フツウという色眼鏡

「夜の本の虫 久米書店」(BS日テレ 金曜23:30〜)にご出演だった堀江貴文さんからの「受け売り」なんですけれど、確かにSNS等々インターネットが世界中でインフラ化すれば、当然の事ながら、あらゆる側面で「フラット化」です。年齢、性別、どこに生まれたか…そういうことの「別」は急速に溶けてなくなる。実際にモンゴルの大平原からインターネット越しにマサチューセッツ工科大学に入学を許された少年がいましたが、優秀ならば、僕が少年だった頃には考えられないほどにバリアフリーです。

いや

優秀じゃなくても「興味があれば」かな。

アフリカの電気もない村の子どもたちに実験的にパッドを渡して見たら、遊びながら英語を理解し、短時間にハッキングをする子どもまで現れたという…

あんな感じ。

とにかく「速い」。わざわざ図書館に出向いて閲覧カードをめくって資料検索をしていた時代とは、その検索スピードが違いますし、疲れ方も違う。その気があるなら、どんどんいける。逆に言えば、その気がない人はどんどん置いていかれる。秒単位で置いていかれるわけです。

そして、国も超えて、言語も超えて、剥き身のアイディアが勝負です。世界で一番最初に手を上げなければならない。
昭和初期なら、マスメディアでさえ未発達だから、今は一発屋といわれる芸人さんが全国を回って一生喰えたし、タモリさんみたいな人がいれば、全国に彼の偽物(モノマネ芸人さんじゃなく)が出没して、案外、喰っていけたんだそうです。でも今はマスメディアの塗り残しを埋めるようにSNSもあるわけで、タモリさんが一人いれば、彼が供給者となっているジャンルの、ほとんど全ての需要が満たされてしまいます。もちろん、ヨコハマで一番の唄い手だから喰っていけるなんていうのは今は昔の話です。どこで唄っていようが評価はワールドワイドでしょう。小さな離島で唄っていてもグラミー賞が取れるかもしれない可能性が出てきた一方、「5段階評価の4」みたいな唄い手の立つ瀬は急速になくなっていく…

なんとも厳しい時代です。

でもね。未開拓のジャンルもたくさんある。昔みたいにマスメディアで影響力を持つ人々の評価軸に乗らなくたっていい。コンテストで落選を繰り返していても「産直」したら成功することもある…ピコ太郎がいい証拠です。

とにかく「フツウという色眼鏡」を外して、素の自分を観察してみることでしょう。見せ方によっては、すでに「喰えそうな芸」を持っているかもしれません。

自分を信じてみましょうよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中