単純な構図で動いているわけでは

安倍さんの系譜には、これといった「後継者」がいません。あるTV番組で、そのことを御厨貴さんが非常に不思議がっておられました。
一方、小泉さんの系譜には進次郎氏という大スター候補がいて、小池さんだって、まだ60歳代です。進次郎氏の兄上だって「参議院議員に立候補」かもしれません。

こうしたことを背景に、すでに「反原発」を旗印に、各地で「源氏の白旗」は上がっているようです。小泉さんと細川さんは、たぶん今も連動し、二階さんは細川さんと親しい(小池さんも同様です)。三反園さんは小泉さんのお父様の地元で当選。ヨコハマでも、小泉一族と近しい藤木さんが急に声をあげ始めました。現在の横浜市長は来年の市長選挙に立候補できないんじゃないかと思えるほどに追い詰められてしまいました。

この流れに、官房長官が苦手な麻生さんも乗っているようです。

それにしても…

なんで安倍さんは後継を育てなかったのかな。むしろ、育てているとしたら進次郎氏。御厨貴さんではないけれど、不思議だなぁと思います。

彼ら政治家って、どんなに立派な力量やカリスマ性を持っていても、さすがに日本という国は大きすぎて、彼らをして、一人では(あるいは周辺のスタッフだけでは)動かせない。それ故に、考えとしては相入れない「勢力」を利用せざるを得ないのかもしれません。つまり、安倍さんには安倍さんの正義はあるが、タカ派のふりをし、実際に原発推進の旗を振って(でも、最小限の稼働に留めながら)、原発関連企業や、電力独占的な状況にある東電などの疲弊を待ち、農協の解体を推し進めているのかもしれないというわけです。

(肉を切らせて骨を断つというか…)

今になってみると、ポピュリスムの権化みたいだった小泉政権は、国民の人気は取れないかもしれないが、この国の未来を明るくし、利権をブレークスルーする施策や法律をたくさん残しています。

政治は、僕が思うほど、単純な構図で動いているわけではないのかもしれません。
まだまだ勉強が必要なようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中