楽しんで時代に適応していくこと

まだ、インターネットが苦手だとか。ツイッター、インスタグラムとかの、つまりSNSが嫌いっていう人はいるんですよね。さすがに若い人にはいないんでしょうけど、「俺には必要ない」って言い張ってた団塊の世代の人もいたなぁ。
でも、ガスとか水道に、好きも嫌いもないでしょ。もうインフラ化しちゃったんだから「断固、拒否」っていうのも難しいと思うんです。確かに薪でゴハン炊いたら美味しそうですけれど、それに固執したら都会の分譲や賃貸の住宅には暮らせませんもんね。

慣れるしかない。そういう流れにあるような気がします。

「一億総管理社会」も流れでしょう。これを小さい僕らが拒否することはできない。この中でうまく立ち回っていくしかないのだと思います。

わざわざやらなくていいことまで積極的に参加する必要はないと思います。でも、しなやかに対応すべきは対応すべきなんでしょう。「不慣れ」や「面倒」を理由にすべきではないとは思います(実際、面倒ですけどね)。
同じように、やがては「無人の街」にも慣れていかなければならないのでしょう。その中で寂しさに押しつぶされそうになっても、誰かが手を差し伸べてくれるわけではないですからね(お金を出せば話はまた別なんでしょうけれど)。そのあたりはセルフ・サービスでしょう。

いずれにせよ、1961年生まれの僕にしてみれば「意外」や「違和感」に満ちた未来が待ってるのでしょう。楽曲の購入に物理的な形が失われ、映画やドラマがスマホの中に入ってしまっても、それはそれ。淡々と「時代の流れ」と思って「慣れていく」しかないのだと思います。

「必須」なら楽しむこと。文句言ってても、虚しくても、時代は勝手に次のステージに向かいますからね。

でも、デジタル・ネイティブではないからといって(デジタル・ネイティブである)若い人を恐れる必要はなさそうです。

彼らは、機材の使用法には精通しているかも知れませんが、むしろ工業生産時代の教育の最末期に属していて、彼らの多くがステレオタイプな複写機。よって、彼らのSNSを見にいっても「楽しかった」「美味しかった」と「ピースする自分の顔写真」「友だちの顔」。知価(情報)生産で食っていくには程遠い感じです(しかも、そうしたことに無自覚です)。

(この点については、彼らが置かれている、この時代の経済状況にも拠るのかもしれません。「奨学金破産」が話題になる昨今ですが、そうでなくともバイトに明け暮れ、世の中に見聞を広めるほどのゆとりは持っていないのかもしれません)

それに驚くほど世界も狭く、内向きです。クラスメイトな常識が世界の常識(だから、そこからはみ出ると酸素がない宇宙空間に放り出された感じになってしまい必死でステレオタイプを演じているのかもしれませんね)。でも、世界が狭ければ自分に磨きがかからないのも事実でしょう。

いずれにしても、知価(情報)生産に置いて、若い世代にこそザクザクとライバルがいるという状況はなさそうです。逆に、彼らこそが大した社会経験も積めないうちに、無人化と労働市場の国際化の荒波に揉まれていくのかもしれません。

どこかに「これは」と思える「完成されたプロトタイプ」が転がっている時代ではありません。そのことが自覚できていれば、それだけで(おじさんでも)有利でしょう。

あとは楽しんで時代に適応していくこと。ストレスだけは大敵ですからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中