できる限りの準備を

昭和恐慌と大正バブルによって生じていた余剰人員を、国費を投じることでなんとかしようとした…それが当時は軍需産業。海軍工廠や三菱ドッグで戦艦を建造するだけじゃなく、兵隊さんの弁当箱を作るんだって、ある意味「軍需産業」ですから国家総動員法の前から、すでに一億が「軍需で喰う」状態にあり、外国から搾取してきた分を国内生産に上乗せして享受するという状態でした(余剰人員を海外に追いやるという措置も取られました)。
しかし、軍需に頼った経済振興策は軍部の暴走を呼び込み、外国からの搾取は当事者国だけでなく、それ以外の国際社会からも非難轟々で、第二次世界大戦…

そして、1945(昭和20)年の敗戦によって軍需と植民地を一気に失い、貯め込んだ軍事国債も紙くずになりました。徴兵によって働き手を失った農村も疲弊。特に都市部では、ほとんど仕事が無くなってしまいました。
あの頃の苦境を「敗戦」と結びつけてばかり考えがちですが「国が戦争に負けた」というより、直接的には「貯金がなくなり、いっぺんに仕事がなくなってしまった」ことが、あの頃の、特に都市部での、うちのひいばあちゃんをして「死ぬかと思った」といわしめた苦境の原因です。人々の仕事が失われれば、もちろん、彼らを消費者にとった小売業などもアウト。髪結いさんも、まずはお客さんが喰えている状況があったればこそ…であることはいうまでもありません。もちろん、行政的な福祉は機能していない…

さて

1980年代以降、この国の産業は「土建」な感じで、どんどんと「国費」あるいは「自治体の公支出」に拠る感じに比重を高めてゆきました。まるで戦前を「軍需」によったのと同じように、です。
そして、その手法の破綻が近いことが、お役所の膨大な借金に現れているわけですが、それでも東京五輪を行おうというのは、あの頃、負け戦を前にさらに巨艦を建造していたのに似ています。

今度は連合国に負けるのではなくAIに負けるのでしょう。少子高齢化に疲弊する農村は、兵隊に男たちをとられたあの頃の農村に似ていますが、それは「AIに拠る無人化」によって切り抜けるとして、それで助かるのは経営者だけ。マニュアル・レーバーな感じに仕事が増えるわけではありません。高度成長期、各人にもたらされた余力も、たいていが「貯金」ですから、どかっとインフレが来ればひとたまりもありません。

そういうわけで

僕は、近く、多くの人の貯金がすってんてんで、巷から仕事が消える日が来るのだろうと思っています。だって「あの頃」に状況が似ているからです。

たいていの地域経済な地元企業はバブル崩壊以降、お役所からの発注にべったりで、故に競争力もありませんから、借金だらけのまま税収を減らし、高齢者の不要負担を強いられる地方自治体が、彼らを支えきれなくなったら一巻の終わりです。大きな企業だって、オリンピックを喜び、リニアを喜んでいるのでしょう。自律的で成績のいい企業もたくさんありますが、収益率がいい企業ほど極端なまでの少数精鋭です。居酒屋チェーンやマンション・デベロッパーは、巷から「就業」が消えれば「死ねばもろとも」でしょう。

僕は「闇市からのやり直し」に向けて できる限りの準備をしようと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中