似合いの姿に戻っていく

僕が子どもの頃は、ヨコハマの元町でも麦田のトンネル側、つまり5丁目をちょっと登っていったあたりには、こう申し上げてはなんですけれど、平均より、ちょっと貧しげな家があったり、元町の商店街だって、表通りには。確かに進駐軍相手の洋風なところ、同じく日本の骨董を扱う店なんかもありましたが、通り一本裏手に回ると、どこの街にでもある餅菓子屋さんとかもありましたし
横浜家具や楽器の工房があって、つくっている品物はハイソサエティな感じだったのかもしれませんが、東京の下町のような風情もあって、現在のように「街全体が一様に小洒落た感じ」はありませんでした。
元町と石川町を結ぶ商店街は、尚のこと庶民的で、魚屋さんもあり、定食屋さんもありました。山手の本通りだって、根岸に向かって歩けばその同じ空間が山元町という街場な商店街にそのまま繋がっていて

…なんていうんでしょう。

もっと混在していた感じなんですね。

それが、いつしかバッサリ断層面があざやかになって、中華街の裏筋あたりから怪しげな店が消え、しもた屋が並んでいたあたりも見た目は山の手な感じのセキュリティばっちりなマンションになり、階級都市としての上位層志向な空間が増殖して行きました。

(いかにも急ごしらえで ホンモノの上位層的な感じに寝れてはいないんですけどね。)

横浜市役所がつくる公園などの公共空間も「上位層」志向な空間ですしね。

いつの間にか、ヨコハマ都心は成金な感じに背伸びした空間になり、居住まいを正されるような場所になり、つまりは随分と風通しが悪い街になってしまった…

でも、だからこそ、似合いの姿に戻っていくんでしょうね。

オリンピック・バブルがハジけて、ヨコハマが「闇市からのやり直し」を余儀なくされて、ビジネスな連中が逃げ出したあたりから、品のいい街じゃないけれど、ちょっと変わったヤツが風切って歩いているような…そんな街に戻っていくのかな。ステイタス&ブランド志向な住民も逃げ出してね。

まぁ、希望的観測に過ぎないのかもしれませんが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中