リスク

「自由に生きる」っていうのは面倒臭いですね。全部、自分で引き受けるのですから当然です。家族以外には、何処の馬の骨だかわからないので信用もありません。

そこへ行くと、縛られるけれど(例えば、ウィーク・ディは毎日遅刻がある出勤があるとか。勤務場所にも上司や同僚がいて気を使いっぱなしだとか)毎月、決まってお金が入るとか、その状態を長期に確保できるとか。組織や団体に勤めているという就業スタイルにはそういうメリットもあるし、試験に受かれば、ほとんどお金をかけずにオフィスや、何より「看板」という信用が手に入るわけです。

勤め人を選ぶのはスマートでもあるし、生まれた家に資産や代々受け継がれた技能があったりでもしなければ、その選択はひどく当然のことです。そして、それを手に入れるために、人々は気苦労もしている…

ただ…

その働き方が可能になるのは安定期だけ。勤め人としての仕事を待っていてもどうしようもない時代があって、だからかつてのドイツではヒトラー(ナチス)が台頭したし、アメリカ合衆国ではトランプ氏が一方の大統領候補にまでなってしまった。もちろん、理由は異なりますが、庶民が「勤め人としての仕事」にありつけなくなったことが、彼らを押し上げる原動力になっています。

グローバル化。一方で工業生産の現場が海外に流出し、一方でマニュアル・レーバーは発展途上国から来た外国人との奪い合い。そして、AIとロボット技術の発展による「無人化」…

近く「勤め人としての仕事」にありつけなくなる状況は鮮明になるでしょう。

権力闘争はあっても、リアルに「庶民のため」を目指す政治家はほとんどおらず、株主や企業はさらなる利益を目指して合理化を進めます。もちろん、お役所も庶民の味方であろうはずがありません。

こういう時代はね。就職口を探すより、カンダタの蜘蛛の糸に携ようなことであっても「自営」を目指した方がいい…
生まれた家に資産や代々受け継がれた技能がなくても、そこを目指すしかないのです。

うちのひいばあちゃんだって、秩父の山奥から、ほとんど無一文で、あの時代に女一人でヨコハマに出て来て身代を立ち上げた人。彼女は文盲でもありました。

「無難」が幻想になった時代に、その「幻想」に期待を膨らませないことです。

ここでリスクが取れれば、可能性があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中