リアル

ブックオフで修行して、やがては古本屋さんとして独立しようなんていう目標を立てる…

でも、ブックオフの店頭さんはブックオフという独特なビジネス・モデルの組織ワークの一員です。全体を俯瞰する経営者ではないし、ブックオフというビジネス・モデルの他の古本業界についての知識もありません。そして従業員さんに「本に詳しくなる」ことを期待していないブックオフのマニュアルは、従業員さんをいっぱしの古本屋さんに育てる体制を持たないでしょう。

そもそも、ブックオフだけでなく、多くの部品をまとめ上げるように組み上げられた組織ワークは、従業員さんに「システムには慣れること」は期待しても「自営になる」ことを前提にし従業員さんを育てようなんてことは念頭に置かれていないことだと思います。

インスタント・コーヒーの入れ方にどれだけ熟達しても、ハンド・ドリップの珈琲を淹れる名人にはなれないのと同様です。

近頃はエスプレッソ・マシンで独立開業というパターンも一般的になってきて「インスタント・コーヒーの入れ方にどれだけ熟達しても」でもいけちゃうみたいですが、そういうお店は長続きしないようです。珈琲は機械で淹れても一定の味を引き出すことが難しいからバリスタなどという専門職が生まれてきた…やっぱり一杯の珈琲を淹れるんだって技能なわけです。

確かに、若いうちっていうのは何かのプロフェッショナルになるための重要な助走期間であることは間違いありません。

でも、生まれたときから半製品やインスタントなモノに囲まれて育って、学校のテストだって虫食い問題やマークシート。何事もゼロからとなると生半ではないテクニックが必要になることも、何かを「できる」「つくれる」ようになるには、かなりの時間が必要となることも判らなくなってしまっているでしょう。

たいへんだな…「たいへんだ」ということが解らないということが、たいへんだと思います。解らないから修行への耐性というか。堪え性もない。そこへAIとマニュアル・レーバー労働市場の国際化が襲いくる…

どうしたらいいんだろう。

これまでは脱サラのお父さんが蕎麦屋を始めて失敗しても、なんとか食っていける程度の経済状況にはあったわが国ですが、近く、そうもいかなるのがわが国です。そして政府やたいていの自治体は借金だらけ。増税はあっても公的なケアは必要をはるかに下回るものになるでしょう。

こういうときでも希望に満ちたアジテーションを打つのが20世紀流なんでしょうが

僕は、平田オリザさんが「下り坂をそろそろと降りる」(講談社現代新書)に曰くの

おそらく、いまの日本と日本人にとって、もっとも大事なことは、「卑屈なほどのリアリズム」をもって現実を認識し、ここから長く続く後退戦を「勝てないまでも負けない」ようにもっていくことだろう。

に賛同してますので、ここははっきりと、しかも疑問形で…

僕らはリアルに生きている…現実はどこまでも追っくる。それだけが事実…というわけです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中