機械で

マニュアルや文章化された規範やに照らして運営されている組織こそ、人間が主体なんだか、無機質なシステムが主体なんだか、よくわからない状態になってしまうものです。命令を下す人間がいても、その命令は「マニュアルや文章化された規範」に拠る…感情を持つ人間としては働きにくいばかりか、時代の移り変わりのスピードが速くなってくると、どうしても「昨日までの常識」で編集される「マニュアルやら文章化された規範やら」は時代遅れの判断を繰り返すようになります。

マニュアルや文章化された規範に照らして運営されている組織は、メンタルに疾患を抱える社員を多く抱えながら、時代からも取り残されていくというわけです。特に「管理」を業務にする部署や会社は、この傾向が強いでしょうね。そして、矛盾がピークに達した頃、無人化ということになるのだと思います。

マニュアルや文章化された規範に照らして運営するを徹底するなら「機械(AIやらロボット)で行う」しかないですもんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中