「戦場」がなくなる/全てが「戦場」になる

わが国でも、全く備えがなかったわけではりませんでした。

1937(昭和12)年には防空法を定めて、空襲に備えた消防・避難訓練・救護訓練など各地での防空演習を本格化させます。この2年後には空襲時に警察の指揮下に民間人を動員する警防団が結成され、さらには延焼を防ぐとして、民間の建物をあらかじめ破壊しておく建物疎開も行われます(「建物疎開」とは、この国の政府らしい巧みなイメージのすり替えです)。アメリカ合衆国との戦争状態に入る前のことです。

でも、ここで想定されていた「空襲」にナパーム弾(焼夷弾)での攻撃はありませんでした。米軍が、細密に日本の木造家屋が密集する地域を実寸大の模型に再現し、実験を繰り返しながら綿密な攻撃計画を立て攻撃に及ぶという想定もありませんでした。もちろん、解っていた人は解っていたんだと思います。でも、市井の人々だけでなく、役人や軍人の大半も、焼夷弾などというものに予備知識もなく、無邪気にバケツ・リレーをし、平時の火災を念頭に消火訓練を行っていました。

これから先、この国が戦争に巻き込まれるとして、僕は、同じように政府の施策は後手に回るのだと思っています。なぜなら、あの頃と政府や自治体の体質が変わっていないと思うからです。

第一次世界大戦、戦車・飛行機・毒ガスといった新兵器が開発されました。そして第二次世界大戦は無差別爆撃です。「戦場」といわゆる「銃後」との境界がなくなり、天津で、ドレスデンで、東京で、兵士ではない人々が殺戮されるようになりました。

恐らく、次の大戦では「無人攻撃機」による市街攻撃が主流になり、兵士と兵士だけがぶつかり合う「戦場」がなくなるのだろうと思います。攻撃側も迎撃側も、兵士たちは戦闘が行われている市街からは遠いところにいてTVゲームを行うように闘っている。実際に逃げ惑うのは市井の市民だけ。市井の市民の肉体がバラバラに吹き飛ばされる…

もし、第三次世界大戦、なんていうことになったら、そういう戦争像になるのかと懸念しています。

「核」には汚染がつきもの。戦勝国の戦後利用にも不安を残します。国際世論の標的にもされやすい。よって「核」は使いにくいんだと思います。だから70年前の広島や長崎が表立った核攻撃の最後になっているのでしょう。先進国による毒ガス攻撃がないのも同様なのだと思います。

でも、無差別な空爆は続いている。その延長線上に「無人攻撃機による市街攻撃」があるように思うのです。

ベトナム戦争がそうであり、湾岸戦争がそうであったように、国内世論にとって多くの戦死者が出ることは為政者にとって厄介事なのでしょう。故に「戦死者が出ない攻撃」は彼らにとっての理想なのだと思います。

彼らは科学の進歩を謳いながら、画面の向こうに無辜の市民を惨殺する。戦争を無くせない僕らが覚悟しておかなければならない近未来だと思います。もう技術的には不可能なことではありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中