ストレス負荷を軽くするために

小学校問題は案外「致命傷」になるのかもしれません。
でも、これで政権が倒れても、工業生産時代から知価(情報)生産時代へと移行しているこの国の現状には変わりなく、「公」が脆弱なら無人化(効率化)を進める民間の動きはますます加速するのだろうし、たった5年の間に1000万人が出生している団塊の世代が一斉に、そしてどんどんと高齢化していくて状況にも変わりがありません。

まるで、いつまでも20世紀を続けていきたいような時代錯誤な成長戦略を打ち出し、しかも政商に牛耳られているような現政権が倒れることは悪いことではありませんが、その政権が倒れても市井の「苦労」は「苦労」で未曾有であるということです。楽になる、ホッとできると思ってはいけません。

人工知能は統計的なデータ蓄積と引き出すスピード、組み合わせなどにはとんでもない力を発揮できても、言葉にも数値にもできないことには、さっぱりです。

たぶん、人工知能に提携のビジネス文書は書けても、相手を思い遣った手紙を書くことは、しばらくはできないでしょう。本来的な意味での「もてなし」などもそうです。

国家資格などを目指して、それを延命の拠り所とするのはあまり勧められませんが、少数でいいからファンになってくれる人が帰って来たくなるようなcafeには将来性があるかもしれません(どこかにあるおしゃれなcafeをコピーしたような店ではなく…)。

会社もいつ退職を求めて来るかわかりませんから「社内の評価」だけに安居するのは危険でしょう。
貯金にも「インフレ」の影響も加味して考えておくべきです。僕は、近く預けておくだけで手数料を取られそうな「貯金」頼りは危険で、何らか「運用」に長けるしかないんだろうと思っています。

いずれにせよ、どんな時代になろうとも、死ぬまでは生きていかなくてはなりません。
できるだけストレス負荷を軽くするために準備です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中