三百六十五歩のマーチ

「三百六十五歩のマーチ」って、ああ、正式には「三百六十五歩の」って書くのかって、それすら初めて知ったとういうほど、僕にとっても遠い過去=子どもの頃のヒット曲。この楽曲は1968年(昭和43年)のミリオン・セラー、唄ったのは水前寺清子さん。当時としては、「大人から子ども」まで(水前寺清子さんのファンであろうとなかろうと)口ずさんだというミリオン以上の大ヒット作でした。

(若い方にはご存知の方も少なく、知っていたとしても、すでに戦後史の中のデータの一部のようなものでしょう)

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね。
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ
あなたのつけた 足あとにゃ
きれいな花が 咲くでしょう

腕を振って 足をあげて
ワン・ツー・ワン・ツー
休まないで 歩け
ソレ ワン・ツー、ワン・ツー
ワン・ツー、ワン・ツー

何が言いたいのか、よくわかりませんが、雰囲気としては分業制の工場労働、その労働歌のようです。「辛いだろうが、余計なことは考えずに、休まないで働け」といわれているよう楽曲でもあります。

でも、1968年(昭和43年)の日本人は、この楽曲を好感を持って受け止めた…

考えさせられます。

僕も、低学年の小学生でしたが、あの時代の日本に居ましたから、よけいにそう思います。

ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー
ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー
ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー、ワン・ツー

この部分だけが異様に記憶に残っています。

(運動会で使ってたかな…)

なんだかわからない呪文に踊らせていた当時の日本人。日本社会。
当時の首相は佐藤栄作氏
安倍さんのおじいちゃんの実弟でした。

三百六十五歩のマーチ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中