「場所」をつくりましょう

たいてい、自治体などの行政がコミュニティ・メイキングを試みると、まずは「誰でも」を目指し「最大公約数」的な「集まり」をつくろうとします。税金を資金源にしているのですから当然です。でも「最大公約数」的なコミュニティは、もとより「公約数」なわけですから、誰にとっても「帯に短し、襷に長し」であるということでもあります。居心地が悪いわけです。もしも、そこが「お金を稼ぐ」ための集まりだったら、多少のことは我慢するでしょう。でも、就業時間外のためにあるコミュニティは「居心地」が第一のテーマです。その「居心地」を糧に「お金を稼ぐためのストレス」に耐えていく、そのための「集まり」だともいえるからです。

つまり、仕事の合間に「ほっとする」ための集まりは行政にはつくれないということです。そのための空間をつくろうとしても、「集まり」づくりのきっかけになるようにとイベントを仕掛けても、その資金源が「税金」である限り「ほっとする」ための集まりはできません。
かつては、その役割を駅前スナックや喫茶店みたいな場所が果たしていたんだと思います。それぞのマスターやママさんには個性があるから、当然、お客さんは選んだんでしょうが、それでも、どこかには居心地のいい
でも、それがスタバやドトールに置き換わってしまった…スタバやドトールは、できるだけ集約的にお金を稼ごうとしている経営者が無人で存在するだけですから「場所づくり」のための膨大な人件費を負担することができません。スタッフさんも給与に反映されないことに時間を費やすことはできないでしょう。

そして「ほっとできる場所」はファスト風土に呑まれていきました。たぶん、今の若い世代の方はスナックや喫茶店に濃密な人間関係があったこと自体を知らないでしょう。店によっては、ほんとうに「わが家」のようだったのです。

さて「もう一度」と思います。僕は僕という「変わり者」なりに「場所」をつくりましょう。きっと「変わり者」は僕一人ではないだろうし、事実、これまでも完全に「一人ぽっち」になったことはありません。奥さんとも25年以上、一緒にいます。

地縁や職縁がなく、大都会に漂流する「おひとりさま」か「おふたりさま」,たぶん、子どもがいない僕らに僕らがメイキングできる場所はそういう感じがベストかなと思います。
経営のこともありますから数年はかかりますが「オリンピック後の騒乱」までには間に合わせたいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中