大衆的な消費の時代

NHK総合、昨日の夕方。ニュースワイド「ニュース シブ5時」で、舞妓さんと遊ぶようなお座敷の敷居をさらに下げるために、簡易ステージの前にテーブル席を並べて、一人=6千五百円。ステージ上の舞妓さん遊びをみんなで共有みたいな展開を試みていくんだみたいな話題を京都から中継していました。

さらなる大衆化…このご時世で台所事情が苦しいんでしょうね。

でも、この「大衆化」。今に始まったことではないんです。今は昔の1980年代、大衆でも羽振りはよくて、その頃すでに「大衆化」は始まっていたんです。お店の方も、うるさい玄人のお客さんより素人転がしてた方が楽だったんでしょう。多くのお茶屋さんがその方向に流れ、格式もへったくれもなくなって、置屋さんや仕出し屋さんが看板だけ別の「お茶屋さん」を経営するなんていう事例もあったと聞きます。

そして、そのバブルが弾けて、その頃の蓄えも尽きて今があるんでしょう。

でも、一度、大衆化してしまったお店を高級店に戻すことはできません。舞妓さん、芸妓さんの実力まではなんとかできたとしても(ホントはそれも難しいんでしょうが)、料理の素材の目利き、板前さんの腕、仲居さんの技量などは簡単に元に戻すことはできないからです。

(大衆店が予算をケチっていくポイントこそ、高級店には不可欠のもの。板前さんや仲居さんの長年にわたる教育費なども同様です)

ヨコハマの中華街などでも同じことがいえるかな。カジュアルにはちょっと行けなかったお店がバブルの頃に、少しだけ緩くなって、あとはずっと飛行高度を下げて今日に至る。今は品数勝負の立派な大衆店で、それにしては高くて苦戦しています。でも、高級店だった頃のお客さんはとっくに逃げてしまって、専属の麺点師までいた厨房も今は昔、なんだか、その辺の中華屋のようなメニューのお店になってしまっています。

やっぱり「楽(らく)」に流れちゃったんでしょうね。知らず知らずのうちに。

でも、そうしたら、素人が素人のままにそれなりのお金がもらえる時代が終わろうといている。

たぶん。みんなにバカにされながら高級店を止めなかったお店だけが生き残るんでしょう。
ヨコハマにも、中華街ではありませんが、1日に1組しかお客さんを取らない、看板も上がっていない「みんなにバカにされながら高級店を止めなかったお店」があります。

たぶん、あそこは大丈夫なんでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中