引用

不器用なカレー食堂

最近、僕は僕自身を鑑みて、人の人生って、こちらが「何になりたい」と希望するより運否天賦に任せるべきものなのかなと思い始めています。そして、この本を読ませていただいて、ああやっぱりそうなのかなと何やら確信めいた気分になっています。

この本には、鈴木克明さん、有紀さん(この本の共著者)お二人の人生がシンクロする前から描き始められています。それも別々にご本人の回顧録といて書かれている。お二方とも、もともとの人生はインドともカレーともほぼ無縁です。でも、その人生がシンクロし、隣り合ったエノキと桜がくっついて一本の樹になってしまうように一つの像を結んでいく。しかもタイトルにあるように不器用なカレー屋さんです。コンサルタントな専門家が聞いたら、泡吹いて怒っちゃいそうな計画の甘さ、段取りの悪さで、それでもカレー屋さんは「今、話題の」と言われるまでの繁盛店になっていく…

もちろん、ただの「運がいい」ではありません。ずいぶん、ご苦労をされています。立ちっぱなしで18時間労働ということもある。金銭的なことでもずいぶんと苦労をされています。たぶん、真似できることではありません。常人が、彼らを複写するようにカレー店の開業を目指したら、100%失敗するでしょう。

しかも、功利的ではない(逆に、だから苦労を買って出れるんでしょうが)。自分たちの夢を追われてはいるのは事実ですが、その夢はお客さんとのコラボレーションの中にあります。故に、自分たちの「納得」は「料理を提供されるお客さんの存在(満足)」を前提にされているのです。

何よりも、自分がインドで感じた感動をお客さんに真摯に伝えていこうとしている…

たぶん、これからは「いい会社に就職する」より、個人としてお客さんに認められて自立している方が安全だし、そうした生き方を可能にする人が垂涎の的にもなっていくでしょう。

そして、その道を歩み始めようとするとき、この書籍は灯台になるような本です。

苦労はあっても「誰かに伝えたい」という強い思いを感じることができるものと出会うこと。

(故に、冒頭申し上げたように「こちらが何になりたいと希望するより、運否天賦に任せるべきものなのかな」と思い始めているというわけです)

そういう出会いが誰にもあるとは思えないと言われそうですが、見過ごしているだけで、多くの人の中に「出会い」は潜在していることなんだと思います。たぶん出会うほど、僕らは越境せず、小さな殻の中に留まっているのでしょう。犬も歩けば棒に当たる…歩いてみないだけなのかもしれません。

bukiyo_book300就職しないで生きるには21
「不器用なカレー食堂」 

鈴木克明 鈴木有紀 著 
晶文社 刊

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中