なんでも自分でやる

「闇市から」のために、何から準備を始めるべきか…

1945(昭和20)年の敗戦直後、人々はまず自らの所有物から「売れそうなモノ」を「売る」を試みたようです。手元に残っていた書籍や鍋釜…ズボンは履いているのだからと下着を売ろうとしたら、誰も買ってくれなかったという話もあるようです。
次に、自分で何ををつくって「売る」を試みる。持てる技術を活かして何かを修理して手間賃を得るというのもあったようです。もっとも、「技術を活かして」とはいいつつ零戦をつくっていたエリート技術者が、流しで鍋釜を修理するみたいな「どぶ板」ですが、それでも技術がある分「活かして」だったというわけです。

うちのひいばあちゃんは、進駐軍の食堂のスタッフにわたりをつけて、ホットケーキ・ミックスを横流ししてもらって闇市でホット・ケーキを焼いて売っていたようです。たぶん、とんでもないクォリティのものだったんでしょうが、飛ぶように売れたそうです。
毎日、両手にバケツを下げてホットケーキ・ミックスを受け取りに行くのは小学生だったオフクロの仕事。子どもだったので、キャンプへの出入りが楽だったというのがその理由なようです。

戦争まではわが家も酒屋と料理屋。ひいばあちゃんの躊躇ない決断と段取りのスピード、交渉力には、ひたすら頭の下がるところです。

(ちなみに空襲被害の少なかった我が町内で、空襲直後から畳屋のおじいちゃんをディレクターに据えて、女性による畳工場を始めていて、これも戦後に渡って、それなりに成功を収めていたようです)

ひとつにマーケティング能力なんでしょが、それより勝負の分かれ目は「躊躇ない決断」なんでしょう。その上で「段取りのスピード、交渉力」については、有事になる前から準備しておくことなのかもしれません。

「段取り、交渉」ほど面倒なことはありませんから、この部分をこそ、平和な時代にはお金払って他人任せにしがちです。しかも、今は、1945(昭和20)年当時とは比べ物にならない「高度サービス社会」。どの分野にも代理店がいて、日頃の掃除にも代行業者がいる…

でも、世の中に何かがあれば、たちまち機能しなくなるのがこの部分です。

準備の一歩は「なんでも自分でやる」クセをつけることから。「段取り」は「慣れ」でもありますからね。でも、このことで、ひいばあちゃん、ピンチをチャンスに替えたようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中