金の卵

中学校、あるいは高校までを学校教育で過ごして、それで大都市に出てきてしまえば、彼が生まれた家や地域に直積されてきたキャリアからは切り離されてしまって、都会でのキャリアを一から積んでいくしかなくなります。しかも、戦後の都市においてはコミュニティの存在も希薄。新参者を迎え入れてくれる度量にも乏しいものがありました。

彼らはいまや家郷から、そして都市から、二重にしめ出された人間として、境界人(マージナル・マン)というよりはむしろ、二つの社会の裂け目に生きることを強いられる。彼らの準拠集団の移行には一つの空白がある。したがってまた、彼らの社会的存在性は、根底からある不たしかさによってつきまとわれている。

見田宗介 著 「まなざしの地獄 尽きなく生きることの社会学」(河出書房新社)より

彼らは実質的に「自分の家族」と「会社の中の人間関係」にしか経験を持たないのです。ホントウは様々な人々が様々な慣習と常識を持って狭いところに寄り合う大都市なのに…

これが、あの頃「金の卵」と呼ばれた人々の肖像なんだと思います。
前掲の見田さんの著作も、1968年から69年にかけて、当時19歳だった少年によって引き起こされた連続射殺事件の社会学的な論考です。

そして、彼らは、これから「都市の老後」に放り出される。同じ境遇の者がより添えればラッキーだし、多くの場合は一人きりでしょう。今さら故郷へ帰れといわれても、居場所はありません。

彼らを故郷から切り離して都市へと誘導したのは国策であり、工業生産時代に莫大な利益を生み出した「産業」です。つまり戦争に動員された兵士と同じです。

この点について「公」はどう責任を取っていくのかな。

でも

たぶん、ここでもセルフ・サービスなんでしょう。現政権などは、ごくごく最近の出来事である「震災復興」についてさえ、おざなりなのが現状です。

大都市の高齢化も難しい問題です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中