「イッパシの大人」不在

よー、そこの若いの
俺の言うことをきいてくれ
「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ」

言わずもがな、竹原ピストルさんの「よー、そこの若いの」の一説です。

しかしまぁ、それにしても言い得て妙です。この国に限ったものなのか、あるいはどこに行ってもそうなのか。先達たる大人に恵まれていないのが現実です。しかも、当人としては、全くそんな現実を自覚しておらず、酸いも甘いも噛み分けたイッパシの大人なんだと(無査証に)思い込んでしまっている人が大半…それが現実です。

さて ちょっと引用です(以前にも一度、紹介させていただきました)。

数年前に発表された加納さんの構想によると、東京湾三億坪のうち、東京都の一倍半にあたる二・五億坪を埋め立てようという。そのためには房総半島の山々を原子力で崩し、その土を運び、ここに新大東京都をつくりだす。一方、山々でさえぎられていた太平洋からの南風を東京に送り込んで、東京の冬を五度暖かく、逆に夏は五度涼しく、つあり土地造成から気候改変までやろうという途方もない夢であった。

江戸英雄 著「すしやの証文」(1966年 朝日新聞社 刊)より

江戸英雄さんは1955(昭和30)年に三井不動産の代表取締役になり、1974(昭和49)年には会長。1990(平成2)年には、あの「国際花と緑の博覧会」協会の副会長も務めた方。名士中の名士といっていい財界人です。この「すしやの証文」は1966(昭和41)年に朝日新聞社から出版された彼のエッセイ集です(つまり、広島のことも長崎のこともご存知の上での言動なわけです)。後に中央公論社から文庫版も出版されていますが、文庫版が出版された1990(平成2)年にも、前述の一節はそのまま生かされています。
ちなみに文中に登場する「加納さん」というのは、加納久朗さん。初代の日本住宅公団総裁であり、千葉県知事さんでもあった方です。

両方とも明治生まれの方ですが、その言動は平成に入っても容認されていたということは事実なんでしょう。1966(昭和41)年、今から50年前とはいえ、朝日新聞社から出版されたエッセイ集に「房総半島の山々を原子力で崩し」という一文が登場するのです。もちろんトンデモ本の類ではありません。この構想をぶち上げた人も「夢」と語ってエッセイに記した人も、この国の立派なエリートです。

その一方で 市井の大人たちも…

浄閑寺での除幕式にはテレビに出たりしたものですから、「なんでおまえがテレビに出るんだ」と、子どもが小学生のときにいじめられました。この家のすぐ裏が小学校です。先生から「有名人の子どもだからって贔屓しない」とまで言われました。私は「子どもは関係ありません」と抗議しましたが、それこそ引っ越し当時は、とんでもないところに来たと思いました。もう何とも言えない雰囲気で、学校の先生も近所の人も、こいつらは何者なんだろうというような顔をして私たちを見ていました。

永井永光 著「父 荷風」より

これは永井荷風の義理の息子さんにあたる著者の、荷風を振り返ってのエッセイ集からの引用です。引用させていただいたのは、荷風が亡くなった1959(昭和34)年直後、当時は三鷹に住んでおられた著者が、荷風の日記や遺品の散逸を避けるため、一家で荷風が暮らしていた(亡くなった)家に移り住んだ直後の体験を綴られた一説です。文中に登場する「この家のすぐ裏が小学校です」の「この家」が荷風が暮らしていた家になります。
ここで語られている学校の先生の偏狭な振る舞いは、とても「大人の振る舞い」とは思えませんが、学校の先生をしてそうだということは、この国の市井の大人たちの「質(しつ)」も推して知るべしなんだろうと思います。だからこそ、著者の感慨は「学校の先生も近所の人も」になり「とんでもないところに来た」という印象になる…少なくとも「有名人の子どもだからって贔屓しない」と言い放った先生が例外ではなかったわけです。

これは、確かに50年以上も前の話しです。でも、近頃の教育現場、あるいは「学校の先生」が、当時とは比べものにならないくらいに「良く」なっているとは思えません。むしろ、当時と同じような価値観に縛られている先生が全国にたくさんいて、故に「いじめ」の問題に地域性はないし解決の兆しは見えない。校則の問題では、地毛の赤毛を「染めてこい」という先生がいるほどに状況は劣化しているのでしょう。そして、三面記事から、安倍さん、官房長官、大臣の言動など、こうした状態は(少なくとも)この国に蔓延しているんだなと思います。

ずいぶん昔からイッパシの大人なんていないし、今もいない…

だから

よー、そこの若いの
俺の言うことをきいてくれ
「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ」

が効くわけです。そして、この歌詞に続く

よー、そこの若いの
君だけの花の咲かせ方で
君だけの花を咲かせたらいいさ」

は、たぶん、ライフデザインとして大正解です。

竹原ピストルさんの「よー、そこの若いの」…
イッパシの大人にならなくても「システムで補完」して、人々を、産業の部品や消費者として利用してきた
この国の、ついにヤキが回った「今」という時代の歌です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中