僕の投票行動

横浜駅西口ロータリーで、候補者不在の街宣車が、エンドレスで候補者の公約を訴えていました。

曰く「日本近海の鉱物資源の開発から日本を資源大国へ」とか。「輸出に転じて農業を成長産業へ」とか。
でも、論拠はないんです。専門的な見地から実現の可能性を精査したわけでもないし、そういった専門性が持てるような学歴、職歴はありません。考えてみれば、本格的な専門性を持っている人なら「資源開発」と「農業」の両方に大上段に振りかぶったような公約を掲げらることもないでしょう。

街角の居酒屋政談とさしてかわらぬレベルの見識で、あの官僚たちと、どう渡り合って行くのでしょう。
いささか…というか、甚だ、疑問です。

だから、個別の候補者についても関心はなく、党派についても同様です。

関心については「流れ」についてです。このまま「安倍さんの方向」に流さないために、最も有効な投票活動とは…思い出してはそんなことを考えています。

支持している候補者や政党、ふさわしいと思う候補者や政党に投票するのではなく、少しでも「流れ」を変え、安倍さんたちに冷や汗をかかせるために、投票用紙に候補者名を書き、党名を書く…

僕の投票行動はそんな感じです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中