いったん諦めましょう

これとても生半なことではありません。世間体を含めて、多くの人々には「清水の舞台から飛び降りる」ようなことでしょう。
でも、ローンを抱える家があったら、その家を売ってしまうべきなのです。また、ローン残がない家でも「資産」と考えるべきではありません。家賃負担のないただの「住居」です。しかも、周囲の状況によっては「買い物難民」になったり「ゴミ収集」に難渋したりということがあるかもしれない住居です。僕らでさえ、あるエリアがどんな様相に変化するのかが読みきれない時代です。少しでもいい「現金」に替えて、賃貸に暮らした方がスマートなのかもしれません。首都圏ならば「これから大震災」の可能性も高いわけですからね。

(持ってるだけ、走らせるだけで「税金」なクルマも考えものでしょうし、つまりはクルマがなければ生活できないところに住居があるというのも如何なものかと思います)

保険も、誰かに手数料を支払って不確実な貯金をしているようなものです。入らない方がスマートでしょう。

「いい大学を目指す」みたいな考え方で補習にお金をつぎ込むのも、進学をするのも正解とは言い難い時代でしょう。それよりも、お金をかけずに、どこぞの技能職に弟子入りさせた方が、お子さんの将来も明るいのではないでしょうか。

そうやって身軽になっておけば、どう転ぶか判らない世の中に選択肢の幅を広げて置くことができるわけです。

逆に、会社員としての収入を中心に、長期ローンを返済中の住居に暮らし、お子さんの学費負担もシンドくて、故に複数の保険に入っているというライフデザインでは、これからの時代に身重に過ぎるように思います。

節約も「パートに出る」も効かない時代に、まず、誰にでも可能な「準備」は「思いきった断捨離」です。
ホントは形振りなどかまっていられない状況です。

世間体も自分の夢もいったんは諦めましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中