つながっているということ

まさか、トモダチが自分のベットサイドまで追ってくる時代になろうとは誰も予測できなかたんだと思います。仕事メールもそうですが。トモダチやご近所がLINEを通じていつでもあなたに「付き合い」を求めてくる。それが、ある種のプレッシャーになるから「既読スルー」という言葉があるのでしょう。

僕の場合、脳出血の後遺症で実際に「電話」が苦手になり、すべての連絡手段をeメールに限らせてもらいました。つまり「電話」がならなくなったのです。それから6年。僕はずいぶんと静かな時間を過ごせるようになりました。eメールは深夜にも入りますが即応しなくていい分、ずいぶんと気が楽です。やはり後遺症を理由に(即応できない)LINEも辞してきましたから、そういう意味でも僕は解放されています。

僕らの業界だと、僕だけでなく健常の方でも「eメールのみ」という方はいらっしゃいます。そうした先行事例があったからこそ、僕の「eメールのみ」も可能になったともいえます。やはり、特殊な業界です。

ただ…

ネイティブな世代の方だって気が休まらないのは同じでしょう。こちらは機械ではありませんから疲弊します。
そのうち、スマホを持たず、LINEに参加していないことがステイタスになるのだろうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中