悪いことばっかりじゃないということで

例えば、吉永小百合さんに橋幸夫さん、浜田光夫さんや松原智恵子さんたちがご出演の「いつでも夢を」という日活映画が公開された頃(1963年/昭和38年)。工場に勤めることはピカピカで、夜間高校で苦学する吉永さんたちに希望の光となっているのも工業生産です。

定時に出社して、残業も厭わず、言いつけ通りに機械を組み立てる。流れ作業の一端を担っているだけだから全体は見えないし、見ようとすれば「面倒臭いヤツ」だと会社に目をつけられたかもしれません。故に、一心不乱に目の前の機械を(部分的に)組み立てて、そいて、昼休みは「みんな」でバレーボールです。

バレーボールといえば「スポ根」の元祖みたいなものですが、前の東京オリンピックの時は金メダルを取った全日本女子の監督さんの「黙って俺についてこい」が流行語にもなりました。

そういうことが美徳だったのです。「黙って俺についていく『みんな』」であること。それが工業生産な経済立国を支えた美しい方便だったのです。
戦後世代の一期生にしてもそうだし「進め、1億 火の玉だ」の軍国少年・少女の世代だってそうでしょう。

疑いを持とうと思えば持てたし、実際にそういう人もいましたが、たいていは疑いを持たなかった。モノによる豊かさにつられて、その必要性を感じなかったのだろうし、実際にお金持ちになった実感もあったんでしょう。不遜な言い方になりますが、昨今の振り込め詐欺等の特殊詐欺の被害件数と被害総額からは、持ちつけないお金を持ってしまった人が、いかに、この国にたくさんいるのか。よっぽど高度成長期って儲かったんだなと思います。

大人になっても個人的な判断力には自信がなく、
でも、国策で「中流」を実感できるくらいの経済力はある。自分たちの親たちよりはワン・ランク上の暮らしを手に入れている…

国策的に創られた「過保護なボンボンとお嬢」みたいな先輩たちであり、僕たちです。

ガンダムも「組織」ですよね。故にワンピース世代になるまでは「工業生産」型なのかな。いや、学校教育がああなんですから、今もそうか。

「過保護なボンボンとお嬢」みたいにしてたら、(もうすぐ)親が破産しちゃうというわけですから、僕らも辛酸を舐めながらたくましくなっていくのでしょう。まぁ、悪いことばっかりじゃないということで…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中