72年めの8月15日へ

一九六〇年代の初期から「敗戦国」ドイツでは、ドイツ人の戦争責任と加害責任の問題が若い世代では深刻に論じられていた。しかし「終戦国」日本の場合、ドイツとはかなり事情が異なっている。悪いのは東条英機などの軍国主義者で、われわれは騙されて戦争に狩りだされた被害者だという欺瞞的な自己合理化が、国民規模で成立していたからだ。

笠井 潔 著 「8・15と3・11 戦後史の死角」(NHK出版)より

僕の記憶では、ドイツの場合、学校教育の場でも「ドイツ人の戦争責任と加害責任」を考えるということが正規のカリキュラムに取り入れられて、時間をかけて教師と生徒たちが真剣に討議していたという印象があります(若い頃、まだ壁があったベルリンを中心にしばしばドイツに通っていました)。

僕らの国では、ゴマかして逃げてきたんでしょうね。だから「敗戦記念日」じゃなくて「終戦記念日」、悪い意味でデザインされた戦後です。でも、それ故に、安倍さんがいう「戦後レジームからの脱却」とは、全く別の角度から戦後を始め直すべき必要があるのでしょう。

(戦後が始まってすぐ、まだ「敗戦」の色が濃かった時代に生まれている先輩方にしても、ベトナムでの戦争以上に前の大戦に興味を持たれる方は少ないですもんね)

たぶん、そこから始めないと、この国のホントウの21世紀は始まらないのでしょう。

もうすぐ 72年目の8月15日です。

72年めの8月15日へ」への4件のフィードバック

  1. その通りですね。戦後の歴史教育の中で、「戦後」は軽視されてきました。日本の戦争責任と本気で向き合ってこなかったことが、「終戦記念日」という言い方にあらわれていますね。

    • すでに80年代に、僕はドイツの友人だちから、そうしたことを気づかされていましたが「じゃぁ、今後どうするの?」という「自分の態度」についてを未だに決めかねているところがあります。
      まず「流されないように」はできても、それ以上のことはどうしたらいいのかわからない…「違うんだぁ!」と叫ぶ…っていうのも違うと思いますし、実際「敗戦」と認識するのと「終戦」と認識することの違いをわかってもらうのも難しいでしょう。ただ、あの戦争に「負けたんだ」という認識で「戦後」を眺めてみると「…だからか」と返って納得できることもありますし、勝てそうもない戦争を始めた人は誰なのか、何故なのか…誰が止められなかったのか。それは何故なのか。「敗戦」という「窓」から、あの戦争を見つめない限り見えてこないことはあると思っています。そして、この国は、未だにあの戦争に「ケリ」をつけられていないし、意識してつけさせない、その状況を利用している人たちもいるんだなと、今はそんなふうに考えるようになりました。

  2. Sachie の発言:

    8月15日と3月11日。どちらも日本の向き合い方が似ているなと思っていました。そもそも何故8月15日があるのか、3月11日をきっかけにした原発事故の本当の原因はなんだったのか….どちらもハッキリさせたがらない力を持つた人たちがいる。そして、それに疑いを持たない国民がいて….。

    • 北山修さんの分析によると「ホンネとタテマエ」の分離は日本社会に独特なものだそうです。「鬼畜米英」もタテマエ。タテマエだったからこそ1年も経たずに「拝啓 マッカーサー様」に世論は変化する。節操がないといえばないが、これが庶民の生きる方便でもあったともいえる…そして、その体質が今も温存されているのでしょう。ただ、SNSが発達して、それは確かにマジョリティの見解かもしれないが、その見解と異なる見解を持つ人も「一人や二人じゃない」ということが可視化されるようになりました。つまり「マジョリティの見解」が全てではなくなる時代が目前だということです。マニュアル・レーバーと与えられたエンターテイメントに勤しむ人々は相変わらずでしょうが、知価生産時代の到来とともに「少数」も顕在化し、世論は「二極化」ということになるのだと思います。あとはどちらの流れに乗るかをそれぞれが決める…そして、もう一つの「世論」は、新しい「戦後」を切り拓いていくことになる…もうすぐ「見せかけの戦後」も終わります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中