地下水脈

「手に職」とはいっても質が問われる時代です。その「質」に着目すると、僕らの身体の中に流れている「日本文化」が糧になるというわけです。僕はときどき外国からのお客さんのガイドを務めさせてもらったりしますが、これも日本文化の魅力あってのものだねです。

特に欧米が戦争だらけだった時代から平和だった日本では、特に、市井の文化、つまりロウ・カルチャー&サブ・カルチャーの重厚さは他の追従を許さない感じです。
豊富秀吉の朝鮮出兵以来、明治になるまで外国と戦争をすることもなく、島原の乱から戊辰戦争まで大きな内戦もなかったこの国のロウ・カルチャー&サブ・カルチャーは、世界に冠たる魅力を持つもの。そして「KAWAII」に脈々と受け継がれているものです。庶民たちの文化なわけですから、市井に生きる僕らにこそ(知らず識らずのうちに)受け継がれている…

地下水脈を当ててみようというわけです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中