りた借金も、この苦境の原因でしたから「軍需」でさえも悪あがきというところもありました。

僕には、次のオリンピックも含めて公共事業な「土建」は、当時の「軍需」に似ていると思います。政府が借金で首が回らなくなっている状況も似ているし、徴兵ではなく少子高齢化が原因だとしても「地方」は、やはり瀕死の状況にあります(地方に行けば行くほど「公立」の建物ばかりが立派ですが、その財源は税金です)。あらかじめ将来の空きビルを造っているような都市の再開発、未だに癒すことのできないバブルの傷跡も、大都市の都心にさえ空洞を生んでいく点で、あの頃の都市が空襲にやられたのと似ているでしょう。これからは郊外の住宅地も空洞化していきます。

あの頃と違って、わが国は、外国にたくさんのお金を貸しています。AIとベーシックインカムが、光明になるのかもしれません。でも「これまで」と「これから」は、あの頃「戦時体制」から「戦後」へと変化した以上に大きな断層に隔てられることになるでしょう。ベーシックインカムとは、国民の大半に生活保護が必要だということでもあります。

あの頃の日本は10年を経ずして新しい時代に乗り換えてゆきます。でも、その「10年足らず」に「死ぬかと思った」というのが、ひいばあちゃんの感想です。70年ほどをひとつの体制のなかに、ほぼほぼ無風に過ごしてきた「戦争を知らない子どもたち」である僕らは、のんびりと構えたお坊ちゃんと深窓の令嬢。「要求」はできても「創意工夫」は苦手です。

たぶん、悲惨なことになります。

たいていが税金と借金で食っているようになれば「敗戦」も間近です。自分の身を食べていきているわけですから、致死量に至れば「敗戦」です。

戦争がなくとも「敗戦」はあります。そして、敗戦になれば、あの頃のように弱肉強食の修羅場です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中