クリエイティブ・クラス

「クリエイティブ・クラス」とは、トロント大学(カナダ)の経済学者であり、社会学者であるリチャード・フロリダさんが提唱するニューウエイヴな労働者階級のこと。あくまでも労働者階級の中に位置して、脱工業化した都市における経済成長の鍵となる推進力になると考えられています。

ひとつには、古典的な知識労働者。金融とか、法律、教育の分野で勉強してきて得た知識を駆使するオールド・タイプ。それに研究者やプログラマー、アート、デザイン、メディアでクリエイティブな仕事をする、こちらは創造型の人。これに、さらにボヘミアンな自由人たちも加わって、リチャード・フロリダさんは、このあたりを「クリエイティブ・クラス」と呼んでいます。

つまり知価(情報)生産に従事する人たちですね。
実際に「製品」をつくる工場が海外に流出した後、先進国内で活躍できる人は「アイディアをひねり出す人」とそれをサポートする知識人だというわけです。マニュアル・レーバーがAIやロボットの仕事になれば、管理職もいらなくなりますからね。

(いいアイディアは多数決な会議から出てくるものではなく、とても個人的な仕事です)

このクリエイティブ・クラスによる知価(情報)生産に不可欠なものが「出会い」です。異なった考え方やライフスタイルを持つクリエイティブ・クラスの人どうしが出会って話して化学変化を起こして、その出会いがなければありえなかった「新しいアイディア」を生み出すこと…

こうしたことが可能になる場所こそが経済的にも隆盛になる。
そういうことをリチャード・フロリダさんは「クリエイティブ都市論」などと言っていますが

僕は、必ずしも都市じゃなくなって、多様なクリエイティブ・クラスの人々に居心地を提供でき「出会い」をメイキングできる人がいる場所ならば、そこが「村」だって「クリエイティブ都市」はできるんだと思います。

それゆえ、景観、ライフスタイルに画一を強いるようなところは、大都市でも衰退していくんでしょう。

僕らがより高い給料を望み、より安く、いい商品を求めれば工業生産は海外に流出し、より安くよりコンビニエンスで良質なサービスを求めれば国内にいても労働市場は国際化する。

誰の陰謀でもなく、この時代の変化を牽引してきたのは僕らです。

もうすぐ「様変わり」します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中