忸怩たる思いはあっても

1964(昭和39)年の東京オリンピック。その大会で金メダルをとった女子バレーボール・チームは「東洋の魔女」と評され、この大会で国民的な話題を集めたのヒロイン(ヒロインたち)でした。ソビエト連邦チームとの決勝戦のテレビ視聴率は66.8%(関東地方)。監督だった大松博文氏の「なせば成る」「俺についてこい」は流行語になり、それらの言葉をタイトルにした著書もベストセラー、「俺についてこい」は映画化もされ、彼は参議院議員にもなりました。

今だったら強引ともいえるような監督がいて、選手たちは彼のスパルタに耐えながら、チーム一丸となって最後は金字塔のような目標を達成し、涙で終わる。そして、チーム・スポーツである…

(スポ根ものの ある典型ですね)

でも、これは工業生産時代であり、集団生産の時代だからこその美談であり、垂涎の的となる物語でした。同じチーム・スポーツでも、現在のサッカーなどとは別の趣のもの。前の東京オリンピック当時は、選手の個性も、あくまでも「チームの一員」としてのそれだったし、移籍する選手は異端(つまり、裏切り者)か、成績が悪いからチームに残れないといったイメージなもので、チームに準じてこその選手でした。

(そういえば、プロ野球の選手なども、そうでしたね)

農業において集団生産がはじまって以来、ずっと「みんなが力を合わせて」が戦力になる時代が続いてきました。ひょっとしたら弥生時代以来のことかもしれません。
もちろん工業生産も、近代な産業のほとんどが「みんな」の統制力で生産効率を高めてきました。

しかし、いつしか省力化といえば「人間」を減員しての機械化を指すようになり、そして、ついにはAIの登場です。

音楽業界ではデジタルな楽器の登場から、すでに大半のスタジオ・ミュージシャンやバンドマンが職を失い、ホテルやクラブのピアノ演奏も「無人」に置き換えられ、今やDTMの時代です。
印刷だって、イラストレーターなどでデザイン・データをつくれば、あとは刷版を作ってもらって印刷するだけ。写植屋さんや、印刷屋さんの取次営業マンも「減員」の対象です。

多数決の「多数」に値打ちがあったのは「みんな」にプライオリティがあったからでしょう。
それ故、その多数がベイシック・インカムで社会的な扶養家族になってしまえば「多数」の力強さも失せてしまうのでしょう。知価(情報)生産時代になれば、たった一人の変わり者の方が産業効率の良い稼ぎ手にもなります。

たぶん、千年に一度 というような大変化期です。もちろん「オレのせい」じゃないわけです。

でも…

この時代についていかなければなりません。落伍しても高度に発達した医療が生命だけは維持しちゃうでしょうからね。医療こそ、大手を振って公費を突っ込むことができるビジネス。ベッドに縛り付けられても「生かされ」てしまう可能性があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中