孤独の居心地

最近、都市、特に大都市は「孤独」がスタンダードなのかなと思っています。

農村や漁村などと違って、基幹産業がコロコロ変わり、没落する人がたくさんいて土着民が育たず、「よそ者」の流入はいつも激しい…
江戸時代の江戸は現在のアメリカ合衆国より離婚率も高く、それ以前に未婚率も高かったといわれています。所帯を持つ人々の方がむしろマイノリティでした。
僕らの時代はいっとき「ベッドタウン」という住宅地が発達させるわけですが「基幹産業がコロコロ変わり、よそ者の流入は激しい」という都市のスタンダードが変わったわけではありません。新興の住宅地に代目を重ねる家が現れる前に、この街は空き家だらけになっていきそうです。

そうした状況を踏まえた上で「孤独」の居場所をつくる。この国の近未来を思えば、子育て支援と同じくらいに重要なことだと思っています。

すでに東京の場末では、毎日、おじいちゃんやおばあちゃんたちが集まる喫茶店や駅前スナックみたいなものが珍しくなくなてきました。そうした場所に集まるおじいちゃんやおばあちゃんたちは、たいていが地元に足場を持たぬ東京初代の地方出身者のみなさんです。

ヨコハマだって、居住民の大半が初代か長くて二代目。「地元」などないも同然です。

コミュニティという「人の集まり=アソシエーション」を注視するのではなく、「一人ひとりにとって居心地のいい場所」づくりを目指すこと。
考えてみれば、カウンターのあるお店って、そんな場所だったかもしません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中