角川映画

若い世代の方は、あの頃の「角川映画」の勢い…たぶん想像がつかないと思います。
「セーラー服と機関銃」と薬師丸ひろ子さん。「蒲田行進曲」と風間杜夫さん、平田満さん…1982年の大衆文化は「角川映画」以外の部分は全部、空白だったといっても過言ではないくらい。

とにかく物量でした。テレビCMをバンバン流し、雑誌にパブリシティを展開し、原作本を本屋さんの店頭に平積みにしてメディア・ミックス。1977年には映画「人間の証明」で、ジョー山中さん歌唱のテーマ曲をオリコン第2位の大ヒット曲に押し上げていました。「読んでから見るか、見てから読むか」も、この「人間の証明」という映画の広告惹句です。

「角川映画」というと「専門家には酷評されたが興行収益では大ヒット」のイメージがありますが、中川右介さんの著作「角川映画 1976−1986」を読むと、「角川映画とともに著名になられた映画プロデューサー(映画監督)角川春樹さんにしてみれば、あらかじめB級映画としての成功を目指しておられたようです。
確かに大衆は専門家ではありませんから、映画の専門的、芸術的な評価には無知です。それ故、当代の興行成績としての大ヒット作は、ある意味、陳腐で当然です。まれに実験的で難解そうな映画が興行収入でも成功を収めていることがありますが、そういう作品には、たいてい「レアな濡れ場」があり、そういう意味では篠山紀信さんが、宮沢りえさんを撮影した写真集「Santa Fe」(1991年)と似たようなもので、やはり大衆に評価される映画は「陳腐」がスタンダード。角川映画も、今、観ると「あらあら」という作品が多い…でも、それは当時の大衆=僕らが幼かったということなのでしょう。

でも、薬師丸ひろ子さんや松田優作さん、渡辺謙さんなどを世に送り出し、横溝正史氏、赤川次郎氏、片岡義男氏などをメジャーにし、助監督経験のない森田芳光監督や、イラストレーターの和田誠さんに映画監督の道を開き、ユーミンを今日あるユーミンというステイタスをつくったのも「角川映画」です。

僕は「麻雀放浪記」(1984年)、「彼のオートバイ、彼女の島」(1986年)、「幕末純情伝」(1991年)などが好きです。

建前の作品性などを持ち出さず、B級に徹する。それだけでなく、自らは撮影所を持たず、ヘッドクォーターに徹するなど、まるでアップルのような制作スタイルも先駆的でした。

「角川映画」は、現在は機材の軽便かやデジタル化で可能になった「小ユニットで作品性のみを狙う」ができなかった時代の「面白い」を創る方便だったのかもしれません。少なくとも「村」化しつつあった映画界に風穴は開けたかな。もしかしたら、なしくずし的に徒弟制のような映画づくりをブレイクしてしまったのかもしれません。

僕は「功罪相半ば」というより「功」の方に業績があったかなと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中