メジャーリーガーみたいに

前の大戦が終わって、やはり「進め一億、火の玉だ」をまともに信じていた人々は混乱したそうです。特に、ずっと洗脳されるような教育で育ってきた軍国少年・軍国少女は信じてきた価値観のカタストロフ…死ぬような思いだったでしょう。うちのオヤジは軍国少年・軍国少女よりは年上の世代ですが、どこで死ねたら華々しいかが「希望」であって、25歳以降の人生は「白紙」の状態だったそうです。故に、戦後も困ったし、やるしかなかった動乱期が終わり、子育ても、まぁまぁ心配事ではなくなると、また、どうしていいかわからなくなったそうです。オヤジにとって、ずっと「25歳以降」は空白のままだったのでしょう。80歳を過ぎたとき「まさか、80まで生きているとはな」と、しみじみそう言っていました。

今に擬えて言えば、できるだけいい成績で、みんなと仲良くやって、会社に入って「憶えて、慣れる」、やぱり「仲良くやって」の全面否定でしょう。でも、工業生産時代が終わり、知価(情報)生産時代になり、マニュアル・レーバーがAIに乗っ取られるとなると、じゅうぶんに「ありえる」ことです。

学校でも軍隊みたいな行進を押し付けられて、同級生や職場の仲間にも気を遣って、PTAや町内会・自治会でも気を遣って、つまり、神経をすれ減らして国民をやってきたら、これからは非国民の時代だといわれる…たまったもんじゃありません。

でも、そういうことが起こる。起こらなければ、さらに酷いことになる…

あのとき、ポツダム宣言を受託せず、ホントに本土決戦などということになっていたら、高い確率で、こういう戦後はなかったでしょう。この国が北と南に(あるいはさらに複雑に)分断されていた可能性もあります。

福島で現在進行形で起こっている何かは、予測が不可能なくらいの災禍を生み、国際的な信用もガタ落ちだから投資も凍る。1980年代末のバブルの傷跡も癒せないのに、さらに現在進行形で続いている都市再開発事業が全国の都市を焦土にしていくのでしょう。そして、マニュアル・レーバーがなくなる。小売は全滅のような経済不況…

故に「闇市」からのやり直し…

でも、いくつかはっきりしてきたこともあるのかもしれないですね。

例えば、高い確率で集団生産は廃れて、インデペンデントのコラボみたいな仕事スタイルになる…高校野球みたいな野球じゃなく、メジャーリーガーみたいな野球のスタイルに変化する。自由だが自己責任で成績が悪ければリリース。でも、お客さんもそれを喜ぶようになるし、社会通念になって、つまりは年功序列や終身雇用などは今は昔の話になってしまう。

でも、庶民は、そうした世の中の変化についていくだけ。努力のポイントはそこにあるわけです。

なんの資格を取ろうとか。どういう会社が生き残るかということより、メジャーリーガーみたいにやっていける自分をつくることでしょう。

シンドいですけれど、たぶん、僕らが生きているうちの、近未来の出来事です。

メジャーリーガーみたいに」への2件のフィードバック

  1. 数年前に亡くなったわたしの義理の父は戦中、憲兵やってたそうです。そして、戦後になって、今まで受けてきた教育が逆転して、茫然としたということを言っていました。教育の力は大きいです。嘘でも真実に変えてしまい、人を鬼にすることもできます。

    • だからこそ、学校教育だけじゃなくて、街場での教育(昔流に言えば社会教育かな)そういったもの、場が必要なんでしょう。行政に任せきりはよくないのだと思います。僕などは喫茶店のカウンターやライブハウスなどでもいろいろなことを教わりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中