「手探り」上等!

たぶん「朝のラッシュ」「帰宅ラッシュ」は過去のものになっていくんでしょう。
そんなに遠い未来の話じゃなくて、数年から、かかっても10年ほどでの変化だと思います。

そして、いくつかの鉄道路線が交錯するターミナル駅終焉の商業集積地は急速にポテンシャルを落としていく。そのかわりに、現在は喫茶店不毛の地みたいな郊外の住宅地に、平日の昼間を過ごせるようなcafeなどが増えていくのかもしれません。ただし、おしなべて「郊外」全域がそうなるわけではなく、外国からの労働者の方が増えて、やっぱり昼間は空っぽ、マスな規模のスーパーに支えられるという地域も目立つようになるのでしょう。また「全国に1千万人はいるかも」ともいわれる団塊の世代の方々を中心に、しばらくは特別養護老人ホームを林立させる「高齢者の街」になるところもありそうです。

(高齢者の街は「都心」にも現れそうですが)

「終身雇用制」で「一億総中流」の時代は終わります。一億総フリーランスな感じだし、年金じゃぁ食えませんから(医療保険の自己負担額も増額していくんだと思います)、その年齢になっても続けられる仕事を持つ人とそうでない人の二極化も進んでいるでしょう。

(マニュアル・レーバーは、さらに国際的な競争に巻き込まれながら、買い叩かれる一方でしょう。AI化も進んで警備員さんやお掃除のスタッフといった仕事は消滅しているんだと思います)

ずいぶん、様変わりします。様変わりするということで「取り残されたもの」は消えていくのでしょう。観光案内ではなくタクシーのような交通利便としての「人力車」が、今は無くなってしまったのと同じです。「ターミナル駅」があるから「ショッピング・ビル」があったわけだし、多くの人の生活がクルマを運転するほどの移動を必要としなくなれば、ロードサイド・レストランも、郊外型のショッピング・モールも必要なくなります。新橋でサラリーマン・ランチの名店となっていたお店も「通勤してくる人」が激減すれば同様です。環境の変化に適応できなければ淘汰されるのが、この星の定めです。

ただね。「淘汰」とはいうものの「人間」の場合、あっさりと殺してももらえない。いきられる可能性があれば「生命」としては維持されてしまう。

なるようになって「それから考えればいいや」というライフ・コンセプトが通用しそうに思えたのも、この国が高度成長期〜バブルというあぶく銭な時代にあったからです。しかも、その時代は「集団」の一員になってくれる人材を常に求めていた時代なのです。半世紀以上もそうでしたから、親御さんからしてそんな感じという方も少なくないのかもしれませんが、必ずしも「通勤」が必要なくなるのも、AIやコンピュータの発達によって、たいていのことが個人技の集積でなんとかなりそうだし、工場生産はロボットがやっちゃうかもしれないし…つまり、環境激変なわけです。

この国で、組織的な集団に拠る農業生産が確立されたのは中世から江戸時代の初期だといわれています。その「組織的な集団」が工業生産にも受け継がれて、何百年経つのでしょう。幸か不幸か、僕たちは、そうした時代の終わりに遭遇してしまったようです。

故に「これまで」を振り返って「なるようになるだろう」とタカをくくっているのは危険なわけです。
「手探り」上等。「トライ&エラー」城東。準備を急ぎましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中