手で細工できる技

文化を徹底して、カラダで身につけること。それが逃げるひとつの道である。
とはいっても軍事教練なものではありません。むしろ、明治時代以降に形づくられたきちんとした「日本」というイメージは、むしろ、日本らしくないものです。

職人の親方はガンコかもしれないけれど、寺内貫太郎さんみたいに優しい人…
「カラダで身につける」とは「座学で勉強して記憶している情報量を増やす」だけで終わるな、ちゃんと「手で細工できる技を持て」という意味でしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中