パンドラの匣を開けてしまったから

社会システムの利便性を向上させる…つまり僕らの都合に合わせて、さらに「苦労」を滅していくということですが、そういうことを私企業の努力に委ねると(行政が誘導するにしろ)たいていは「行き過ぎ」ということになるのが現状です。
何しろ、欲得づくの収益事業として、それを行うわけですから、大体は暴走…より収益が上がるなら株主はじめ資本家も納得でしょうし、逆に「公に準じて利益を譲歩」なんて彼らがそんな提案に納得するとは思えません。

繰り返しますが、つまり「行き過ぎ」になる可能性が高いわけです。

ご承知のように、政府にしろ、地方自治体にしろ、もう自主財源に乏しく借金だらけ。1990年代から「民間活力の活用=ミンカツ」の奨励という名目で、あらゆる分野の公共事業に「民間の収益事業」を呼び込んできました。

そして、現在は「人出不足を解消するため」の(仕事の)AI化、ロボット化が進んでいます。

無人のレジもすでに社会実験は終わっている段階です。ホテルのルームサービス・ロボも同様です。ホントに「不足を補うだけ」ならいいのですが、たぶん暴走します、行き過ぎてしまいます。

イベントの現場でも、借りてくるレンタル物品の値段より、予算を編成する人を悩ますのは「運んでくる人/設置したり撤去したりする人」の人件費です。飲食店でも、コンビニでも抱えている悩みは同様です。

与えられれば、現場は、喜んで「AI化、ロボット化」を受け入れるでしょう。

オックスフォード大学でAIの研究を行うマイケル・オズボーン准教授は、今後の10〜20年で、アメリカ合衆国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いと予測しました。その中には「銀行の融資担当者」も含まれますが、実際に、我が国の銀行大手も相次いで「店舗を減らす」「人員削減する」を発表しています。
1秒間に500万局面を読む将棋AIに僕らが太刀打ちできるわけはありません。そして彼らは寝ないし、風邪もひかない。休みも要求しないし、電気しか食わないのです。

パンドラの匣を開けてしまったのかなぁと思います。

オズボーン准教授ではないけれど、マニュアル・レーバーやそれに近い仕事を「憶えて、慣れる」という働き方の命は、あと10〜20年と思った方がいいのでしょう。
一方、医療の分野は、大手を振って税金を投入することができるのだから、いたずらに寿命は伸びて「人生=100年」時代です。例えば僕は、今、50歳代の半ばですから、あと10〜20年といっても60歳代〜70歳代です。脳出血のキャリアですが、あと数年で脳出血では死ねなくなると言われています。

障害の残るジジイになって、それから露頭に迷うのは、どう考えても大変です。貯金や資産はインフレで、貯めておいても目減りです。僕ごときがどうあがいても足りないでしょう。

さて…

とにかく考えるしかありません。これからに役立ちそうな資格を探してきて試験勉強をするのではなく、考えるのです。

それしかない。

型通りに店舗を構えてもダメでしょう。お客さんになってくれそうな人をして収入がないかもしれませんからね。

…八方塞がり。

でも、ダーウインの進化論がいう「適応」とはここからなんでしょう。鳥になれた恐竜だけが生き残れた所以です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中