プログラミング教育とはいうけれど

では、いまの日本はどうか。戦後の日本経済を支えてきた工業製品の製造拠点は東南アジアに移り、さらに今後はアフリカに移っていくであろう。そうしたなかで工業生産に代わる次世代の柱を生みだすだけの文化的充実がいまの日本にあるかといえば、答えは「ノー」である。ポテンシャルとしての伝統文化の強みはあるものの、すべてに述べたように弱体化は否定できず、活力を取りもどすには現代文化のパワーを必要とする。つまりは新旧の文化が融合しないと本当の活力は生まれない。

青柳正規 著 「文化立国論 日本のソフトパワーの底力」より

まず注目していただきたいのは「工業製品の製造拠点は東南アジアに移り、さらに今後はアフリカに移っていくであろう。」の部分です。「量産」の現場は、先進国となった国から海外へ流出する。消費者は「より良いものをより安く」と望み、先進国より発展途上国の方が人件費の相場が低いんだから、これ、必定です。同時に堂々以上は国際化。AIとロボットによる「無人化」も人々の職場を奪っていく…単純に「記憶力」と「手際の良さ」というなら、彼らにかないませんからね。

そして、国内には、知価(情報)生産と細密な手業しか残らない。

でも、大半の国民は、そう簡単に次へと移行して行けるわけではなく、工業生産時代の常識に取り残される。これがトランプさんを生み、ルペンさんを隆盛へと押し上げている大きな理由でしょう。つまりは「ラスト・ベルト」な感じです。
彼らは、公的な支えによって今日の生活を維持してきました。公立の学校しかり、政府の指導を受ける工場しかり。そのために窮屈な規範を遵守してもきました。ただし、その「公的な支え」は工業生産であり「大量生産・大量消費」を礎に組み立てられていたもの。だから「憶えて、慣れる」なものでしたし、規範は「従うもの」。創造性とは無縁のものでした。

これからは、公立の学校でもプログラミングの教育を ということですが、これまた「憶えて、慣れる」なものだったら、全く意味を持たないのはいうまでもありません。でも「公立学校」という制度も現場の先生方の指導法も、たぶん工業生産時代の教育しか知らないでしょう。例外はあったとしても、たいていはそうだと思います。

ここをどう超えていくんでしょうね。

お役所には無理かな。少なくとも後手に回ると考えた方がいいでしょうね。

仮に小さいお子さんの親御さんがいらしたら、セルフ・サービスをお薦めします。もちろん工業生産時代のノウハウじゃないんだから「ここへ行けばいい」というような塾があるわけではありませんが、これだけは言えるかなと思うのは、これからのためには「プログラミング」そのものに接する機会を増やすより、受け手側の感覚だけでなく、造り手や送り手の意識を持ってアートやデザインに触れさせる機会を増やすことだと思います。何しろ、新しい情報(知価)を創り出すことが仕事になる時代が目の前なのです。

そうしたいけれど「経済的、時間的なゆとりが」とおっしゃる方については、あえて「プログラミング教育」など無視して、板前さんや宮大工、家具職人さんなど、お子さんをできるだけ早期に手業の道へと導いてあげてください。手業は先人たちの一千年以上の蓄積によって世界に冠たる競争力を持ちます。手業は唯一無二のものづくりを可能にする、つまり知価を産み出すもの。そして身につけてしまえば無資本でも身を起こすことができる、まさに「手に職」。喰っていくことに関して頼もしい味方になってくれるでしょう。

間も無く、時代の波は容赦なく襲ってきます。そして、この国の「公」は、今、そうしたことに無力です。どうか自助努力を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中