一方で胎動も始まっている

東急東横線の白楽駅西口を出ると、正面を横切る綱島街道(旧道)があって、ほぼ正面に、僕が高校生の頃は「白鳥座」という映画館だったところが、今はドトールと銀行になっています。
この綱島街道を西口を背に左手には六角橋商店街であり、神奈川大学の方向です。
六角橋商店街は、やはり「闇市」の血脈を受け継いで「吉祥寺のハモニカ横丁」的な色彩を持つ商店街です。往時の勢いはありませんが、空き店には若い人たちが起業していく…そして、みなさんが個性的で、家系のラーメンのように良くも悪くも「濃い感じ」。淡麗ではないが、たぶん常連になったら、たまらん「あたたかさ」を持ったお店が多いんじゃないでしょうか。都会にあっては、どこか土の香りを含んだ親しみやすさもあります。
一方、西口を背に右手に綱島街道を妙蓮寺方向に行くと「洗練」の方向にマス(大量生産・大量消費)を離れたお店が多くなっていきます。もちろん「街づくり協定」なんぞできっちり分けたわけじゃありませんから、六角橋商店街にも「洗練」の方向を目指していらっしゃるお店もありますが、妙蓮寺に向かって土臭さとファンキーさは希釈されて、いい頃の南青山あたりにあった雰囲気を醸し出しているお店が多くなります。僕は珈琲を焙煎するいい香りに誘われながら、Tweed Booksさんによって数冊購入、しばらく会話を楽しませていただいて、若い方が始められたcafeで珈琲を飲んだり飲まなかったり…

そして、妙蓮寺駅近くには、昔ながらの白い食パンが美味しいパン屋さんと、バゲットをはじめとしてハードものが抜群のパン屋さんがあり、本格の蕎麦屋さん、ありがたいことに「街の本屋さん」もあります。
妙蓮寺駅近くには古民家cafe的なお店も複数あるようです。もちろん、郊外なニュータウンな街にもこういう感じはあるんでしょうが、整備された四角いデカい街区とは異なり、ここは等身大、ソリッドとは無縁です。

さて、このたったの「一駅散歩」にも、街は個性を滲ませます。白楽駅西口を背に右に行くか、左に行くかで大違い…もちろん、大倉山駅周辺にも、反町駅周辺にも個性はあり、また、その個性も狭い範囲で猫の目のように変わるものです。

街の魅力、その原点はそこにあります。特に大都市はそうです。

これを「東横線沿線」とひとくくりに考えてしまうことの「もったいなさ」…でも、今だって、そのことに強い疑いを持っている人は少ないでしょう。

少数の若者たちが頑張っているうちに、見直しの機運が持ち上がればなぁと思います。

みなさんも、たまに…でいい。実際に脚を運んで「これは」と思うお店を応援してあげてください。そうすれば、案外、あなたが欲しかった「贅沢な時間」が見つかるかもしれません。

なぜって…僕らはもう、あらかじめ、そういう街を求めて始めている…そう思うからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中