ヨコハマのみらい/僕らのみらい

薄ボンヤリと「みなとみらい」の景観を眺めていると、ヨコハマもまだ大丈夫だと錯覚する人も少なくないでしょう。

でもね。昼間のヨコハマ都心はおじいちゃんとおばあちゃんの街。それにcoffee一杯で何時間も粘っている中高年のおばちゃんたち。横浜駅あたりの再開発なショッピングモールも撤退と出店の繰り返し、それも力尽きてきて横浜駅西口の地下街ではメインの出入り口のすぐ横の一等地でさえ空きテナントで、催事スペース。
あんなに大きな投資をした上大岡の再開発も、少なくとも上大岡を発展させたとはいえず、街は高齢者の街へ。16号線沿いを港南区役所方面に向かえば、道を歩いているの区役所のお役人だけ。あとは誰も歩いていない。

(でも、最近、港南区役所の庁舎は立派に新築された。もちろん、介護や子育て支援は課題を残したまま。税金で建築業者に仕事をつくったんだろうな。それ以外に合理的な理由は浮かびません)

そして戸塚駅周辺の再開発は江戸時代からの歴史性を破壊しながら、完成前に寂れていっているのが現状です。

これからの みなとみらいだって…

「ぴあ」さんに1万人のアリーナ、つくって維持できるほどの体力があるわけはなく、ゼロ金利な銀行が口実つくってビジネスを仕立てただけだし、地主の三菱地所さんのメリットになるだけ。「ぴあ」さんも倒産の確率が高まっただけだし、ヨコハマには閑古鳥なアリーナが残るだけ。既存のパシフィコは投資を回収できぬままに「古びた施設」になってしまうという災禍のおまけつきです。
神奈川大学さんに「みなとみらいに新学部」の話しもありますが、これもゼロ金利な銀行の思惑+補助金、助成金ビジネスなのかな。少子化の時代に建物建てて新学部なんて、話しのオチはそんなところでしょう。そういうビジネスがあるんだなって加計さんが教えてくれました。

横浜市内郊外に立地する優良企業を「みなとみらいへ」などという話もあるようです。移転させた後の「郊外」はどうなるのか。まさに蛸の足食いです。

そして市役所には新庁舎。確かに今は関内地区の民間ビルに分宿している横浜市役所ですが、つまりは、そこが空きビルになって関内は空洞化。その後をホテルにしようなんていう再開発話しもあるようですが、これも昨今の「ゼロ金利」もの。デベロッパーさんは売り抜けちゃえばいいですが、やっぱりヨコハマに残るのは「閑古鳥」…オリンピック・バブルの崩壊と重なればさらに重症の災禍に。

しかも、時代はすでに「空間性から場所性」の時代へ。立派な牌楼が並ぶ中華街より、面白い出会いがあり、もちろん、美味しいがある池袋の(見えない)チャイナタウンの方が集客力があり、元町のメインストリートも気がつけば金太郎飴なフランチャイズ店ばかり。横浜駅東西口はもっとそうです。ヨコハマの観光地や繁華街は「昔の名前で出ています」な状態です。

郊外には、ららぽーとな感じで、それなりに若年層の消費者を集めている商業集積ちもありますが、利益を吸い上げるのは東京の本部です。地元にほとんどお金は落ちません。

健康そうに見えて重篤な高血圧で糖尿病な肥満体質なのが今のヨコハマでしょう。

なのに、酒飲んで忘れて 明日の活力とか 言ってる…

何を隠そう、かつての僕がそうでしした。そして49歳で脳出血に倒れ、しんどいリハビリに耐えたけど、今も右半身に後遺症は残り、この文章も複視に悩まされながら左手で書いている…

横浜の有権者の方は、とにかく選挙に行きましょう。「棄権」は、自分の人生の「棄権」に繋がりかねない刹那です。
自分のために「白紙の委任状」だけはナシにしましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中