ポイントが貯まる

企業通貨…文字通り「企業が発行するお金」です。おなじみの「カードのポイント」も実は企業通貨の一種です。もちろん国家の中央銀行の管理下にあるお金ではありません。でも、僕は溜まったポイントで(日本で言えば)「円」と同じように買い物をすることができます(使える範囲は限られているとしても)。コンビニでは日本円と同じように雑誌を買うこともできます(オリジナル・ブランドの食品だけでなく)。

収益の社内留保に熱心で、しかもグローバルな多国籍企業ともなると、資金力は小さな発展途上国を上回る…もちろん金融的な信用力も有ります。こうした企業がいくつか組んで、本格的に「通貨」に乗り出したらどうなるのか…

サミットな感じに先進国の政府が集まって話し合いをしても、彼らは「円」や「ドル」のように企業通貨の発行をコントロールすることに権利を持ちません。よくいって「みんなでお願いしにいこう」の立場になってしまうというわけです。

たいへんそうだな と思います。

でも、多くの人が「ポイント」を貯めるのに熱心で「ポイント」で買い物ができれば「得した」と思うなら、企業の思惑どり。政府が経済をコントロールすることができない時代は、もう始まっているし、その原動力になっているのは「僕ら」ということになります。

さて…

通貨を発揮できるくらいの収益を上げた企業が、福祉的な分野にどれほどのお金を使ってくれるのでしょう。もちろん、収益事業としての「福祉」なら、大いにやってくれるのでしょうが、庶民にそうした事業の利用ができるかどうか。

ただし、これから「ポイント使わない」を始めても、たぶん間に合わないでしょう。できることは、セルフで「老後など」の福祉をどう実現していくかを工夫し具体化しておくこと。貯金しておいてもインフレで吹っ飛ぶ可能性のが高いですから、それも「お金に拠らず」。かなり難しいですけどね。

ただ、国民皆年金・皆保険前の時代の街場では「みんながそうしていた」という方法はあります。
僕らがすっかり忘れてしまっているだけでね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中