匿名性の強い集団指導体制

横浜市の東戸塚にある「フォートンヒルズ」は約6.2ヘクタールに総戸数888戸という、かなり大型の集合住宅開発です。
既存の森との共生をテーマに民間のデベロッパーである藤和不動産さんが開発されましたが、建築や空間、ランドスケープなどのハードだけでなく、居住者が入居した後のライフデザインやコミュニティ・デザインにも真剣に留意したレアな物件で「藤和不動産50年の歴史を見ても、また、不動産業界全体を見回しても、従来の『マンション販売宣伝戦略』の常識を完全に打ち破る、まさに画期的な試みであった」(小田豊二:2007年)と評されるもの。そして築年数5年のときの調査でも最初の販売価格より10%ほどは高く売れていたという、そういう意味でもレアな物件になっています。

一方、JRの戸塚駅周辺の再開発…

1997年事業計画決定した横浜市戸塚駅西口再開発の総事業費は約1313億円。そのうち約853億を補助金などでまかない、残りの約460億円を保留床でねん出するという計画。もちろん横浜市役所は「責任を持ってキーテナントを連れてくる」と約束していましたが、打診した16社の内、14社から断られ、賃貸なら入ってもいいという2社も、大きく採算割れする安い家賃が、その条件でした。、横浜市役所は、すでに先行買収で約200億円つぎ込んでいましたが、出した結論は「期限を示さずに事業スケジュールを延期する」というもの。それなら永遠に「失敗だった」という結論は出ませんから、責任者が明確になるということもないというわけです。

(まぁ、「豊洲」な感じですね)

この結果の違い…僕は単純に「民間と行政」の違いというより、匿名性の強い集団指導体制の判断と、少数の意見が通る状態にあった民間事業の違いだと思っています。

それ故に、民間の事業でも集団指導体制が濃くなって、背景に匿名性の強い集団指導体制の色彩が強くなると事業は失敗に向かい、そして止めたほうがいいのに「止められない」という状態になるのでしょう。お役所はほぼ例外なく「匿名性の強い集団指導体制」ですが、小さくとも行政予算利権に安居している地域企業などでは「匿名性の強い集団指導体制」の色彩を強くします。

現在、横浜市役所の本庁舎に入りきらなくなった各部署、かなりの部分は関内地区の民間ビルの中に分宿しています。でも横浜市役所は近くデカい新庁舎をつくり、各部署を全部、格納してしまいます。で、そのあとの空きビル量産にさしたる対策は打ち出せぬままにいますから、市民は、此の期に及んで、お役人のための就労環境を整えるために大枚をはたいて、関内などの旧都心をさらに空洞化させるという…まぁ、切ない感じです。

さらに

2020年までの5年間で東京23区だけで51件の高層ビルが完成。オフィスの面積は285万平方メートル(東京ドーム61個分)も増える見通しなんだから、横浜駅西口の再開発はとんでもないことになるし、東神奈川地先の高層住宅開発も同様でしょう。そして、相鉄さんの渋谷への延伸工事も大幅に遅れる…日吉・綱島あたりの再開発もとんでもないことになるでしょう。
それなのに瀬谷の米軍施設が広大に帰ってくるとなると、地元では花博みたいなイベントやるんだとか言ってるし、例のカジノの話しも、大富豪のライフスタイルなど想像もつかない地元の商店街の受け受け入れ策は、ぜんぜんピントがずれている…

ああ、質的も量的もヨコハマはダメだなと思いますが、利権な感じの横浜村は、お役所も民間企業も、出せば起きな声が出そうなところは「匿名性の強い集団指導体制」。推して知るべしです。

また「焼け跡」からの再出発でしょう。
ただ、悲しことに、そういうヨコハマになれば、ヨコハマらしく面白くなる…

「モロッコの辰」「ナポレオン党」

こうなったら、次の時代の始まりを楽しみましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中