四代の物語

平岡家は今でいう加古川市の在…粗末な家に住む貧農だったそうです。
平岡公威、後の三島由紀夫さんの曾祖父=太吉の代になって、彼が禁猟になっていた鶴を射たことから「所払い」になり(つまり、江戸時代の話です)、彼は塩田の人夫になります。そして苦労の末、貸金業で成功する。でも、まぁやっぱり、あこぎな金貸しだったようです。

彼の息子=三島氏の祖父=定太郎は、父上の資金力もあって、今の神戸大学、二松学舎、早稲田大学、東京大学と勉強を重ねてキャリア官僚として内務省に入省します。
これは僕の推測ですが、彼が加古川を離れ、最終的に東京の役所を目指したのは、父親=太吉には「いんぎんな金貸し」というイメージが定着していたということに拠るのではないかと思っています。やっぱり居ずらかったんでしょう…お役人を目指したのも、そうした世間の目があって「公」な出世が欲しかったんだと思います。武家から妻を迎えていることからも、そうした上昇志向が見て取れるように思います。

いずれにせよ、定太郎さんは福島県知事から樺太庁長官になります。しかし、政界がらみというか、政友会のために金をつくってやろうとして無罪にはなったけれど、汚職の嫌疑をかけられ、長官を辞職していますし、当時の中国大陸でアヘンの売買に手を出していたという話しもあります(これも政友会の資金づくりのために)。

そして定太郎の息子、三島さんの父上である梓は、開成中学、二浪して一高から東大。キャリア官僚になりますが、希望の大蔵省に入れなかったせいか「仕事熱心でないこと」で有名だったようです。ただ、息子を官僚にすることには熱心で、文学部志望だった三島氏を法学部志望に変えさせ、実際、彼を大蔵官僚にしまします(もちろん、キャリア)。

この四代の物語をどう読みましょう。

きょうの「ゴロウ・デラックス」(TBSテレビ)でも、ゲストの岩下尚史さんと稲垣さんが三島文学のテーマは、常に「死であった」と語っていらっしゃいました。三島から数えて4代前の太吉は何を思って金貸しになったのか。祖父=定太郎氏は、キャリア官僚なのに、なぜ、危ない橋を渡ってまで政党に資金を提供しようとしたのか。三島氏の父上は、なぜ虚弱な三島氏を無理に大蔵官僚にしようとしたのか…

全ては、太吉が鶴を射なければ、
そして加古川の「世間」が彼を所払いにしなければ、始まらなかった物語なのかもしれません。

僕らは三島由紀夫さんから大きな所産を与えてもらいましたが、彼は幸せだったのかな。

(彼の父上もおじいちゃんも、ひいおじいちゃんも…)

きょうの「ゴロウ・デラックス」を観ながら、ふっと、そんなことを思いました。

四代の物語」への3件のフィードバック

  1. ぶしつけにコメントさせていただきます。鶴ではたと思うところがあり、江戸時代の牢屋スラングに「鶴→賄賂・心づけ」がありました。お金がつきまとう不思議な鳥なのですね。

    • その「つる」は「金蔓(かねづる)」の略の「つる」だと思います。どちらかというと「賄賂」というより「お金を出してくれる人」と「遠くにいるがつながっている」の意味で「金+蔓(つる性植物の総称)」だったと思います。牢内だけでなく、いわゆる「ひも」な人も金品をあてにしている女性がいれば、悪仲間の間では、それを小指を立てながら「つる」と呼んでいたはずです。

      • そうだったのでしたか。
        分かりやすく教えて頂きありがとうございます。
        蔓が伸びてその先まで。率直になるほどと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中