「北の国から ’87 初恋」

1987年といえば、すでにバブルの絶頂期といってもいい頃です。フジテレビで「北の国から」のスペシャル版「’87 初恋」が放送されたのはそんな時代でした。

あくまでも消費力があるヤツが強く、全ての風は東京から吹いてくるといった時代です。農業には、今よりさらに展望がなくて、将来性がなくてエコもオーガニックも田舎暮らしのプレミアもない時代…今にしてみれば先駆的な五郎さんの暮らしぶりも当時は、ひたすらカッコ悪く、ただただ変わり者なウキっぷりだったし、東京への進学を希望した純くんの願いは(れいちゃんのことがあってもなくても)ひどく当然な「地方に暮らす若者の希望」でした。

でも、だからこそ判らんもんだと思います。先を見据えて人生を設計するのはホントに難しいもんだと思います。

今にして思えば、純くんは、あのまま富良野の高校に進学してもよかったのかもしれませんが、あの時代に「オレ、富良野に残って農業やるよ」なんて言えます?

そんな判断、できっこない。

あの時代に、五郎さんみたいな暮しをしようと思うことも「まず、ありえん」と思うくらいのことです。
でも、あれから20〜30年たってみると、五郎さんはかっこいい…
「20〜30年」は決して短くはない時間ですが、かといって江戸や明治のように遠い昔のことでもないのです。

今、僕らはどれくらい先が見えてるんですかね。今年、55歳の僕でさえ、平均寿命でいって、あと20年以上も生きていかなければならないのに…

人生のリフォームどころじゃなくて、必要なのはリノベーションな感じです。
商社マン辞めて、富良野の五郎さんみたいになる勇気…

とても簡単で、とても難しいこと。でもね。時代は僕らに決断を求めています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中