はじめの一歩

まず、お金というかお金儲けの仕組みと構造を俯瞰できるようになることでしょう。

もちろん専門家じゃないわけですからだいたいでいいんだと思います。

例えば、地下街などがリニューアルされて、新しいテナントさんが入ったら、そのお店で販売されている商品が魅力的かどうか、そのお店で食べさせてくれる料理が上手そうかということの前に、地代やロイヤリティがどのくらい含まれているかを考えるわけです。ヘタをすると販売価格の4割以上だったり…。その上で、そのショップなりを運営する会社の(調理や商品開発などとは無縁の)事務的な人件費なども乗っかっていて、それで販売価格が設定されているわけです。個人店舗のおじさんがやってる中華屋さんには、ロイヤリティも事務的人件費もありませんし、不動産の部分は減価償却が終わって実質0円ということもあります。

丸の内で食事をするなら新橋の木造店舗で食事をした方がいいし、とにかく再開発なビルが立ち並ぶ地域を避け、できるだけ古めかしい低層な建物が並んでいる地域で食べた方がいいし、同じ自由が丘でも新しいコンプレックス(複合ビル)で食事をするより自由が丘デパートの2階で食事をした方が安くて美味しいというわけです。

こんな具合に、販売価格を鵜呑みにせず、ちょっと考えてみるわけです。
そういう考え方が身につけば、それが入り口になります。

ただ「高いなぁー」ではなく、その値段の構造を考えてみる。そういう発想法を持つことがはじめの一歩になります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中