「準備」は必要

安部さんの「新しい判断」
すでにSNSでも話題になっているように、あの頃「玉砕戦」を含む「撤退」を「転戦」と言い換えて大本営発表していたのと同質の言葉だと思います。今は経済戦で敗戦に向かっているのでしょう。
ガダルカナル島撤退戦は昭和18(1943)年の2月。敗戦の2年と少し前です。翌昭和19(1944)年の末には日本本土への空襲も激しくなり、この国の都市という都市は焦土と化していきます。

しかも、うちのひいばあちゃんによれば、敗戦後のハイパー・インフレの方がきつかったということでした。

オリンピック後なのか。それともオリンピックまで保たなくてパンクするのか。

再開発の失敗と空洞化。やっぱり都市は焦土と化してハイパー・インフレという感じなんでしょう。梅雨のカビ対策なんてのんびりしたことを言っていられない「準備」が必要なことがありそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中