その原点に立ち返れば

ヨコハマ都心は、たぶん闇市からのやり直しになるでしょう。横浜駅西口あたりの再開発事業、東神奈川駅近くの湾岸開発はオリンピック・バブルには乗り遅れて、新庁舎の新築は関内地区を中心に旧・都心の空洞化を決定づけるでしょう。

そもそも1980年代頃から、横浜市役所の景観保全、アーバン・デザインなどの施策あたりから空間性は肥大化し、場所性は劣化していったヨコハマ。建物や街路の威圧感がまし、街かどの親和性や面白さは薄らいで、居心地の悪さとつまらなさばかりが増殖していく一方でした。

(港南や金沢、港北ニュータウンなどの郊外型の住宅地も同様です)

そして、市役所の財政も悪化の一途、たぶん、これから手当ての必要があっても、それを可能にする財政力がないでしょう。それに市役所には必要な人材もいません(育ててきませんでしたし、有能な人はウルサいんで各種のプレッシャーで追い出してきちゃいましたし)。

ヨコハマの都心性は東京に吸収されてしまうのだと思います。もちろん自立性も失います。
でも、街は街です。自立性が失われるとはいっても、それで立つ瀬を失くすのは自治体=横浜市の為政者であり、自治体予算を利権としてきた地域企業。むしろ、ヨコハマの面白さを奪ってきた張本人たちでしょう。むしろダメになって風通しが良くなって、また街に場所性が戻って来るのかもしれません。

ヨコハマは当時の貿易利権が生んだ「嘘」から出た誠な街です。

たった150年ほど前まで「海」だったこの街に伝統はありませんが、その分、デラシネにやさしく、多様性にやさしい街です。その点においては日本有数といっていいでしょう。

その原点に立ち返れば、またヨコハマは面白くなります。鬱々とする必要はありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中